SIMフリーとSIMロック解除の違いを解説!

スマホ
スマホ

大手通信キャリアで販売されているスマートフォンには「SIMロック」がかかっています。他社で利用するためには、原則として「SIMロック解除」が必要です。

この記事では

  • SIMロックとは
  • SIMロック解除・SIMフリーとは
  • SIMロック解除の方法

など、SIMロック解除に必要な知識をまとめて解説していきます。

SIMロック解除の注意点も紹介しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

そもそも「SIM」って何?

そもそも「SIM(シム)」とは、どんな意味なのでしょうか?

「SIM」とは、「SIMカード(Subscriber Identity Module Card)」のこと。SIMカードには契約者を識別するための番号が記録されていて、スマホにSIMカードを挿入することで、電話やモバイルデータ通信が使えるようになります。

SIMカードには、さまざまなサイズがありますが、現在では「nanoSIM」という、超小型タイプが主流です。また近年では、あらかじめ本体に内蔵されていて抜き差し不要の「eSIM」に対応している機種も登場し始めています。
たとえば、AppleのiPhoneシリーズ(iPhone XR/XS以降の機種)は、nanoSIMとeSIMの両方に対応した「デュアルSIM」仕様です。

SIMロックとは

大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)や、そのサブブランド(UQモバイル・Y!モバイル)から販売されているスマートフォンには、「SIMロック」がかかっています。

「SIMロック」とは、自社以外のサービスを利用できないように、機能を制限する仕組みです。

たとえば、ドコモで購入した端末は、基本的にはドコモ以外のSIMカードを挿入しても電話やモバイルデータ通信を利用することができません。

どうしてSIMロックが必要なの?

SIMロックが登場した理由は、携帯業界のビジネスモデルにあります。

かつては、端末を格安(あるいは無料)で提供する代わりに、毎月の利用料金から利益を得る構造が一般的でした。端末を格安で入手した利用者が他社に移行してしまうと、通信会社は赤字になってしまいます。

自社を継続利用してもうための仕組みがSIMロックというわけですね。

SIMロック解除・SIMフリーとは

SIMロックを解除して、他社のサービスを利用できるようにすることを「SIMロック解除」といいます。

SIMロック解除は、2015年5月、総務省が発表したガイドラインによって義務化されました。そのため、2015年5月以降に発売された端末は原則としてSIMロック解除することが可能です。

SIMロック解除された端末や、はじめからSIMロックがかかっていない端末のことを「SIMフリー」端末とよびます。

SIMロック解除の方法

SIMロックがかかっている端末も、一定条件を満たせば、オンライン上から無料でSIMロック解除することが可能です。

具体的な条件や手続き方法は、各社の公式ページをご覧ください。

通信会社公式ページ
ドコモhttps://www.nttdocomo.co.jp/support/unlock_simcard/
auhttps://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/
UQモバイルhttps://www.uqwimax.jp/mobile/support/procedure/simcard/unlock/
ソフトバンクhttps://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/
Y!モバイルhttps://www.ymobile.jp/support/process/unlock_procedure/
SIMロック解除の条件は、緩和されてきています。2017年ごろより、中古で購入した端末もSIMロック解除できるようになり、2020年には、購入時にSIMロック解除することも可能になりました。

SIMロック解除のメリット・デメリット

SIMロック解除のメリットは、通信会社や料金プランを柔軟に選べるようになることです。

一度SIMロックを解除すると、再度ロックされた状態に戻すことはできませんが、とくにデメリットはありません。

ただし、SIMロック解除にあたっていくつか注意点があります。

  • SIMロック解除は必須ではない
  • SIMロック解除しても使えない場合がある

それぞれ詳しく見てみましょう。

SIMロック解除は必須ではない

大手通信キャリアやそのサブブランドから格安SIMに乗り換える場合、基本的にはSIMロック解除が必要ですが、SIMロックがかかったままでも利用できることがあります。

格安SIMは、大手通信キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。そのため、たとえば"ドコモ"から"ドコモの回線を借りている格安SIM"に乗り換える場合は、SIMロック解除は不要です。

格安SIMによっては、「ドコモ回線」や「au回線」など、任意の回線を選ぶことができます。

SIMロック解除しても使えない場合がある

SIMロックを解除しても、端末と通信会社の組み合わせによっては利用できない場合があります。通信会社によって、電波の周波数帯やサービス内容が異なるからです。

たとえば、2020年4月に大手通信キャリアの仲間入りを果たした「楽天モバイル」でiPhoneを利用する場合、2018年に発売されたiPhoneXR/XSシリーズ以降の機種のみ対応しています。
通信会社を移行する前に、各社の公式サイトで必ず対応機種や対応状況を確認しておきましょう。

まとめ

「SIMロック」は、端末を購入した通信会社以外のサービスを利用できないように制限するための仕組みです。2015年5月、SIMロックの制限を解除して他社のサービスも利用できるようにする「SIMロック解除」が義務化されました。

SIMロック解除された端末や、はじめからSIMロックがかかっていない端末のことを「SIMフリー」端末とよびます。

SIMロック解除のメリットは、通信会社や料金プランを柔軟に選べるようになることです。デメリットはとくにありませんが、いくつか注意点もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone 11 Pro

タイトルとURLをコピーしました