Pixel 3 XLのスペック・サイズ・値段まとめ!

Android
Android

2018年11月に、いままで日本では未発売だったGoogle製のスマホPixelシリーズの「Pixel 3 XL」が発売開始され、Googleファンには歓喜となりました。

Pixel 3 XLの特徴としては、

  • 6.3インチの大画面
  • ホームボタンひとつでさまざまなことができる(長押しで「Googleアシスタント」呼び出し、2回押しで「アプリ一覧表示」など
  • Filica(おサイフケータイ)内蔵
  • 握って操作する「Active Edge」
  • 自動調整バッテリー(アダプティブバッテリー)機能でバッテリーの使用を節約
  • 「ナイトモード」など一眼レフに引けを取らない高性能カメラ

など、Androidの大元であるGoogleらしい高性能ぶりと、誰もが使いやすいシンプルなデザインで人気となっています。

では、中古市場でも人気端末のひとつとなっている「Pixel 3 XL」のスペック・サイズ・値段についてまとめてみました。

Pixel 3 XL スペック情報

Pixel 3 XLの販売開始は2018年11月のため、約3年の月日が経過しています。

やはり日々進化が著しいスマホの世界で、3年型落ちですと使い物にならない?と考える人も多いと思います。

果たして、Pixel 3 XLのスペックは使えるレベルでしょうか?分かりやすくスペックを見ていくために、後継機である「Pixel 4 XL」と最新の5G対応Pixel「Pixel 5」とのスペック比較を見てみましょう。

Pixel 3 XLPixel 4 XLPixel 5
画面サイズ6.3インチ6.3インチ6.0インチ
内蔵メモリ(RAM)4GB6GB128GB
ストレージ(ROM)64GB/128GB(2モデル)64GB/128GB(2モデル)8GB
ディスプレイの種類OLEDディスプレイOLEDディスプレイフレキシブルOLEDディスプレイ
OSAndroid9Android10Android11
CPUQualcomm Snapdragon 845 SDM845Qualcomm Snapdragon 855 SDM855Qualcomm Snapdragon 765G SDM765G
メイン(背面)カメラ1眼(シングルカメラ)
1220万画素(デュアルピクセル)
2眼(デュアルカメラ)
広角:1200万画素
望遠:1600万画素
3眼(トリプルカメラ)
広角:1200万画素
超広角:1200万画素
望遠:6400万画素
イン(前面)カメラ800万画素800万画素800万画素
生体認証指紋認証顔認証指紋認証
バッテリー容量3430mAh3700mAh4080mAh
おサイフケータイありありあり
サイズ・重量高さ158mm
幅76.7mm
厚さ7.9mm
重量184g
高さ160.4mm
幅75.1mm
厚さ8.2mm
重量193g
高さ144.7mm
幅70.4mm
厚さ8mm
重量151g
カラーバリエーションジャストブラック
クリアリーホワイト
ノットピンク
ジャストブラック
クリアリーホワイト
オーソーオレンジ
ジャストブラック
ソータセージ

Pixel 3 XL、Pixel 4 XL、Pixel 5のスペック比較はこのようになっています。

CPUについて

Pixel 3 XLの頭脳部であるCPUは「Qualcomm Snapdragon 845 SDM845」、後継機などに搭載されているCPUは、やはり世代がひとつ先のものになっているため、性能も上がっていますが、高性能Qualcomm製CPUで、同性能CPUは今現在発売されるスマホであっても、エントリーモデルでは搭載されているほど。

そのため、Pixel 3 XLの処理能力などCPUの働きに関しては、十分現役で使えるレベルでしょう。

内蔵メモリ(RAM)について

Pixel 3 XLの内蔵メモリは4GB、後継機Pixel 3 XLでは6GB、最新Pixel 5は8GBと、Pixel 3 XLのメモリ数の少なさは販売当初から指摘されているウィークポイントのひとつでした。

せっかくの高性能なPixel 3 XLのですが、例えば通話をしながらアプリを開くなど、同時作業などはなかなか上手く動かない(フリーズしてしまう)可能性も高く、複数同時に色々行うことは不向きといえます。

カメラについて

Pixel 3 XLは1,220万画素のシングル(1眼レンズ)。

望遠レンズや超広角レンズなど複数のレンズを搭載している今のスマホと比べてしまうと、さまざまな種類の写真を撮ることはできませんが、1眼ながらそのレンズはかなりの高性能。

