「モバイルデータ通信」とは?ON/OFFの設定方法

使い方
使い方

モバイルデータ通信のON/OFFを意図的に切り替えたことがある方は、あまり多くはないのではないでしょうか。

スマートフォンはモバイルデータを使用するのが基本であり、そのために毎月のデータ通信量定額サービスを契約しているので、わざわざOFFにすることもないでしょう。

しかし、実はこのモバイルデータ通信の切り替えをうまく使いこなすことでスマートフォンをもっとお得に使いこなすことができるようになるのです。

今回は、iPhoneとAndroidともにモバイルデータ通信の切り替えによって得られるメリットとその方法について解説します。

モバイルデータ通信とは

モバイルデータ通信とは、携帯電話会社が提供する電話回線を使ってインターネット通信を行うことを指します。

ガラケーや初期の3Gスマートフォンの時代では「パケット通信」と呼ばれていたので、パケット通信と同じといえばわかりやすいでしょう。

「パケット通信」が「モバイルデータ通信」と呼ばれるようになった現代では、データ通信量定額サービスが当たり前のように普及してきたので、「パケ死」という言葉も聞かなくなりました。

3Gの時代ではパケット通信の通信速度がまだまだ遅かったので、パケット通信とWi-Fiに接続した時で接続した時ではブラウザや動画の読み込み速度が圧倒的に違いました。

しかし、いまではモバイルデータ通信の技術が発達して5Gの時代に突入しているので、通信速度は体感でほとんど違いを認識できません。

そのため、モバイルデータ通信とWi-Fiのどちらを使っているのか、感覚でその違いはわかりづらいでしょう。

Wi-Fiとモバイルデータ通信の違い

スマートフォンの通信方式には「モバイルデータ通信」と「Wi-Fi」の2種類が存在します。

モバイルデータ通信は先ほど解説した通り、携帯電話会社が提供する電話回線を使ったインターネット通信です。

「モバイルデータ通信」がONになっている状態で、Wi-Fiに接続されていなければモバイルデータ通信を使用した通信をおこないます。

それに対しWi-Fiは、建物に引き込んである固定のインターネット回線を使ったインターネット通信です。

光回線などの固定のインターネット通信を無線で飛ばし、スマートフォンに接続することで使用することができます。

「モバイルデータ通信」がオンになっていてもオフになっていても、Wi-Fiの接続設定をして受信すればWi-Fiでの通信に切り替わります。

モバイルデータ通信には使用限度がある

モバイルデータ通信には、基本的に同月内で高速通信が利用できる通信量に上限が設定されています。

プランによって、「月5GBまで」のような上限があり、それを超えると通信速度が極端に遅くなってしまいます

大手通信キャリアのドコモ・au・ソフトバンクでは、5Gのプランが開始されるにあたって使用上限のないプランも続々出てきていますが、月額料金設定は比較的高めです。

それに対してWi-Fiは固定回線を利用しており、使用できる通信量に上限はありません。

モバイルデータ通信をOFFにするとどうなる?

モバイルデータ通信をOFFにすると、携帯電話会社の電話回線を使ったインターネット接続ができなくなります。

この際、使用できないのは「インターネット通信」なので、モバイルデータ通信がOFFになっていても電話とSMSは使用可能な状態となります。

モバイルデータ通信をOFFにした状態でインターネットを使用するためには、Wi-Fiが必要となります。

モバイルデータ通信をOFFにするメリット

モバイルデータ通信のON/OFFが切り替えられるようになっているということは、何らかの理由でモバイルデータ通信をOFFにするメリットが発生するということです。

モバイルデータ通信をあえてOFFにしたいシーンでよく想定されるのは次の2つです。

・データ通信量の節約
・海外旅行での高額請求を防ぐ

データ通信量の節約

ひとつめのメリットは、データ通信量を節約することができるという点です。

データ通信プランには料金が一定額のプランもあれば、使用した通信料に応じて段階的に料金が上がっていく仕組みのプランも存在します。

月々の使用料を安く抑えたい場合、Wi-Fiが接続されていないところで通信をしてしまわないようにあらかじめモバイルデータ通信をOFFにしておくと、データ通信量の節約になるでしょう。

こまめに現在のデータ通信量を確認しながら、あらかじめ想定していた通信料を超えそうになった時にモバイルデータ通信をOFFにすることで、上限への到達を避けることができます。

海外への旅行時に高額請求を防ぐ

海外でモバイルデータ通信を使用すると、データ通信量が非常に高額になります。

最近では海外旅行用の料金プランも提供されていますが、それでも日本国内の料金と比較すると非常に高額です。1日あたり数千円必要になるので、長期間海外に滞在する際は要注意です。

