iPhone7とiPhone7plusのスペックを徹底比較!気になるサイズやカメラ性能はどう違う?

iPhone
iPhone

2016年9月に発売されたiPhone7シリーズ(iPhone7/7 Plus)。発売から4年経った今でも根強い人気があります。そんなiPhone7シリーズの購入を検討している方に向けて、iPhone7とiPhone7 Plusの違いを徹底解説していきます。

iPhone7/7 Plusのスペック

iPhone7とiPhone7Plusが並んでいる画像

まず始めに、iPhone7シリーズのスペックを見てみましょう。

iPhone7シリーズは6sシリーズから性能が向上しただけでなく、カメラ機能の強化や防水防塵・おサイフケータイ対応など大幅に進化しています。

iPhone7シリーズ iPhone6sシリーズ
発売日2016年9月16日2015年9月25日
本体カラー全6色全4色
イヤホンジャック×
ホームボタンタッチセンサー式物理式
カメラレンズ広角(7 Plusは広角+望遠)広角
光学式手ぶれ補正×
CPUA10 FusionA9
メモリ2GB(7 Plusは3GB)2GB
ストレージ32GB、128GB、256GB16GB、64GB、128GB
バッテリー(動画再生)最大13時間(7 Plusは最大14時間)最大11時間(6s Plusは最大14時間)
スピーカーステレオモノラル
防水防塵×
おサイフケータイ×

本体カラー・デザイン

iPhone7の全色を並べた画像

iPhone7シリーズでは、本体カラーのバリエーションが4色から6色に増えました。「スペースグレイ」が廃止され、「ブラック(つやなし)」と「ジェットブラック(つなあり)」が追加。iPhone7シリーズ発売から半年後には「(PRODUCT)RED」も発売されました。

iPhone7シリーズiPhone6sシリーズ
本体カラー
  • ゴールド
  • ローズゴールド
  • シルバー
  • ブラック
  • ジェットブラック
  • (PRODUCT)RED
  •  ゴールド
  • ローズゴールド
  • シルバー
  • スペースグレイ

iPhone7シリーズは6sシリーズと同じアルミ筐体を採用しています。6sシリーズと比較してアンテナライン(いわゆるDライン)が目立たないデザインに

 

また、iPhone7シリーズでは、本体底部にあった3.5mmイヤホンジャックが廃止されたり、物理ホームボタンも廃止されて、タッチセンサー式のホームボタンになったり、よりシンプルで一体感のあるデザインになっています。

なお、ホームボタンに内蔵された「Touch ID(指紋センサー)」は健在です。

ディスプレイ・サイズ

iPhone7シリーズのディスプレイサイズは、iPhone7が4.7インチでiPhone7 Plusが5.5インチ。6sシリーズと比較して、画面輝度がより明るくなりました。

iPhone7 iPhone7 Plus
画面サイズ4.7インチ5.5インチ
解像度1334×750ピクセル1920×1080ピクセル
画素密度326ppi401ppi
広い色域(P3)
画面輝度最大625cd/m2最大625cd/m2

iPhone7とiPhone7 Plusのサイズ比較は下記の通り。

iPhone7 iPhone7 Plus
画面サイズ4.7インチ5.5インチ
解像度1,334×750ピクセル1920×1080ピクセル
本体サイズ138.3×67.1×7.1mm158.2×77.9×7.3mm
重量138g188g

iPhone7 Plusの方が画面が大きい分、縦に2cm、横に1cmほど大きいです。

カメラ

iPhone7シリーズで一番大きく進化したのがカメラ機能です。F1.8の明るいレンズ光学式手ぶれ補正機能に対応したことで夜景や薄暗い室内などの暗所に強くなりました。

iPhone7 PlusではiPhoneシリーズとしては初めて、望遠レンズを搭載したデュアルレンズカメラ仕様に。一眼レフのような背景ボケを楽しめる「ポートレートモード」にも対応しています。

iPhone7とiPhone6sのカメラスペック比較

iPhone7iPhone6s
レンズF1.8(28mm相当)F2.2(28㎜相当)
光学式手ぶれ補正×
イメージセンサー1,200万画素1,200万画素
LEDフラッシュクアッドLEDデュアルLED
インカメラF2.2/700万画素F2.2/500万画素
4K動画撮影〇(30fps)〇(30fps)
スローモーション撮影 〇(フルHD/120fps)〇(フルHD/120fps)
高効率フォーマット〇(HEIF・HEVC)×
DxoMarkスコア8682

明るいレンズや光学式手ぶれ補正機能以外にも、インカメラでもフルHD動画が撮影できるようになったり、より効率よく圧縮できる新フォーマットに対応するなど、随所に進化が見られます。

iPhone7とiPhone7 Plusのカメラスペック比較

iPhone7 iPhone7 Plus
レンズF1.8(28mm相当)F1.8(28㎜相当)・F2.8(56mm相当)
光学式手ぶれ補正〇(広角レンズのみ)
デジタルズーム最大5倍最大10倍
ポートレートモード×