特に「夜景モード」は、驚くほど綺麗に撮影できると口コミでも評判となっており、1眼でもポートレート撮影なども可能と、最新スマホに引けを取らないほど高画質撮影が期待できます。

生体認証について

Pixel 3 XLの生体認証は「指紋認証」。

まだ指紋認証が広まってきた頃のもののため、精度に関してはどうしても最新スマホなどと比べると、やや劣ります。

しかし、マスク生活が続く今、顔認証より指紋で認証ができることは便利という声も多いです。

バッテリー容量について

Pixel 3 XLのバッテリー容量は「3,430mAh」。

普段使いであれば1日はもちろん、2~3日くらいは持つレベルのバッテリー容量ですが、Pixel 3 XLのAIでバッテリー使用を最適化する「自動調整バッテリー(アダプティブバッテリー)機能」を搭載しているため、3,430mAHという数値以上にバッテリーの持ちは良く感じるでしょう。

カラーバリエーションについて

Pixel 3 XLのカラーバリエーションは、Pixel 3と同色となる計3色展開、「ジャストブラック」「クリアリーホワイト」「ノットピンク」となっています。

端末カラーは、定番カラーのみで、目を惹くビビットなカラーなどはありませんが、サイドボタンだけ色を変えている、Googleらしいちょっとしたおしゃれが人気です。

Pixel 3 XL サイズ情報

Pixel 3 XLのサイズは、ディスプレイ6.3インチ、高さ158mm/幅76.7mm/厚さ7.9mm/重量184gとなっています。

同じディスプレイサイズ6.3インチスマホを見てみると、

  • Zenfone Max(ASUS)高さ158mm/幅76mm/厚さ8.0mm/重量160g
  • arrows NX9(富士通)高さ152mm/幅72mm/厚さ8.5mm/重量162g

などがあり、iPhoneシリーズでいえば、近似のサイズは、

  • iPhone 11 Pro Max(Apple)高さ158mm/幅77.8mm/厚さ8.1mm/重量226g

となっています。

Pixel 3 XLの販売当初は、「XL」という名称が入っている通り、他社のスマホを入れても6.3インチというのはかなり大画面に位置されましたが、今ではちょうど一般的なディスプレイサイズと言えるでしょう。

また、端末のサイズ感は、大きすぎることはなく、また200gを越えないほどで重すぎることもないので、女性なども持ちやすいちょうど良いサイズ感と感じる人も少なくないのではないでしょうか。

Pixel 3 XL 値段情報

Pixel 3 XLは日本においては販売当初、「NTTドコモ」「ソフトバンク」と「SIMフリーモデル」の販売となっていました。

しかし、「NTTドコモ」「ソフトバンク」では、販売を終了しており、また、SIMフリーモデルも公式のGoogleストアでは販売終了となっています。

そのため、SIMフリーモデルはAmazonなどサードパーティの携帯販売店で購入する形となり、Amazon価格(2021年9月3日現在)51,600円となっています。

また、ねらい目と言えるのが中古市場です。

販売から約3年が経つPixel 3 XLは、常に新しいスマホに買い替えるユーザーなどを中心に売りが進んでおり、後継機も出ていることから、値段もかなり落ちてきている印象があります。

にこスマでのPixel 3 XLの平均取引価格は「32,271円」。(64GB/新品、未使用のもの)となっています。

販売当時の新品価格は、10万円を軽く超える超高価帯スマホだったため、中古市場といっても、新品、未使用のものが32,771円はかなりのお値打ち価格といえるのではないでしょうか。

更に、やや傷や汚れありなどやや使用感のあるものなら1万円台から買えるものも多く、スペックなどを見てもお買い得品と言って間違いないでしょう。

今も現役でバリバリ使える「Pixel 3 XL」、高コスパぶりは注目!

今回は、「Pixel 3 XLのスペック・サイズ・値段まとめ!」についてお送りしました。

まだまだ現役で使えるほどのスペック、夜景など綺麗に撮影できるカメラ、長持ちするバッテリーなど、新品・未使用品でも3万円台(中古モデルなら1万円台も)で買えるのは注目だと思います。

メイン機としてはもちろんのこと、サブ機としたり、お子さんなどの初めてのスマホにするのも価格もお手頃ですし、おすすめですよ。

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone SE (第2世代)

Pixel3
Pixel3a
Pixel3 XL

タイトルとURLをコピーしました