iPhone 8のスペック・値段・サイズまとめ!中古市場でまだまだ人気のiPhone 8を徹底解説!

iPhone
iPhone

2016年9月に発売されたiPhone8シリーズ(iPhone8/8 Plus)。一世代前のiPhone7シリーズ(iPhone7/7 Plus)から処理能力が向上し、ワイヤレス充電に対応しました。ホームボタン付きiPhoneの完成形ともいえるモデルです。

2020年もまだまだ現役で使えるiPhone8シリーズのスペックや価格を、iPhone7シリーズやiPhoneSE(第2世代)と比較しながら徹底解説していきます。

iPhone8/iPhone8 Plusのスペック

iPhone8Plus

iPhone7シリーズ iPhone8シリーズ
発売日2016年9月16日2017年9月22日
本体カラー全6色全4色
背面素材アルミニウムガラス
ホームボタン(Touch ID)
画面サイズ4.7インチ(7 Plusは5.5インチ)4.7インチ(8 Plusは5.5インチ)
TrueTone×
メインカメラ1200万画素/F1.81200万画素/F1.8
光学式手振れ補正
4K動画撮影30fps最大60fps
チップA10 FusionA11 Bionic
メモリ2GB(7 Plusは3GB)2GB(8 Plusは3GB)
ストレージ32GB、128GB、256GB64GB、128GB、256GB
ワイヤレス充電×
バッテリー(動画再生)最大13時間(7 Plusは最大14時間)最大13時間(8 Plusは最大14時間)
スピーカーステレオステレオ
防水防塵
おサイフケータイ

iPhone8シリーズは、2016年9月に発売されたiPhone7シリーズの正統進化版です。一見すると変化がないようにも見えますが、処理能力の向上や自然な色味のディスプレイ(TrueTone)、ワイヤレス充電など、地味に大きく進化しています。

本体カラー・デザイン

iPhone8シリーズの外観について見てみましょう。

iPhone7シリーズiPhone8シリーズ
本体カラー
  • ゴールド
  • ローズゴールド
  • シルバー
  • ブラック
  • ジェットブラック
  • (PRODUCT)RED
  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ゴールド
  • (PRODUCT)RED
背面素材アルミニウムガラス

iPhone8シリーズでは、ワイヤレス充電に対応した関係で、背面素材が従来のアルミニウムからガラスに変わりました。アルミとガラス、どちらがいいかは好みにもよりますが、iPhone7シリーズまであったアンテナラインは完全に消滅。よりシンプルですっきりしたデザインに仕上がっています。

iPhone8の背面画像

背面素材の変更に伴って、カラーバリエーションも一新されました。iPhone7シリーズの「ブラック」と「ジェットブラック」が廃止され「スペースグレイ」に。また、iPhone6以来、主に女性に人気があった「ローズゴールド」が廃止されています。iPhone7シリーズで初登場の限定色、「(PRODUCT)RED」は健在です。

ディスプレイ・サイズ

iPhone7シリーズ iPhone8シリーズ
画面サイズ4.7インチ(7 Plusは5.5インチ)4.7インチ(8 Plusは5.5インチ)
解像度1,334×750ピクセル(7 Plusは1,920×1,080ピクセル)1,334×750ピクセル(8 Plusは1,920×1,080ピクセル)
画素密度326ppi(7 Plusは401ppi)326ppi(8 Plusは401ppi)
広い色域(P3)
3D Touch
TrueTone×

iPhone8シリーズでは、周囲の環境に合わせて画面のホワイトバランス(色温度)を調節する「TrueTone」ディスプレイに対応しました。TrueToneのおかげで、周囲の環境になじんだ色味で表示が可能に。たとえば、部屋の照明が暖色系(オレンジ色)であれば、画面もオレンジがっかった色味に変化します。

画面サイズや解像度などは、iPhone7シリーズと同等です。iPhone6で初採用された「3D Touch(画面を強く押し込むことでアプリのメニューに素早くセスできる機能)」も搭載しています。

ただし、2020年現在では3D Touchの有無はあまり気にする必要はありません。最新のiPhone11シリーズでは3D Touchが省かれており、今後は、画面を長押しすることで3D Touchと同等の機能を実現する「触覚タッチ」に統合される予定です。

iPhone8とiPhone7のサイズは下記のとおり。

iPhone7 iPhone8
本体サイズ138.3×67.1×7.1mm138.4×67.3×8.3 mm
重量138g148g

iPhone8シリーズの本体サイズは7シリーズと同等で、同じケースを使いまわせるほど。実際は、背面素材の変更もあり、iPhone8シリーズのほうがわずかに大きく重くなっています。

