赤ロムと白ロムって何?ネットワーク利用制限とは?中古のiPhoneやAndroidを購入する時の注意点を解説!

使い方
使い方

中古スマホの魅力は何といっても「低価格」です。新品で買うよりもお得で買えるため、中古iPhoneや中古Androidを検討されている方も多いのではないでしょうか。

ですが、格安だったとしても、そのスマホがちゃんと使えるのかどうかが一番不安な点ではないでしょうか?実際に外見からは全くわからないものの、フリマや中古ショップでは一部ちゃんと使えないiPhoneやAndroidが一定数出回ってしまっています。

中古のスマートフォンを買う際に失敗しないように、まず確認しておくべき「白ロム」「赤ロム」についてこの記事ではご説明します。

白ロムと赤ロム

「白ロム」、「赤ロム」がこの記事のキーワードになります。

特に注意が必要なのは後者です。

白ロムとは?

白ロムは大手キャリア(docomo、ソフトバンク、auなど)が販売したsimカードが挿入されていないスマートフォンのことです。

・Simロックがかかっている場合は、ロック対象のキャリアのsimカードを挿せば使える

・Simロックがかかっていない場合は、simカードを挿せば使える

状態のスマートフォンが白ロムと呼ばれます。

赤ロムとは?

理由は後述しますが、キャリアによってネットワークの利用が制限されてしまっており、基本的に電話もインターネットもキャリアの回線を使って行うことができないのが赤ロムです。

赤ロムのスマートフォンにはちゃんと契約しているSIMカードを挿してもモバイル通信することはできません。

赤ロムのスマホはどうやって生まれるのか?

そもそも「使えないスマホ」がなぜ存在するのか?

中古スマホを初めて購入する方には全くなじみのない話だと思います。

基本的には通信会社であるキャリアが「このスマホは利用制限をかけるべき!」と判断し、そのスマホに付けられたユニークな識別番号(IMEI番号)を元に遠隔で自社のモバイル通信を使えなくするものです。

中古スマホの取扱い店では「ネットワーク利用制限」という表記で記載がされており、「ネットワーク利用制限×」=「赤ロム」ということになります。

このネットワーク利用制限が掛けられる判断軸は2つあります。

分割代金の未払いによって端末の利用制限がされてしまった場合

中古スマホは前の持ち主が使っていたものを売ったものです。キャリアで新品のスマホを購入する際に分割払いで月々支払う形で購入したことはありませんか?実は端末の分割支払い中でも中古として販売出来るのです。

そして

・端末の分割代金が残っている状態で自分のスマホを売り、

・その後残っていた分割代金をどこかのタイミングで前のユーザーが支払わなくなる

と、赤ロムになってしまいます。

キャリア視点では、中古スマホとして販売されていることはわからないですし、新しい持ち主である今のあなたがスマホを使っていることも知りません。

たとえ知っていたとしても、キャリア側からしたら、「支払われていないものは支払われていない」ので、遠隔でそのスマホが通信できない状態にしてしまうのです。

これが1つ目のパターンです。

「盗難」や「紛失」の届がキャリアに届けられた場合

2つ目のパターンはスマホの持ち主がキャリアに「盗難」もしくは「紛失」の届を出した場合です。

盗難や紛失をされた場合は不正利用の可能性を最小化するために赤ロムへとキャリアが制限をかけてくれます。

ただ、そういうスマホがなぜ市場に出回るのか?というと、

・盗んだ人がそのスマホを売りに出す

・紛失状態だったスマホを拾った人がスマホを売りに出す

・キャリアが提供している「紛失や盗難の場合に代替機を保証するサービス」を悪用して嘘をつき、転売目的でキャリアに届を出した人がスマホを売りに出す

という3つのパターンが主だと思います。

どれもあってはならないことですが、実際に市場にスマホが出回っていることを考えると、本当に起こっていることです。

※一部悪意なく「なくしたと思ったスマホが出てきたから売った」という場合もあるとは思います。

赤ロム端末の使い道

じゃあ赤ロムには一切使い道がないのか?と言われると実はそんなことはありません。

キャリアのネットワークを使ってインターネットや電話はできませんが、Wifi環境であれば普通に使うことができます。ちょっと重いiPod Touchのような使い方は問題なくできるので、あえて赤ロムを販売しているお店や、あえて安い赤ロムを購入する方もいるようです。

