中古iPhoneはいつ買うのがお得?お得買い替えタイミングや安くなる時期!

iPhone
iPhone

「iPhoneが欲しいけど、新品の金額には手が届かない。中古品を安く買える手段はないだろうか。」たしかに中古のiPhoneなら、公式で買うよりもお得に手に入ります。しかし、そんな中古iPhoneをさらに安く買えたらもっといいと思いませんか?

そこで今回は、中古のiPhoneを安く買える時期や、買い替えタイミングの見極め方を紹介します。もっとも安く機種変更するべきタイミングを知って、端末代が高いiPhoneを手頃な価格で手に入れましょう。

1. 中古iPhoneが安くなる時期

中古iPhoneが安くなる時期は、Appleの新製品のリリースやキャリアのキャンペーンの時期とほぼ同じです。詳しく見ていきましょう。

1-1. 毎年9月:新モデルリリース時期

毎年9月頃は、iPhoneの新モデルが発売される時期です。

それに合わせて旧機種の値段が下がるので、中古市場も同じだと思っていいでしょう。機種にもよりますが、大手3台キャリアでは5千円から2万円程度の値下げがおこなわれています。

新しい機種ほど値下げ幅は低く、古い機種ほど高くなる傾向です。そのため大きく値下げされた機種を狙うのであれば、発売から3年ほど経っているiPhone 7くらいがいいかもしれません。

ただ、機種によっては毎年9月にリリースされると決まっていないものもあります。たとえばiPhone SEの第二世代は、2020年の4月に発売されました。そのため、あくまでも9月や4月に多いだけで、不定期の場合もあると考えておくといいでしょう。

1-2. 毎年1月:新春キャンペーンの時期

毎年1月はAppleが新春キャンペーンをおこなうため、iPhoneが安く売られやすい時期です。

この時期にiPhoneを購入するとギフトカードがセットになっており、実質キャッシュバックをもらえるようになっています。

たとえばiPhone XRをホームページで購入すると、6,000円相当のAppleストア用ギフトカードがもらえるのです。金額が大きいものだと1万円から2万円にものぼるので、キャンペーンを利用する人は多いでしょう。

このように、Appleキャンペーンを利用して購入されたiPhoneや、機種変更前の端末が中古市場に出回り、通常より安い価格で手に入れやすくなっています。

セールは1月2日の1日のみなので、その直後か1週間以内を目途に探してみると、新品がお得に手に入るかもしれません。

1-3. 毎年3月:新生活準備と決算の時期

毎年3月も中古iPhoneの購入におすすめの時期です。新生活の準備のため、iPhoneを購入する人が増えて、市場に出回る数が多くなるからです。また、同じ目的で機種変更をして、使っていた端末を中古販売に出す人も多いでしょう。

そして3月に決算を迎える中古販売店では、売上拡大のためにiPhoneの価格を下げる可能性があります。

オークションサイトなどで個人から買うよりも安全で、端末の状態を偽ることもないので安心して取引できるでしょう。

中古iPhoneを初めて買う人や、トラブルにあうリスクを無くしたい人は中古販売店のセール時期を狙うのがおすすめです。

2. おすすめの買い替えタイミング

iPhoneを買い替えるタイミングを見極めるには、契約期間を把握しておくことや、iPhoneの状態をチェックすることが重要です。一つずつ詳しく解説します。

2-1. キャリアの契約満了時

現在契約しているキャリアの契約期間が満了するときが、iPhoneをお得に買い替えられるタイミングです。

ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアでは、一般的に2年間の契約期間を定めています。iPhoneを買い替えるには、満了した当月やその翌月の間に切り替えをしないと解約手数料がかかるのです。

その期間を逃すと、再度契約を結んだとみなされて、数万円の契約解除料金を取られてしまいます。料金が発生しない期間はキャリアやプランによって違うので、公式ページで確認してみてください。

今使っているのが格安SIMの場合は、そこまで条件が厳しくない可能性が高いです。基本的には1年契約など年数が決まっていて、契約満了後は違約金を払わずに機種変更できるでしょう。詳細は契約しているキャリアに問い合わせてみてください。

2-2. iPhoneの状態が悪化した時

iPhoneのバッテリーのもちが悪くなったり、iOSのアップデートが対象外になったりしたときは、買い替えのタイミングといっていいでしょう。

ネットサーフィンやアプリの立ち上げが遅いと感じたときも同様です。iPhoneの寿命は3年が限度といわれているので、それ以上か同じくらい使用しているなら機種変更することをおすすめします。

仮に動作は問題なくても、新しいアプリがインストールできなかったり、ソフトウェアのアップデートができなかったりすると、Appleのサポートを受けられないということ。セキュリティのリスクが大きくなるため、買い替える方が安全です。

iPhoneは需要が多いので、端末を下取りに出すことも可能です。状態がよければ高い金額で売ることもできるので、次の端末を買うときの足しにもなるでしょう。

まとめ:買い替えのタイミングを見極めて、お得に中古iPhoneを購入しよう

中古iPhoneの購入を検討している人向に、安く購入できるタイミングや買い替えを検討する時期の目安を解説しました。新品のiPhoneを公式サイトで買うのは非常にコストがかかります。

中古なら安く買えるうえに、お得なタイミングを知っていればさらに安価に手に入る可能性が高いです。新機種が発売される時期や、Appleや販売店がキャンペーンを打ち出すタイミングを狙うといいでしょう。

そしてiPhoneの機種変更をするタイミングは、契約期間とiPhoneの動作状況をチェックしてみるのがおすすめ。大手キャリアを使っている場合は、契約期間が満了して解除手数料がかからない時期に切り替えましょう。iPhoneの状態が悪くなったと感じたときも、機種変更のサインです。

以上のことを意識すれば、中古のiPhoneを通常より安く手に入れられます。にこスマではiPhoneの在庫を取り扱っていますので、お得にiPhoneを購入したい方はぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました