楽天モバイルでもiPhoneが使える!乗り換える手続き方法と注意点を紹介!

iPhone
iPhone使い方

2020年4月に第4のキャリアとして携帯電話事業に参入した楽天モバイル。自社回線としての通信ができるようになったり、使用するデータ通信量によっては通信費が無料になる驚きのプランを導入するなど話題が絶えません。

Android端末のイメージが強い楽天モバイルですが、現在iPhoneをお使いの方でも契約することができます。

今回は、iPhoneで楽天モバイルに乗り換える方法について、その注意点と手続き方法をご紹介します。

いま使っているiPhoneは楽天モバイルでもそのまま使える?

ドコモ、au、ソフトバンクで契約している人の方の中にはiPhoneを使っている方も多いでしょう。

結論から言うと、楽天モバイルでもiPhoneをそのまま使うことができます。

新料金プランである「Rakuten UN-LIMIT」の提供開始直後は、動作確認の対象機種にiPhoneが入っていませんでした。しかし、現在では楽天モバイル公式サイトにも一部のiPhoneが動作確認済製品として記載されています。

Rakuten Linkも利用可能

2020年4月、楽天モバイルが携帯キャリアとして参入したのを機にサービスを開始した「Rakuten Link」もiPhoneで利用することができます。

Rakuten Linkとは、Rakuten Link同士の通話やSMS(ショートメッセージサービス)はもちろん、他社の携帯電話への通話やSMS、固定電話への国内通話が無料で利用できるお得なサービスです。

ドコモ、au、ソフトバンクなど他のキャリアでは国内通話を無料にするために2,000円近い月額料金が発生しますが、楽天モバイルではなんと無料で利用できるのです。

他にも国際通話がお得に使えたり、新しいサービスをおすすめしてくれたりと様々な機能が付いている便利でお得なサービスとなっています。

ただし、iPhone自体が楽天モバイルでの取扱いをしていない関係上、動作確認は取っているものの今後のアップデートなどで使用できなくなる可能性もあります。

また、iPhone X以前に発売された機種についてはRakuten Linkの動作保証外となるので注意しましょう。

楽天モバイルの回線が使えるエリア

楽天モバイルは携帯キャリアとして新規参入してからまだ歴史が浅い事業者なので、楽天モバイル回線として通信ができるエリアは限られています。

楽天モバイルの回線が使えるエリアは以下の通りです。

【北海道・東北地方】北海道/宮城県

【関東地方】埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県

【中部地方】新潟県/富山県/福井県/岐阜県/静岡県/愛知県

【関西地方】三重県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県

【九州・沖縄地方】熊本県/沖縄県

対象エリア内にであれば楽天モバイルの回線を使って楽天モバイルの独自サービスを利用することができます。上記以外のエリアでは通信自体ができないわけではなく、パートナー回線を利用することで通信が可能です。

パートナー回線のエリア内ではauの回線を使用します。

楽天モバイルでiPhoneを使う時の注意点

楽天モバイルでiPhoneを使い場合には、注意点すべきことが5つあります。

公式で取扱いのあるAndroidとは違い、iPhoneでは一部の機能が使えなかったり動作保証が取れている対象機種も限られているため、楽天モバイルを契約する前には必ず確認しておきましょう。

  • 正式に動作保証が取れているiPhoneは一部のみ
  • 楽天モバイルでは現在iPhoneの販売はしていない
  • 一部使えない機能がある
  • APN設定が必要
  • パートナー回線から楽天回線へは手動で切り替える必要がある

正式に動作保証が取れているiPhoneは一部のみ

楽天モバイルでは、現在公式で動作保証の取れているiPhoneは、iPhone X以降の機種となっています。

公式でアナウンスされている動作保証済みのiPhoneは次の通りです。

  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第二世代)
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS

iPhone X以前の機種では各機能が利用できないと公式でもアナウンスがあるため、楽天モバイルへの乗り換えを検討されている方はiPhone XS、iPhoneXR以降の新しい機種が必要となります。

一部使えない機能がある

楽天モバイルでiPhoneを使うにあたって、動作保証が取れている端末であっても一部使えないサービスがあります。

動作保証内のiPhoneのサービス対応状況は以下の通りです。

サービス対応状況
楽天回線エリア
高速データ使い放題
パートナー回線エリア
高速データ通信
国内通話かけ放題
SMS(楽天回線内)
SMS(パートナー回線)×
APN自動設定(海外/国内)×
接続回線の自動切替
(楽天回線⇔パートナー回線)
×
ETWS(エリアメール)×
110/119通話などでの
高精度な位置情報測位
×

データ通信や通話など基本的な機能はどのエリアでも問題なく使用できますが、一部の機能に制限があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

パートナー回線ではSMSが使用できない

パートナー回線ではSMSが使用できません。

楽天エリア内では問題なく使えますが、先程ご紹介した楽天モバイルの回線エリア外にいる時にはSMSが使用できないので注意が必要です。

電話番号を使ってメッセージをやりとりするSMSは、メインで使用しているという人も少ないので特に問題ないと思われるかもしれませんが、どうしても必要だという方は注意が必要です。

 

APN設定が必要

キャリアとして取扱いのある機種であれば、SIMカードを読み込んだ時にAPN設定が自動的に行われますが、楽天モバイルではiPhoneの取扱いがないため手動でAPN設定をする必要があります。

APNとは「Access Point Name」の略で、スマートフォンにインターネット接続を認識させるための設定です。

利用するスマートフォンに接続する通信キャリアを選択し、端末と結びつけます。

この設定を行わない限り、インターネットに接続することができません。

パートナー回線から楽天回線へは手動で切り替える必要がある

楽天回線エリアからパートナー回線エリアへ移動した際には自動的に回線が切り替わりますが、逆にパートナーエリアから楽天回線エリアに移動した際には手動で切り替える必要があります。

楽天回線エリア内でもパートナー回線は使えるので特に問題なさそうにも思われるかもしれませんが、楽天モバイルではエリアによって使える通信量の上限が異なるのです。

楽天回線エリア:データ通信無制限
パートナー回線:データ通信月5GBまで
楽天回線エリアではデータ通信量が無制限で使用することができます。そのため、動画やゲームなどをする際にも通信制限を気にせず楽しむことができるのです。
しかし、パートナー回線エリアでは月5GBまでしか高速通信をすることができません。
つまり、楽天回線エリア内にいるにもかかわらずパートナー回線で通信をしてしまうと通信制限がかかってしまいます。
楽天回線エリアに移動した際は自分自身で速やかに回線の切り替えをしましょう。

 

ETWS(エリアメール)が利用できない

地震などの災害を事前に通知する緊急地震速報・津波警報を受け取るエリアメールは、ETWSと呼ばれる携帯電話ネットワークの機能を利用しています。ETWSは「Earthquake and Tsunami Warning System」の略で、LTEなどの携帯電話通信を使用しているため、海外にいても受け取れるのが特徴です。

楽天モバイルでは、Androidの対象機種に対してはエリアメールを送信することができますが、iPhoneについては非対応となっています。

 

110/119通話などでの高精度な位置情報測位ができない

楽天モバイルでは、iPhoneから110や119の通話で高精度な位置情報測位をすることができません。

緊急電話では1分1秒が重要になるケースが多く、自分の位置を瞬時に知らせることが大切ですが、楽天モバイルではiPhoneから高精度な位置情報の測位をすることができなくなっています。

楽天モバイルでは現在iPhoneの販売はしていない

楽天モバイルの店舗およびオンラインショップでは現在iPhoneの販売を行っていないため、すでに持っているiPhoneを使うか新たにiPhoneを購入しなくてはなりません。

また、楽天モバイルでiPhoneを使用する場合はSIMロックを解除する必要があります。

楽天モバイルでiPhoneを使うための乗り換え方法

iPhoneとPCを接続しiTunesを立ち上げている

楽天モバイルでiPhoneを使うための乗り換え方法は次の通りです。

  1. 手持ちのiPhoneが楽天モバイルに対応しているか調べる
  2. iPhoneのSIMロックを解除する
  3. 現在利用中のキャリアでMNP予約番号を取得する
  4. 店舗もしくはオンラインショップで楽天モバイルを申し込む
  5. iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを差し込む
  6. iPhoneでAPN設定をする