ですが、iPhoneを探している人にとって必要なのは携帯電話機としての端末だと思うので、購入検討対象外ですよね。

また、法的には赤ロムの買取や販売はグレーゾーンなようなので、正直手を出すことはあまりおすすめしません。

※sim解除されている場合は赤ロム化されたキャリア以外であれば携帯電話機として使うことはできます。ソフトバンクで赤ロム判定されているなら、docomoやauのsimを挿入すればキャリア回線を使うことが可能です。

赤ロムを手にしてしまった時

赤ロムを手にしてしまった時には、購入先に問い合わせを行いましょう。

「白ロム保証」みたいなサービスをしているお店であれば対応してくれると思いますが、そうでない場合や、リスク含めての低価格での販売などであった場合は、店舗側が対応してくれない可能性はあります。

また、「盗難品」である可能性も捨てきれないため、個人間売買のオークションサイトや買取に出すようなことは辞めておきましょう!

トラブルに巻き込まれる可能性があります。

赤ロムを避けて白ロムのスマホを購入するためには?

「絶対赤ロムは嫌だ!」とここまで読まれて思っているのではないでしょうか。

赤ロムのリスクを最小化する方法を紹介いたします。

個人間の売買(オークション、フリマなど)は避けるべき

今ではインターネットを介した個人間の売買は一般的になっており、非常に便利な反面、「どこの誰が売っているかわからないもの」であることは間違いないです。

なので、仮に赤ロムを買ってしまったとしても相手が対応してくれる保証は店舗購入よりも遥かに低いです。

iPhoneの知識がない人なんてたくさんいますので、場合によっては「赤ロムとは?」から説明しないといけない可能性があります。

安く買えるとは思いますが、それでもリスクをふまえると個人間での売買は「よっぽど信頼していて、そのiPhoneの出所がわかる人」からの購入以外はおすすめしないです。

「白ロム保証」がある店舗からの購入

中古スマホ市場では「赤ロム問題」は一般的な問題として認知されているので、それに対応する補償サービスを行っている店舗は少なくないです。

また「ネットワーク利用制限▲」と記載されている端末は、前の持ち主が分割支払い中の端末です。基本的には前の持ち主がちゃんと支払い続けてくる場合がほとんどですが、前の持ち主が途中で支払いを止めてしまうこともあるため、"買って3カ月間は普通に使えたのに、4カ月目から使えなくなってしまった..."という形で、白ロムだったスマホが急に赤ロムになってしまうようなことも発生します。

そういう場合も、「永久的に白ロムであることを保証する」サービスを実施している店舗であれば安心ですよね。

信頼できるブランドネームの店舗、かつ、保証サービスを実施している店舗から購入することでリスクは最小化することが可能です。中古のスマートフォンは信頼出来るお店から購入しましょう!

安心して中古スマホを購入したい時は「にこスマ」!

にこスマでは赤ロム永久保証で万が一赤ロムになってしまっても端末交換をしてくれるのはもちろん、もし端末に不具合等、問題があった場合は30日以内であれば無料で返品可能なので、安心してお得な中古iPhoneを購入することができます。

また運営会社は伊藤忠商事100%子会社の企業でデータ消去や端末検査もしっかり、サポート体制も電話やメール、チャットと好きな方法で問合せをすることができます。

ぜひ「にこスマ」でお気に入りの端末を探してみてください!

▼にこスマの公式TOPを見る

にこスマで中古iPhoneやAndroidを探す・購入する

タイトルとURLをコピーしました