iPhone7の防水機能や防塵性能はどれくらい?お風呂では使える?

iPhone
closeup phone be waterproof shot on black background
iPhone 使い方
iPhone7は完全防水なの?性能はどれくらい?
お風呂で使っても大丈夫?
iPhone7を使っている方や購入を検討している方の中には、上記のような疑問を抱いている方もいらっしゃるかと思います。

結論から言ってしまうと、「耐水性はあるが完全防水ではない」というのがiPhone7の特徴です。完全防水ではないため、水場で使用する際は注意が必要になってきます。

この記事では、iPhone7の「防水性能」「防塵性能」や、「水場で使う際の注意点」などを詳しくご紹介していきます!

iPhone7の耐水性能・防塵性能はどれくらい?

iPhoneシリーズは、今回ご紹介するiPhone7から「耐水・防塵機能」が搭載されました。
その名の通り、「"耐水機能"は水に耐えられる機能」「"防塵機能"は細かいホコリやゴミからスマホ内部を守る機能」という意味です。
この項目では、iPhone7にはどれくらいの「耐水・防塵機能」があるのかを見ていきます。

iPhone7の防水性能

Apple公式では、iPhone7の防水性能は「IP67」であると説明されています。
「IP67」とは聞きなれない数値かもしれません。「IP67」は、「水深1mまで、最長30分水に耐えられる」ことを証明する数値です。

つまり、うっかり水に落としてしまってもすぐに拾い上げて対処をすれば問題なく使えるということですね。また、多少雨に当たったりする程度でも問題なく使用できるでしょう。
しかし、ここで注意しておきたいのが「優秀な耐水性能」はあるが「完全防水ではない」ということです。
水に落としてしまっても大丈夫な耐性があるだけで、水場で使用しても完全に壊れない保証があるというわけではないので、水場での使用には注意が必要です。

iPhone7の防塵性能

iPhone7はの防塵性能は、電子機器の保護等級を定める国際基準(国際電気標準会議)の中で最もレベルの高い等級「6」で、「粉塵が内部に侵入しない」ことが実験でわかっています。

iPhoneにホコリやゴミが付いてしまっても、細かい部品などがある内部には侵入しないよう作られているということですね。多少の砂やホコリが付いてしまっても問題なく使用ができるでしょう。

iPhone7をお風呂で使うのは非推奨!

さきほど、iPhone7はうっかり水に落としても大丈夫な「耐水性能」あっても、プールやお風呂などの水場で問題なく使えるほどの「防水性能」はないことをご説明しました。

Apple公式でも、水での故障を防ぐためiPhoneを使用する際に以下の行為は控えるよう呼び掛けています。

・iPhoneを着用したまま泳ぐまたは入浴する
・iPhoneをサウナやスチームルームで使う
・iPhoneを意図的に水没させる
・推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下でiPhoneを作動させる
引用元:iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について - Apple サポート

iPhoneの耐水性能テストは常温の水で行われているため、お風呂の「お湯」などにも耐性があるとは明記されていません。また、風呂場ではどうしても温度・湿度ともに高くなりますので、お風呂場での使用は非推奨となっています。

どうしても水場で使いたい場合は?

「完全に防水でなくても、どうしても水場で使いたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。この項目では、どうしても水場でiPhoneを使いたい場合の工夫や注意点をご紹介します。

防水ケース・ポーチを使う

水場でiPhoneを使用したい方向けに、「防水ケース」や「防水ポーチ」が販売されており、種類によっては完全に水の侵入を防いでくれるものもあります。

優秀なものも多いので、どうしても水場で使用をする場合は購入を検討してみてください。

万が一水没した場合の対処法を知っておく

水場でiPhoneを使って万が一iPhoneを水没させてしまった場合も、適切な対処をすればその後も問題なく安全に使えます。
水場で使用をする前に、水没してしまった時の対処法をぜひ知っておいてください。

1.端末が水以外の液体で濡れている場合は、濡れた部分を水道水ですすぐ
2.やわらかい布を用意し、端末を優しく拭く
3.iPhoneがひどく濡れており乾かしたい場合は、「風通しの良い場所で自然乾燥させる」または「扇風機の優しい風でかわかす」

他のiPhoneシリーズと防水機能を比較!

これまで、iPhone7の防水・防塵機能についてご紹介してきましたが、「iPhone 7は、他の機種と比べてどれくれい防水・防塵機能があるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。この項目では、歴代シリーズとiPhone 7の防水・防塵機能を一覧で比べていきます。

機種防水機能防塵機能
iPhone 6シリーズ以前防水機能なし防塵機能なし
iPhone 7シリーズIP67 等級
(深さ 1 m まで、最長 30 分間耐えられる)
粉塵が内部に侵入しない
iPhone 8シリーズ
iPhone X
iPhone XR
iPhone SE(第2世代)
iPhone XS/XS MaxIP68 等級
(深さ 2 m まで、最長 30 分間耐えられる)
※飲み物をこぼしてしまっても耐性あり
iPhone 11シリーズ
iPhone 12シリーズiPhone 12シリーズIP68 等級
(深さ 6 m まで、最長 30 分間耐えられる)
※飲み物をこぼしてしまっても耐性あり

 

機種によって「耐えられる水深」が違う

防水機能の一覧を見てわかることは、機種ごとに「耐えられる水深が違う」ということです。

どの機種も、水の中で耐えられる時間に大きな違いはありません。よほど深い水場に落ちる危険性があるならiPhone XR、iPhone 11、iPhone 12シリーズがおすすめですが、ただ耐水性を求めるだけならiPhone 7でも十分優秀であると言えるでしょう。

iPhone 7は一般的な飲み物への耐性が保証されていない

iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12シリーズは水以外にもコーヒーやジュースなど一般的な飲み物をこぼしてしまっても耐性があるとされています。

ですが、残念ながらiPhone 7では一般的な飲み物に対する耐性は保証されていません。「よくiPhoneの近くに飲み物を置く」という方は、コーヒーなどにも耐性のある機種を選ぶのも良いでしょう。

防塵機能はiPhone 7以降すべて同じ

防水機能は各機種によって異なりましたが、「防塵機能」においてはiPhone 7以降すべて同じレベルになっています。

iPhone 7でも最新機種と変わらない優秀な防塵機能が備わっていますので、ホコリ・ゴミなどが原因で壊れてしまう心配はかなり軽減されていると言えるでしょう。

まとめ:iPhone 7に「完全防水」ではないが「耐水・防塵機能」が優秀!

今回は、iPhone 7の防水機能についてご紹介しました。

iPhone 7は、万が一水の中に落としても大丈夫な「耐水機能」があることがわかりました。ただし「完全防水」ではないため、お風呂の中で使うことは推奨されていません。

もし、プールなどの水場で使う際は「防水ケースを使う」などの工夫が必要になってきます。

iPhone 7の耐水機能・防塵機能の正しい知識を身に付けておけば、より安全に長くiPhone 7を楽しむことができるでしょう。

iPhone 7を格安で購入したい時は「にこスマ」!

「にこスマ」では今回ご紹介したiPhone 7はもちろん、iPhone 8やiPhone XRなどの他のiPhone端末、Android端末を幅広く取り扱っております。

ぜひ「にこスマ」であなたにピッタリの端末を探してみてください!

にこスマで販売中のiPhone一覧

Loading component ...
タイトルとURLをコピーしました