それぞれ詳しく解説します。

手持ちのiPhoneが楽天モバイルに対応しているか調べる

先ほどもご紹介したように、楽天モバイルで対応している機種はiPhone X以降です。

まずは自分のiPhoneが対応機種に入っているかを調べましょう。

万が一対象外の機種だった場合は、中古ショップなどでもお得に購入することができます。

iPhoneのSIMロックを解除する

楽天モバイルはiPhoneの取扱いをしていないため、楽天モバイル用に設計されたiPhoneはありません。

iPhoneのSIMロックを解除する、もしくはSIMフリーのiPhoneを用意する必要があります。

現在利用中のキャリアでMNP予約番号を取得する

電話番号をそのまま引き継いで楽天モバイルに乗り換えるため、現在利用中のキャリアでMNP予約番号を取得します。

キャリアの契約プランによっては解約金や転出手数料などが発生するので、手続き時に契約内容をしっかり確認しておきましょう。

MNP予約番号の取得は各社のショップ、もしくはオンライン手続き・電話で手続き可能です。

以下に各社の手続き方法を掲載します。

【ドコモ】
オンライン手続き:My docomoで手続き
お電話での手続き:iPhoneの電話アプリで「151」へ電話
【au】
オンライン手続き:My auで手続き
お電話での手続き:0077-75470へ電話【ソフトバンク】
オンライン手続き:My SoftBankで手続き
お電話での手続き:iPhoneの電話アプリで「*5533」へ電話

店舗もしくはオンラインショップで楽天モバイルを申し込む

乗り換えの準備が整ったらいよいよ楽天モバイルへの申し込みです。

楽天モバイルは実店舗も全国にあるため、申し込み方法はショップとオンラインの2種類があります。

ショップで契約をする場合は、その場で説明を受けてSIMカードも発行してもらえるため、申し込み当日から楽天モバイルを利用開始することができます。

オンラインで申し込む場合は楽天モバイルの公式ホームページから手続きすることができます。

今回は事前に用意したiPhoneを使うため「SIMカードのみ」の手続きを行いましょう。

SIMカードの形状は3種類ありますが、iPhoneは「nanoSIM」と「eSIM」に対応しているので、該当の形状を選択しましょう。

iPhoneに楽天モバイルのSIMカードを差し込む

楽天モバイルのSIMカードが手元に届いたら、iPhoneに差し込みます。

この時、SIMカードの差し込む方向を間違えてしまうと故障の原因となるため、間違えないように注意しましょう。

SIMカードは角が欠けた形状になっていて、トレーにぴったり形が合うようになっているので差し込む方向がわかりやすくなっています。

eSIMの場合の設定方法

eSIMで契約した場合の設定方法は次の通りです。

  1. 届いたSTAGE GUIDEの裏面にあるSTEP.2用QRコードを読み込む
  2. my 楽天モバイルにログイン
  3. 申込番号の下にある「>」をクリック
  4. 「楽天回線の開通手続きを行う」をクリック
  5. iPhoneの「設定」アプリを開く
  6. 「モバイル通信」をタップ
  7. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  8. カメラが起動するのでQRコードを読み込む
  9. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  10. アクティベーションが始まるので終わるまで待機
  11. デフォルト設定が変更されたら「OK」をタップ
  12. 「通信のオプション」をタップ
  13. 「音声通話とデータ」をタップ
  14. 「VoLTE」をオンにする
  15. 「OK」をタップ
  16. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  17. 「モバイルデータ通信ネットワーク」のAPNに「rakuten.jp」と入力する
  18. と「インターネット共有」のAPNに「rakuten.jp」と入力する

手順は多いですが方法は至ってシンプルなので、上記の順で操作しましょう。

iPhoneでAPN設定をする

楽天モバイルのSIMカードを差し込んだらAPN設定をします。(eSIMの場合は先程ご紹介した方法でAPN設定も完了しています)

  1. iPhoneの「設定」アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「通信のオプション」をタップ
  4. 「音声通話とデータ」をタップ
  5. 「VoLTE」をオンにする
  6. 「OK」をタップ
  7. 「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ
  8. 「モバイルデータ通信ネットワーク」のAPNに「rakuten.jp」と入力する
  9. 「インターネット共有」のAPNに「rakuten.jp」と入力する

APN設定を完了させないと楽天モバイルの通信が開始されないので、必ず設定しておきましょう。

また一緒に機種変更を検討している方はこちらのデータ移行ガイドも参考にしてみてください!

楽天モバイルでiPhoneを快適に使おう

いまCMでも話題の楽天モバイルは第4の通信キャリアとしての参入や格安の月額料金で注目を集めているので、他社でiPhoneを使っている方の中にも気になるという人は多いでしょう。

格安SIMや大手通信キャリアのサブブランド、格安プランなど新しい料金体系がどんどん出てくるなかで、少しでも安くお得にスマートフォンを使いたいのであれば楽天モバイルがおすすめです。

ドコモ、au、ソフトバンクに比べて月額料金が半額ほどで利用できるうえ、月間で使用する通信量次第では無料になるプランを用意しているので、今までよりもお得にiPhoneを活用することができます。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

タイトルとURLをコピーしました