ジャンク品とは?どんな中古スマホや中古iPhoneがジャンク品になる?

スマホ
スマホ使い方

オークションやフリマサイトで、「ジャンク品」と記載されている中古スマホ・中古iPhoneが売り出されているのを見かけたことがある方は多いのではないでしょうか。

名前は聞いたことがあるけれど「ジャンク品ってどういう意味?」「どんなスマホ・iPhoneがジャンク品に分類されるの?」など、ジャンク品について詳しく知らない方も多いかと思います。

今回は、スマホ・iPhoneの中で「ジャンク品」と呼ばれるものについて詳しく解説いたします!

ジャンク品は「正常な動作が保証できない」商品

簡単に言うと、中古スマホ・中古iPhoneの中での「ジャンク品」は「故障や動作不良などの問題があり、正常に動作しないまたはその保証ができない商品」のことです。

非常に安価で取り引きされている場合もありますが、動作の保証がされていないので日常使い用の中古スマホ・中古iPhoneに「ジャンク品」を選ぶ際は注意が必要です。

どんな中古スマホ・iPhoneが「ジャンク品」に分類されるの?

ひとくちに「ジャンク品」と言っても、オークションやフリマサイトでは出品者が「ジャンク品」と判断した物は全て「ジャンク品」に分類されるため、判断基準は曖昧なのが現状です。

たとえば「画面がバキバキに割れていて、電源も付かない状態の商品」と「正常に動作するが、画面に少しヒビが入っている状態の商品」があるとします。

2つの商品をくらべるとかなり状態に違いがあるように感じますが、出品者が「ジャンク品」と判断すればこれらは全て「ジャンク品」として扱われます。

いずれにしても、オークションやフリマサイトで「ジャンク品」と付いているスマホやiPhoneは「正常な動作は保証できない商品」であることを覚えておくと良いでしょう。

なぜジャンク品の中古スマホ・中古iPhoneが売買されているの?

「ジャンク品は正常な動作が保証されていない」と聞いて、「よし!ジャンク品を日常使いのスマホとして購入しよう!」と思う方は殆どいないですよね。

にもかかわらず、ジャンク品のスマホやiPhoneは日々頻繁に売買されています。ジャンク品を購入する方は、どのような意図で購入するのでしょうか?

その理由としては、大きくわけて2つのことが挙げられます。

・使えるパーツが欲しいから
・修理して使うから
以下で、それぞれの理由について詳しくご説明していきます。

理由①使えるパーツが欲しいから

中古スマホ・中古iPhoneのジャンク品の中には故障している物も多く見られます。ですが、すべてのパーツが駄目になっているわけではないので、ジャンク品の「使えるパーツ」のみを取り出して別の機械の部品として役立てる場合があります。

理由②修理して使うから

「ジャンク品」として出品されている中古スマホ・中古iPhoneは、先ほどもご説明したとおり「正常な動作」が保証されていません。

ですが、以上のある箇所をきちんと修理すれば日常使いのスマホ・iPhoneとして十分活用できる場合もあるので、安くでジャンク品を手に入れて修理して使う方もいらっしゃいます。

まとめ

今回は中古スマホ・中古iPhoneの「ジャンク品」についてご紹介しました。
ジャンク品は「正常な動作を保証できない商品」ですが、様々な用途で利用できることから頻繁に売買されています。
中古スマホ・中古iPhoneを探す際は「ジャンク品」の文字を見かける機会も多いので、意味を覚えておいて損はないでしょう。ぜひ、意味を覚えて中古スマホ・中古iPhone選びの参考にしてくださいね。

Loading component ...
タイトルとURLをコピーしました