中古で買ったiPhoneが故障かな?と思ったらやるべき対処方法!バッテリーの消耗や水没など症状別に紹介

iPhone
iPhone

中古でiPhoneを買った後に「あれ?故障かな?」とお考えでしょうか?手に入れたばかりのiPhoneが使えないと不安になりますよね。

今回はそんなときのために、症状別の対処方法をお伝えします。バッテリーの消耗や水没など、考えられる要因を症状別に解説しました。

正しい対処法を知って、問題なく中古iPhoneを使える生活を手に入れましょう。

1. 症状別・自分でできる対処方法

中古iPhoneは新品と違い、ある程度経年劣化しているためトラブルも多くなります。症状別に、自分でできる対処方法を見てみましょう。

1-1.iPhoneがスムーズに操作できない

iPhoneの処理が遅かったり、フリーズしてしまったりするときは、一旦アプリを終了しましょう。

旧機種だと重たいデータをあつかうアプリを処理しきれず、画面が止まってしまうことがあります。そのため一旦アプリを終了することで、再度やり直せば操作できるようになります。

アプリを終了する手順は以下のとおり。フルディスプレイとホームボタンありの機種によって操作方法は違います。

ホームボタンあり

  1. ホームボタンを2度押す
  2. 消したいアプリを上にスワイプ

フルディスプレイ

  1. 画面を下から上にスワイプ
  2. 終了したいアプリを長押しして、上にスワイプ

1-2. iPhoneの動作が遅い

思うようにサクサク動かないときは本体を再起動しましょう。

iPhoneはキャッシュという、閲覧したWebページのデータを蓄積する機能があります。キャッシュがたまると動作スピードに影響を及ぼすため、再起動してクリアすると動作性があがりますよ。

再起動の手順を紹介します。

ホームボタンあり

  1. 電源ボタンを長押し
  2. 再起動をタップ

フルディスプレイ

  1. ボリュームボタンと電源ボタンを長押し
  2. 再起動をタップ

1-3. iPhoneの電波が悪い

iPhoneの電波が悪いときは、一旦機内モードをオンにしてから戻してみましょう。通信状態をリセットすると、4GやLTEをキャッチできる可能性が高くなります。

機内モードを使うには、設定→機内モードをオンにするだけです。ホーム画面から簡単に設定できる、コントロールセンターの項目にも含まれています。

コントロールセンター経由の設定方法を紹介します。

ホームボタンあり

  1. 画面を下から上にスワイプ
  2. コントロールセンターが表示される
  3. 左上の飛行機マークをタップ
  4. オレンジになったら機内モードがオンになったサイン
  5. 再度マークをタップしてオフ

フルディスプレイ

  1. 画面を右上から下にスワイプ
  2. コントロールセンターが表示される
  3. 左上の飛行機マークをタップ
  4. オレンジになったら機内モードがオンになったサイン
  5. 再度マークをタップしてオフ

1-4. ホームボタンが反応しない

ホームボタンを押しても使えないときは、まず使っていないアプリの終了と再起動を試してみてください。

それでもだめな場合は、ボタン自体が壊れてしまっていると考えられます。ホームボタンは使うことが多いため劣化しやすく、固くなってしまうこともあるのです。

それでも修理に出したくないときは、Assistive Touch利用すれば問題を解消できます。

Assistive Touchとは、ホームボタンを画面上に表示させる機能。手順は以下のとおりです。

  1. 設定
  2. アクセシビリティ
  3. タッチ
  4. Assistive Touchをオン

こうすることで、ホームボタンの修理にお金をかけずとも利用できるようになります。

1-5. バッテリーがすぐなくなる

充電できなかったり、バッテリーが異常な速度で減ったりするときは、劣化の具合をチェックします。

バッテリー容量が減った状態で使用を続けるとストレスになるのはもちろん、いきなりシャットダウンするなどのトラブルにつながるかもしれません。下記の手順で確認できます。

  1. 設定
  2. バッテリー
  3. 最大容量をチェック

容量が80%以下なら、バッテリーを交換することをおすすめします。

80%以上はあるけれど消耗が早いと感じる場合は、バッテリーの消耗を抑えるために、輝度やデータ通信などの設定を変更しましょう。

1-6. 画面が正しく表示されない

画面に異常があるときは水没した可能性があります。

たとえば、文字が勝手に入力される、画面が真っ暗や真っ赤になる、シミや線が入るといった症状が該当します。

実際に水没したかどうかチェックするには、イヤホンジャックの内側やSIMカードを取り出して見てみましょう。

本来シルバーや白っぽい色のはずが、赤く変色していたら水没したサインです。

水没したものと知らずに買っていた場合は、販売元に相談するといいでしょう。もしくは、修理店に出すことをおすすめします。

2.iPhoneを修理に出す方法

ここまで紹介した対処方法をやっても解決しない場合や、明らかに修理が必要なときはプロに依頼しましょう。主にAppleや専門修理店などの窓口があります。

2-1.Appleの修理

Appleのメーカー修理なら、純正品を使ってiPhoneのプロに直してもらえるので安心です。

オンラインでの受付やApple Storeに持っていって依頼するなどの方法があります。

ただ、Appleの修理は混雑しやすいうえに、時間がかかるのが難点です。

無事に受付されても、本体が修理センターに郵送されるため、完了するまでに1週間ほどかかることも。

また、修理内容によっては料金が高額になってしまいます。参考までに、保証に入っていない場合の、画面修理料金は1万円から3万円ほどです。

2-1.Apple正規サービスプロバイダ

Apple Storeが混んでいてなかなか行けないときは、正規サービスプロバイダを利用するのも一つの手です。

Apple公認の専門店なので、純正品を使った同等レベルの修理が受けられます。

該当するのは、カメラのキタムラやビッグカメラなど。Appleと同様に少し価格は高めですが、即日修理をしてもらえるところもあります。

2-2.非正規のiPhone修理専門店

Appleや正規サービスプロバイダの料金が高すぎると感じるなら、iPhone修理専門店に依頼しましょう。

早ければ数十分で修理が終わり、安価な値段で不具合を直してもらえます。

ただ、Appleと連携しているわけではないので、パーツの信頼性が下がってしまうことは覚えておきましょう。たとえば画面を修理したら若干色味が変わった、ということが起こりえます。

また、一度非正規店で修理をすると、今後Appleや正規店のサポートは受けられません。他のメーカーのパーツが入ることによって、純正品ではないとみなされるからです。

非正規の店は安さと利便性が魅力ですが、リスクもあることを知ったうえで利用しましょう。

まとめ:中古iPhoneの故障原因はさまざま。一つずつチェックしよう

中古で買ったiPhoneに不具合があった際の、原因の見つけ方や対処法を紹介しました。中古iPhoneは発売から年月がたっているほど、故障しやすくなるもの。

とはいえ、自分で解決できるものも多いので、本記事の内容を参考にひとつずつ対処法を試してみてください。

どうしても解決できなければ、iPhoneを修理に出すことを検討しましょう。業者によってそれぞれメリット・デメリットがあるので、優先したい事項を検討して慎重に決めてくださいね。

中古iPhoneの故障原因を突き止めて、快適なスマホの利用を楽しみましょう。

買い替えを検討するなら「にこスマ」!

にこスマでは、iPhone 7〜iPhone XSを中心に高品質で低価格な中古iPhoneをご用意しています。

ご不明点がありましたら、チャット・メール・電話にてお問合せください。もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品させていただいております。ぜひ、この機会ににこスマでiPhone端末をチェックしてみてくださいね。

▼にこスマの公式TOPを見る

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
Pixel 3シリーズ

タイトルとURLをコピーしました