ギガ不足を防ぐ!iPhoneのデータ通信量を節約ポイントをご紹介。

iPhone
iPhone

iPhoneでネットを利用すると発生する「データ通信量」。
通信量が多すぎると、携帯会社の契約プランによっては速度制限がかかったり、支払い料金が多くなってしまいます。

毎月通信量を使いすぎて速度制限がかかってしまう…
気付けば通信量が増えすぎている

などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhoneのデータ通信量を節約するためのポイントをご紹介いたします。

どれも簡単に試せるものばかりなので、ぜひ通信量節約の参考にしてくださいね。

iPhoneの「通信量」はどんな時に増えるの?

「通信量」は主に、「モバイルデータ通信」をおこなってインターネットを利用すると増えていきます。

モバイルデータ通信とは


各携帯電話会社が提供する回線を利用したインターネット通信のことです。
「4G回線」「LTE回線」とも呼ばれています。

wi-fiに接続している時は基本的に「モバイルデータ通信」がおこらないので、通信量は増加しません。

通信量を節約できるiPhoneの設定方法

iPhoneでは「操作していない時でもiPhoneが自動でバックアップなどの通信をおこない、通信量が増えてしまう」ということが起こります。

iPhoneの設定を見直せば自動で通信することもなくなるので、通信量の節約になるでしょう。

この項目では、通信量の節約のために見直すべきiPhoneの設定についてご紹介いたします!

「モバイルデータ通信」をオフに設定する

インターネットを使用しないときに「モバイルデータ通信」をオフにしておけば、余計な通信を防ぐことができます。「モバイルデータ通信」をオフにしても、電話は使用可能です。

また、「モバイルデータ通信」をオフにしていてもwi-fiに接続すれば、インターネットの利用が可能です。

設定方法
1. ホーム画面から「設定」をタップ
2.「モバイル通信」タップ
3.「モバイルデータ通信」をオフに切り替える
4. 完了

「wi-fiアシスト」をオフにする

「wi-fiアシスト」とは、wi-fiの接続状況がよくない時に、自動でモバイルデータ通信に切り替える機能です。

オフにしておけば、自動でモバイルデータ通信に切り替わることがなく、通信量が節約できます

設定方法
1. ホーム画面から「設定」をタップ
2.「モバイル通信」をタップ
3.「通信のオプション」をタップ
4. 画面を下までスクロールする
5.「wi-fiアシスト」をオフに切り替える
6.完了

「アプリの自動アップデート」をオフにする

iOS13以降では、初期設定で「アプリの自動アップデート」がオンになっています。
「オン」のままだとアプリが更新されるたびに自動で通信をおこなうため、通信量が増えてしまいます。
自動ダウンロードをオフにしておけば、必要な時のみ手動でダウンロードが可能です。

設定方法
1. ホーム画面から「設定」をタップ
2.「iTunes StoreとApp Store」をタップ
3.「自動ダウンロード」の「Appのアップデート」をオフに切り替える
4. 完了
また、以下の設定にすれば「wi-fi接続時のみ自動でアップデート」することもできます。
設定方法
1. ホーム画面から「設定」をタップ
2.「iTunes StoreとApp Store」をタップ
3. 「モバイルデータ通信」の「自動ダウンロード」をオフに切り替える
4. 完了

「SNSでの動画自動再生」をオフにする

iPhoneでTwitterやLINEなどのSNSを使用するとき、動画を自動再生するようにしていると、動画が再生されるたびに通信量が発生してしまいます。
そのため、設定を切り替えて自分が見たい動画だけ手動で再生させると通信量の節約になります。

主要なSNSの設定変更方法を下記にてご紹介していますので、使っているSNSがあれば設定しておくのがおすすめです。

「Twitter」での設定方法
1. Twitterのホーム画面から「メニュー」をタップ
2.「設定とプライバシー」をタップ
3.「基本設定」の「データ利用の設定」をタップ
4.「動画の自動再生」をオフに切り替える
5. 完了
「LINE」での設定方法
1.LINEアプリのホーム画面から「歯車アイコン」をタップ
2.「写真と動画」をタップ
3.「動画自動再生」をタップ
4.「自動再生しない」をタップ
5. 完了
「Instagram」での設定方法
※Instagramでは、動画の自動再生をオフにすることはできませんが、代わりに「データ使用料を軽減」する機能が備わっています。ここでは、データ使用量軽減の設定方法をご紹介しています。
1. Instagramのホーム画面から自分のプロフィール画面を開く
2. 右上の「メニュー」をタップ
3. 「設定」をタップ
4. 「データ使用量を軽減」をオンに切り替える
5. 完了

「省データモード」を利用する

iOS13以降では、「省データモード」を有効にすることでバックグラウンドでのネット使用量を制限できます。

設定方法
1. ホーム画面から「設定」をタップ
2. 「モバイル通信」をタップ
3. 「通信のオプション」をタップ
4. 「省データモード」をオンに切り替える
5. 完了

「位置情報サービス」をオフにする

iPhoneの「位置情報サービス(GPS機能)」がオンになっていると、位置情報取得のためにデータ通信が発生してしまいます。

そのため、普段は位置情報サービスをオフにしておき、ナビなど特定のアプリを使う時のみオンにするのがおすすめです

設定方法
1. ホーム画面から「設定」をタップ
2.「プライバシー」をタップ
3.「位置情報サービス」をオフに切り替える
4. 完了

音楽や動画はダウンロードして視聴する

LINE MUSICやYouTube Premiumなどの有料アプリでは、音楽や動画をiPhoneにダウンロードする機能が備わっています。
wi-fi環境下であらかじめ音楽や動画をダウンロードしておけば、モバイルデータ通信をおこなうことなく音楽や動画の視聴が可能になります。

もし、wi-fi接続ができる環境にある方は、音楽や動画のダウンロードを上手く使って通信量を節約することも試してみてくださいね。

通信料金を安くしたい時は契約を見直すことも重要

今回は「通信量」を節約するためのポイントをご紹介しましたが、通信料金そのものを安くしたい場合は、現在の携帯電話会社の「契約プラン」を見直すことも重要です

携帯電話会社によっては、より安い価格で多くの通信量を使用できる場合もあります。

iPhone設定での節約と合わせて、ぜひプランの見直しもおこなってみてください。

格安iPhoneの購入は「にこスマ」!

今回は、「iPhoneの通信量を節約するためのポイント」をご紹介しました!

iPhoneを使用する際は、通信量を節約して毎月の利用料金も安く抑えたいものです。

「にこスマ」では、格安のiPhoneを多数ご用意しておりますので、端末の購入代金も節約できます!
ぜひこの機会にチェックしてくださいね。

▼にこスマ公式TOP

にこスマで中古スマホを探す


▼にこスマの取り扱い機種一覧

iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS

タイトルとURLをコピーしました