iPhone XRの口コミ・評判まとめ!良い点や悪い点も全て紹介。

iPhone
iPhone

「iPhone XRは実際のところどうなんだろう?口コミや評価が気になる!」機種変更を考えている人は、こんなことを考えることもあるかと思います。

公式サイトにあるようなメリットだけでなく、デメリットも見てから購入するか決めたいですよね。

そこでこの記事では、実際にiPhone XRを利用している人たちの口コミを検証して、良い点と悪い点をまとめました。内容を読めば、iPhone XRのリアルな評価を知られるようになっています。

ぜひ、機種変更する際の情報収集に役立ててみてください。

1. iPhone XRの良い点

iPhone XRの良い点は主に以下のとおり。各項目を詳しく解説します。

・カラーバリエーションが豊富

・シングルカメラでポートレートモードが使える

・値段が比較的安価

・デュアルSIM(物理SIM+eSIM)に対応

・処理能力が高い

1-1. カラーバリエーションが豊富

2色のiPhoneXR

iPhone XRはカラー展開が非常に多く、レッド(限定色)、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーの6パターンがあります。iPhone Xや XSではスペースグレイとホワイトが中心で、色があるのはゴールドのみでした。

そのため、他の機種とほとんどスペックが同じで、カラフルなiPhoneが好みの人には嬉しいデザインでしょう。特にイエローやブルーは珍しく、他の人と同じものを使いたくない人に人気のようですね。

また、女性からは、明るい印象で、少しピンクの色味も入っているコーラルが好評のようでした。

1-2. シングルカメラでポートレートモードが使える

iPhone XRのカメラはシングルカメラながらも、人気の機能であるポートレートモードが使えます。カメラ機能が充実しているiPhone XSや11では、カメラが複数あることでポートレートモードが可能でした。

しかしiPhone XRは、1つのカメラでも十分クオリティの高いポートレートが利用できるのが特徴です。

ただ、iPhone XRでポートレートモードが撮れるのは人物のみ。人を識別して撮影する仕組みになっているので、動物やものに対しては使えません。

1-3. 値段が比較的安価

iPhone XRは値段が比較的安く、手に入れやすいのもメリットの一つです。

またApple StoreではiPhone 12シリーズの発売発表にあわせてApple Storeでは販売価格が1万円値下げされ、

  • 64GBモデル 54,800円 (税別)
  • 128GBモデル 59,800円 (税別)

となりました。iPhone 11は64GB:64,800円、128GB:69,800円になのでちょうど1万円ずつ安く購入できます。また中古市場でもiPhone XRは徐々に流通量が増えてきており、新品よりも安く購入することができるようになってきました。

▼にこスマの取り扱いiPhone一覧を見る

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

1-4. デュアルSIM(物理SIM+eSIM)に対応

デュアルSIM機能もユーザーにとっては便利な点といえそうです。デュアルSIMとは、2つの異なる回線のSIMカードを利用できることです。日本で発売しているiPhoneはSIMカードが2枚挿さる訳ではなく、eSIMに対応しています。eSIMとは「Embedded SIM」の略で、抜き差しする物理SIMではなく端末に組み込まれたSIMです。

例えば、仕事用とプライベート用のスマートフォンを2台持っている人は、2つの電話番号を1台にまとめることができるので、便利になりますね。

また、2つの回線を持つことで節約につなげることもできます。「今まで使っているキャリアのSIMに加えて、eSIMでエンタメフリーオプションやカウントフリーがある格安SIMに契約する」など、iPhone XRを使っている人はうまくデュアルSIMを活用して、その機能に満足している人が多いようでした。

1-5. 処理能力が高い

Xシリーズの中でも廉価版といわれるiPhone XRですが、そのCPUは上位機種と同じA12 Bionicチップを使っています。そのため、動作が遅いと感じる人は少なく、むしろサクサク使えて満足しているようでした。