カメラ

iPhoneのカメラ機能は、iPhone7で大幅に進化しました。F1.8の明るいレンズや光学式手振れ補正に対応(iPhone6s Plusで初搭載)したことで、夜景や薄暗い室内など、暗所での画質が格段に向上しました。

iPhone8シリーズのカメラスペックは、基本的にiPhone7シリーズと同等ですが、HDRが賢くなり、明暗差のある場面に強くなりました。カメラ性能(画質)を評価するベンチマークサイト「DxoMark」のスコアを見ると、iPhone7の「86」からiPhone8では「92」と、順当に進化しています。

iPhone7シリーズiPhone8シリーズ
レンズ(メインカメラ)F1.8(28mm相当)F2.2(28㎜相当)
光学式手振れ補正
イメージセンサー1,200万画素1,200万画素
LEDフラッシュクアッドLEDクアッドLED
スローシンクロ×
インカメラF2.2/700万画素F2.2/700万画素
4K動画撮影〇(30fps)〇(24fps・30fps・60fps)
スローモーション撮影〇(1080p/120fps)〇(1080p/240fps)
DxoMarkスコア82(iPhone7)92(iPhone8)

またiPhone8シリーズでは、夜景のように背景が暗い場面でも、人物と背景、どちらも明るく撮影できる「スローシンクロ」にも対応。

iPhone6sシリーズで初めて対応した4K動画撮影は、iPhone8シリーズで60fps(従来は30fps)になり、よりなめらかな撮影が可能になりました。スローモーション動画も、1080p240fps(iPhone7シリーズは1080p120fps)で撮影可能です。

iPhone8とiPhone8 Plusのカメラスペック比較

iPhone8 iPhone8 Plus
レンズF1.8(28mm相当)F1.8(28㎜相当)・F2.8(56mm相当)
光学式手振れ補正〇(広角レンズのみ)
デジタルズーム最大5倍最大10倍
ポートレートモード×

iPhnoe8 PlusはiPhone7 Plusと同様に、広角レンズ(28mm相当)のほかに望遠レンズ(56mm)も搭載したデュアルレンズカメラ仕様です。ズームに強いだけでなく、2つのレンズを生かして背景ボケ(被写界深度エフェクト)のある写真を撮影できる「ポートレートモード」にも対応しています。

iPhone8 Plusと同時期に発売されたiPhoneXも、デュアルレンズカメラです。上位機種のiPhoneXは、望遠レンズも光学式手振れ補正に対応しています。光学式手振れ補正機能の対応状況は下記のとおりです。

広角レンズ望遠レンズ
iPhone6s/6s Plus×/〇-/×
iPhone7/7 Plus〇/〇-/×
iPhone8/8 Plus〇/〇-/×
iPhoneX

チップ(CPU・GPU)

iPhone7シリーズiPhone8シリーズ
チップA10 Fusion(4コア)A11 Bionic(6コア)
Neural Engine×
製造プロセス14nm10nm

iPhone8に搭載されている「A11 Bionic」チップは、iPhone7に搭載されていた「A10 Fusion」チップから大幅に性能が向上しています。AI(人工知能)に関わる処理を専門に担う「Neural Engine(ニューラルエンジン)」を搭載したことで、画像や音声の認識にも強くなりました。

CPUとGPUの処理能力を計測するベンチマークアプリ「Geekbench5」のスコアは下記のとおり。

 iPhone7iPhone8
CPU(シングルコア)739918
CPU(マルチコア)13102194
グラフィック27893142

2017年に発売されたiPhone8ですが、その処理能力は、2020年現在の基準でもかなり高いレベルにあります。マルチコアの「2194」という値は、2019年に発売されたGoogle Pixel4と同等。シングルコアの「918」という値にいたっては、現状Android端末で最速の「OnePlus8(Snapdragon 865)」を上回ります。

処理能力はCPUの早さだけで決まるものではありませんが、4K動画編集など、よほど負荷のかかる処理をしない限り、iPhone8の性能に不満を覚えることはないでしょう。

メモリ

iPhone8シリーズのメモリ(RAM)容量は、iPhone7シリーズと同じで、iPhone8が2GBでiPhone8 Plusが3GBです。

ちなみに、最新のiPhone11シリーズのメモリ容量は、全機種で4GBになりました。

ストレージ

iPhone8シリーズのストレージ容量は、32GBモデルが廃止されて64GBモデルにからになりました。

iPhone7シリーズ iPhone8シリーズ
ストレージ
  • 32GB
  • 128GB
  • 256GB
  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB

ワイヤレス充電・バッテリー

 

iPhone7シリーズiPhone8シリーズ
ワイヤレス充電×
バッテリー(動画再生) 最大13時間(7 Plusは最大14時間) 最大13時間(7 Plusは最大14時間)

iPhone8シリーズの最も大きな進化は「Qi(ワイヤレス充電)」に対応したことです。充電のためにケーブルを差す必要がなく、充電器に置くだけでOKな便利な機能。ワイヤレス充電機能は、iPhone8シリーズ/iPhoneX以降、全てのiPhoneが対応しています。

先にお伝えしたとおり、iPhone8シリーズの本体サイズは7シリーズとほぼ同じです。限られたスペースにワイヤレス充電機能を搭載するために、iPhone8シリーズのバッテリー容量は7シリーズから若干減少しました。ただし、「A11 Bionic」チップがより省電力になったので、iPhone7シリーズと同等のバッテリー駆動時間を実現しています。

また、iPhone7シリーズと同様に、iPhone8よりも、iPhone8 Plusの方がやや長持ちする傾向にあります。

防水防塵・おサイフケータイ

iPhone7シリーズに引き続き、「防水防塵」と「Felica(おサイフケータイ)」に対応しています。

iPhone7シリーズiPhone8シリーズ
防水防塵〇(IP67)〇(IP67)
Felica(おサイフケータイ)

iPhone8シリーズの防水防塵性能は、iPhone7シリーズと同じIP67。これは、防塵性能が6級(完全防塵)、防水性能が7級(最大30分の水没に耐えられる)ということを意味します。

iPhone8とiPhone7の違い

iPhone8の背面画像

iPhone8の1年前に発売されたiPhone7ですが、完成度が高いわりに価格が安く、コストパフォーマンスに優れた機種です。iPhone7とiPhone8で迷われている方も多いのではないでしょうか?

iPhone8とiPhone7の違いは下記のとおり。

iPhone7iPhone8
本体カラー全6色全4色
背面素材アルミニウムガラス
TrueTone×
スローシンクロ×
4K動画撮影30fps最大60fps
スローモーション撮影フルHD/120fpsフルHD/240fps
チップA10 FusionA11 Bionic
ストレージ32GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB
ワイヤレス充電×

「処理能力にはこだわりたい」、「ワイヤレス充電機能が欲しい」という方にはiPhone8がおすすめです。

iPhone8とiPhoneSE(第2世代)の違い

2020年4月、iPhone8をベースに処理能力が大幅に向上したiPhoneSE(第2世代)が発売されました。iPhone8以来、約3年ぶりのホームボタン(Touch ID)搭載モデルです。

搭載チップが「A13 Bionic」に刷新され、メモリ容量も3GBに。より長く快適に使えるモデルに仕上がっています。

ちなみに、iPhoneSE2はiPhone8のパーツが多く流用されていて、ディスプレイやカメラモジュールはまったく同じ。iPhoneSE2は「強化版のiPhone8」といえるモデルです。

iPhone8/8 Plusの価格

性能的にはまだまだ現役のiPhone8シリーズですが、新品で入手するのは難しくなってきました。

2020年4月、iPhoneSE(第2世代)が登場したタイミングでApple Storeでの販売が終了。iPhone8については、まだ大手キャリアでの取り扱いはありますが、在庫がほとんどない状態が続いているので、実質的には販売終了状態です。

在庫 64GB128GB256GB
Apple Store×××
大手キャリア×
格安SIM××
中古ショップ・フリマアプリ

2020年8月現在、新品のiPhone8が契約できるのは、格安SIMのmineoのみ。価格は256GBモデルが56,400円(回線契約必須)です。iPhone8から処理能力が大幅に向上したiPhoneSE2との価格差がほとんどないので、今から新品で購入するのはおすすめできません。

ただし、中古市場では2万円台で美品が手に入るので、コストパフォーマンスは高いです。

まとめ

高い完成度を誇るiPhone7シリーズから、処理能力が向上しワイヤレス充電にも対応したiPhone8シリーズ。iPhoneの一つの完成形といえるモデルです。2017年9月の発売から3年経った今でも、快適に使えます。

2020年秋に配信される「iOS14」は、2015年秋に発売されたiPhone6sシリーズにも対応しているので、iPhone8は今から購入しても、まだ2、3年は現役で使えます。

  • iPhoneを安く手に入れたい
  • ホームボタン(Touch ID)はあった方がいい
  • 処理能力は妥協したくない
  • ワイヤレス充電機能が欲しいという方

は、ぜひ購入を検討されてみてください。

自宅からiPhoneを格安で購入したい場合は「にこスマ」!

「やっぱり実店舗へ足を運ぶのは大変・・・」と言う方は、

ぜひ「にこスマ」でお気に入りの端末を探してみてください!

▼にこスマの公式TOPを見る

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

タイトルとURLをコピーしました