IPhone7 Plusは望遠レンズを搭載したことで、ズームに強く、また2つのレンズを生かしたポートレートモードにも対応しているのが特長です。

CPU

iPhone7シリーズに搭載されている「A10 Fusion」チップは、iPhone6sシリーズに搭載されていた「A9」チップから1.4倍ほど処理速度が速くなりました。処理速度を測るベンチマークアプリ「Geekbench5」の平均スコアは下記の通り。

 iPhone7iPhone6s
CPU(1コア当たり)739540
CPU(全体)1310987
グラフィック27892221

メモリ

iPhone7シリーズのメモリ(RAM)容量は公式には公開されていませんが、iPhone7で2GB、iPhone7 Plusで3GBと判明しています。

ストレージ

iPhone7シリーズのストレージ容量は32GB~256GBです。

iPhone7シリーズ iPhone6sシリーズ
ストレージ
  • 32GB※
  • 128GB
  • 256GB
  • 16GB
  • 64GB
  • 128GB

※「PRODUCT(RED)」では、32GBモデルは用意されておらず、128GBか256GBのみ。「ジェットブラック」も、発売当初は32GBモデルは用意されていませんでしたが、発売から1年後に256GBモデルの販売終了に伴い32GBモデルが追加されました。

バッテリー

iPhone7シリーズのバッテリー駆動時間は、iPhone6sシリーズよりも1、2時間ほど伸びています。

iPhone7 iPhone7 Plus
Wi-Fi通信最大14時間最大15時間
データ通信(LTE)最大12時間最大13時間
動画再生最大13時間最大14時間

iPhone7よりもiPhone7 Plusの方が画面が大きい分消費電力は高めですが、それ以上にバッテリー容量が大きいため、iPhone7 Plusの方がやや長持ちする傾向にあります。

ステレオスピーカー

従来のiPhoneのスピーカーは本体底面のみから音が出るモノラル仕様でしたが、iPhone7シリーズでは受話口からも音が出るようになり、ステレオスピーカーになりました。

防水防塵

iPhone7シリーズでは、iPhoneシリーズとしては初めて「防水防塵」に対応しました。防水防塵性能を表す保護等級は「IP67」。これは、防塵性能が6級(完全防塵)、防水性能が7級(最大30分の水没に耐えられる)ことを意味します。

おサイフケータイ

iPhone7シリーズでは防水防塵に加えて、さらに「おサイフケータイ(FeliCa)」にも対応。iPhone一台でSuicaやiDなどの電子マネーが使えるようになりました。

iPhone7 と iPhone7 Plus 迷ったらどっち!?

iPhone7とiPhone7Plusが並んでいる画像

ここまでお伝えしてきたように、iPhone7シリーズではカメラ機能の進化や防水防塵・おサイフケータイ対応など、iPhone6sシリーズから大きく進化しました。2020年秋に公開予定のiOS14にも対応し、まだまだ現役で使えるiPhone7シリーズ。iPhone7とiPhone7 Plusのどちらがいいか迷っている方に向けて、両者の違いを解説していきます。

iPhone7とiPhone7 Plusの主な違いは下記の通り。

iPhone7 iPhone7 Plus
本体サイズ138.3×67.1×7.1mm158.2×77.9×7.3mm
重量138g188g
画面サイズ4.7インチ5.5インチ
画面解像度1334×750ピクセル1920×1080ピクセル
カメラレンズ広角広角+望遠
ポートレートモード×
メモリ2GB3GB
バッテリー(動画再生)最大13時間最大14時間

iPhone7とiPhone7 Plus、基本性能はほぼ同じですが、iPhone7 Plusの方がメモリ容量やバッテリー持ちで少しだけ有利。両機種の主な違いは本体サイズ・重量とカメラ機能です。

ライトユーザーにはiPhone7がおすすめ

iPhone7の魅力は、本体サイズが小さく重量も軽いこと。片手操作や持ち運びが苦になりません。処理速度やメインカメラの性能など、基本性能はiPhone7 Plusと共通なので、機動力やコストパフォーマンスを重視したい人におすすめです。

また、iPhone7 Plusよりも人気があるため、ケースやカバーの選択肢も多い傾向にあります。

ヘビーユーザーにはiPhone7 Plusがおすすめ

iPhone7 Plusの魅力は、大画面とデュアルレンズカメラです。ゲームや動画、漫画などのコンテンツを大画面で見たい人、カメラ機能にこだわる人におすすめです。

iPhone7/7 Plusを入手するには

2020年8月現在、iPhone7シリーズが購入できる場所を調べてみました。

iPhone7 iPhone7 Plus
Apple公式ストア××
大手キャリア××
格安SIM×
中古販売

Apple公式ストアや大手キャリアでは、iPhone7シリーズの取り扱いはすでに終了しています。格安SIM各社でもiPhone7 Plusの取り扱いはありません。新品のiPhone7の取り扱がある格安SIM業者は下記の3社。

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル

それ以外の入手方法としては、中古ショップやフリマアプリなどを利用することになります。

まとめ

2016年9月の発売から4年経つiPhone7シリーズですが、6sシリーズから大きく進化し、機能的にも性能的にもまだまだ現役です。

  • 機動力やコストパフォーマンスを重視する方にはiPhone7がおすすめ
  • 大画面やカメラ機能にこだわる方にはiPhone7 Plusがおすすめ

いまだに根強い人気があるiPhone7シリーズですが、すでにApple公式サイトや大手キャリアでは手に入らないので、中古ショップなどで探してみてください。

自宅からiPhoneを格安で購入したい場合は「にこスマ」!

「やっぱり実店舗へ足を運ぶのは大変・・・」と言う方は、

ぜひ「にこスマ」でお気に入りの端末を探してみてください!

▼にこスマの公式TOPを見る

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

タイトルとURLをコピーしました