そんなときは、モバイルデータ通信をOFFにして現地のWi-Fiを使用することで通信料を節約することができます。モバイルデータ通信をOFFにするだけであれば通話はできるので、国際電話で日本と連絡を取ることも可能です。

モバイルデータ通信をOFFにするデメリット

モバイルデータ通信をOFFにすることで生まれるメリットの裏で、デメリットも発生します。

それは次の2つです。

・キャリアメールを使用するには設定が必要
・Wi-Fiが途切れてしまった時、復旧に時間がかかる

キャリアメールを使用するには設定が必要

大手通信キャリアが提供するメールアドレス(@docomo.no.jpなど)のキャリアメールを使って連絡を取る際は、あらかじめWi-Fiでも使用できるように設定をしておく必要があります

キャリアメールは大手通信キャリアで契約しているISPの認証が必要になるため、Wi-Fiに接続している状態だとモバイルデータ通信を使っていると見做されず、送受信ができません。

各キャリアごとの手順に従ってWi-Fiでも送受信ができるように設定しておきましょう。

Wi-Fi接続が途切れてしまった時、復旧に時間がかかる

自宅のWi-Fiルーターの調子が悪くなったり、端末の不具合などで一時的にWi-Fiへの接続が途切れてしまうことがあります。

その際、Wi-Fiルーターの再起動や端末の再起動などを試して復旧する必要がありますが、その間スマートフォンにはWi-Fiが接続されていない状態になるのでデータ通信を行うことができません。

この場合、急ぎの作業がある場合はモバイルデータ通信をONにするか別のWi-Fiがあれば繋ぎ直しをするなどの対策が必要になります。

モバイルデータ通信ON/OFFの設定方法

では、ここからは実際にモバイルデータ通信のON/OFFの切り替え手順について解説します。

使用する端末がiPhoneなのかAndroidなのかによって設定方法が異なるため、別々にご紹介します。

iPhoneの場合

iPhoneのモバイルデータ通信のON/OFF切り替え方法には2種類の方法があります。

それぞれの手順は次の通りです。

設定アプリから切り替える

iPhoneのモバイルデータ通信のON/OFF切り替え方法には2種類の方法があります。

それぞれの手順は次の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップする
  3. 「モバイルデータ通信」のボタンをタップしてON/OFFを切り替える

設定アプリから切り替えを行う場合、モバイルデータ通信にまつわる各種機能がある設定項目が多数あり、データ通信の月間使用料を閲覧することもできます。

 

コントロールセンターで切り替える

こちらはコントロールセンターからワンタップで切り替える方法です。

  1. コントロールセンターを表示させる
  2. 左上の緑のアイコンをタップしてON/OFFを切り替える

設定アプリから入っていくよりも簡単ですぐに切り替えることができます。

Androidの場合

Android端末のモバイルデータ通信のON/OFF切り替え方法にも2種類の方法があります。

それぞれの手順は次の通りです。

設定アプリから切り替える

Android端末の場合、設定アプリの中身は機種によって異なるため、一般的な構成を想定して解説します。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「ネットワークとインターネット」をタップする
  3. 「モバイルネットワーク」をタップする
  4. 「モバイルデータ」の横のボタンをタップしてON/OFFを切り替える

Androidの場合も設定アプリのモバイルデータ通信のページでデータ通信量の月額使用料を閲覧することができます。

 

通知バーから切り替える

Android端末も通知パネルからワンタップで切り替えが可能です。

  1. 画面上からスワイプして通知パネルを表示する
  2. そこにモバイルデータ通信のアイコンがない場合はもう一度下にスワイプする
  3. モバイルデータ通信のアイコンをタップしてON/OFFを切り替える

Androidは機種によって通知パネルの仕様も異なるため、一度通知パネルを表示してもモバイルデータ通信のボタンがない場合は、もう一段階スワイプして表示項目を増やしてみましょう。

切り替えを使いこなしてモバイルデータを節約しよう

ここまでが、モバイルデータ通信のON/OFF切り替えと使いこなしのコツとなります。

あらゆる場面でスマートフォンが必要になった現代において、わざわざモバイルデータ通信をOFFにする機会はいままでなかったという方が大半でしょう。

しかし、今回ご紹介した使い方をマスターすれば、Wi-Fiを賢く使いこなすことができるようになり、使用する通信量を節約することができます。

通信量を節約することができれば、毎月の携帯電話使用料を安く抑えることも可能です。

ご自宅にWi-Fi環境がある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
Pixel 3シリーズ

タイトルとURLをコピーしました