また、ログインする際の認証に使われるFace IDも、ストレスなく使えるため利便性の高さについての口コミが多い印象です。値段が安くても、そのスペックは十分なものと言えるでしょう。

 2. iPhone XRの悪い点

XRを利用している人が感じる悪い点は以下のとおりです。対処できる項目は、その解決法もあわせてご紹介します。

・他の機種に比べると画質が粗い

・ポートレートモードが人物しか使えない

・画面の上まで指が届かない

・ベゼル幅が大きめ

2-1. 他の機種に比べると画質が粗い

iPhoneXRのディスプレイ

XRはコストを抑えるために、有機ELディスプレイより比較的安い、液晶ディスプレイを採用しています。有機ELは白と黒をはっきり写すと言われていますが、液晶ディスプレイだと少し鮮やかさに欠けると感じるかもしれません。

また、画面の解像度の数値も、若干低いことが挙げられます。XRの解像度は1,792×828ピクセルですが、XSの場合は2,436 x 1,125ピクセル。

これまで高精細な端末を利用していた人にとっては、画質が粗く見えることもあるでしょう。

しかし、液晶ディスプレイがまったくだめなわけではありません。上位機種と比べてそこまで違いはないと思う人もいるため、画質に執着しなければそこまで気にならないでしょう。

2-2. ポートレートモードが人物しか使えない

シングルカメラでポートレートモードが使えるのは良い点ではありますが、対象が人物のみということに不満を持つ人も一定数います。

たしかに、料理やペットなど人以外のものを思い出に残しておきたいという人は多いですよね。そういったものにポートレートモードが使えないのは残念に感じられるでしょう。

ただ、最近は背景のボケ具合を調整できるアプリが出ています。そういった機能を使えば、XRを使って人以外のものもクオリティの高い写真を撮れるようになりますね。

2-3. 画面の上まで指が届かない

iPhoneXRを持っている画像

XRの大きさは6.1インチ。単位を直すと幅75.7mm、高さ150.9mm、厚さ8.3mmの大きさです。iPhone XSのような大型の機種より少し小さめですが、人によっては画面の上部まで操作できないことが不満になっています。

片手で気軽に使いたい忙しい人にとっては、指を伸ばしても上まで届かないのはストレスに感じられるでしょう。

しかし、この問題に対しては簡易アクセス機能という対処法があります。XRの場合は、画面の下部を下向きにスワイプすると、画面が下がって上部にも片手でアクセスできるようになります。

2-4.ベゼル幅が大きめ

 フルディスプレイのiPhoneのマイナス評価としてよく聞くのがベゼル幅。画面を囲う黒い縁部分のことで、ベゼル幅が大きいとスタイリッシュさに欠けると思う人が多いのです。

XRは、特にこのベゼル幅が太く、上部のノッチも大きいと言われています。画面が浮き出ているように見えて、ベゼルの太さに違和感を持ってしまうのです。

ベゼルの太さを解決するのは、正直なところ難しいでしょう。気になる人は、実際に手に取ってみて、自分がどう感じるか確かめてみてください。

まとめ:XRは廉価版といえど、スペックは十分。唯一のネックはベゼル幅

XRの利用者の口コミを知りたい人に向けて、ユーザーが感じる良い点や悪い点をご紹介しました。

XSの廉価版といわれるiPhone XRですが、スペックは十分高機能で、高い処理速度やシングルカメラのポートレートモードも好評です。そのデザインを気に入っている人もたくさんいます。

悪い点に関しては付属機能やアプリで補えるものが大半ですが、ベゼル幅が少し厚めなのが唯一のネックといえそうです。実物を見て、ベゼルが特に気にならない人にとっては、申し分ないiPhoneになるでしょう。

ここまで読んで、iPhone XRの購入をしようと考えている方は、ぜひにこスマの在庫もご覧ください!新品同様のものから、お得な中古品まで用意しています。

▼にこスマの取り扱いiPhone一覧を見る

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

タイトルとURLをコピーしました