iPhone7シリーズ(7/7 Plus)の全色画像紹介!人気カラーは?

iPhone
iPhone

2016年9月に発売されたiPhone7シリーズ(iPhone7/iPhone7 Plus)。iPhone6sシリーズからカメラ機能が強化され、iPhoneシリーズとしては初めて防水防塵やおサイフケータイに対応するなど、随所に進化しています。

その完成度の高さもあって、発売当初はそれまでで最も売れたiPhone6シリーズを上回る盛り上がりを見せました。発売から4年経った今でも、コストパフォーマンスに優れている機種として人気があります。

この記事では、そんなiPhone7シリーズのデザイン、特に、本体カラーに注目して詳しく解説していきます。

iPhone7/7 Plusのデザイン

iPhone7とiPhone7Plusが並んでいる画像

iPhone7シリーズは6sシリーズと比べて、アンテナライン(いわゆるDライン)が目立たなくなりました。とくに、「ブラック」や「ジェットブラック」では、アンテナラインがどこにあるかわからないほど。

iPhone6sとiPhone7のアンテナライン

また、イヤホンジャックの廃止やタッチ式のホームボタン採用によって、よりシンプルで一体感のあるデザインに仕上がっています。

筐体はiPhone6sシリーズ以前と同じアルミニウム(7,000番台)です。iPhone7シリーズは、アルミ筐体を採用した最後のモデルになりました。アルミ筐体には、傷や衝撃に強い(割れづらい)というメリットがありますが、2017年秋に発売されたiPhone8シリーズ(iPhone8/8 Plus)とiPhoneXからワイヤレス充電に対応した関係で、背面の素材がガラスに変更されています。

iPhone7/7 Plusの本体カラー

全色のiPhone7を並べた画像

iPhone7シリーズの本体カラーは、6sシリーズの全4色から全6色になりました。

iPhone7 iPhone6s
本体カラー
  • ブラック
  • シルバー
  • ゴールド
  • ローズゴールド
  • ジェットブラック
  • (PRODUCT)RED
  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ゴールド
  • ローズゴールド

iPhone7シリーズでは、iPhone5から6sシリーズまで定番だった「スペースグレー」が廃止され、新たに、「ブラック(光沢なし)」と「ジェットブラック(光沢あり)」が追加されています。

発売から半年経った2017年3月には、赤色の「(PRODUCT)RED」が発売。2020年8月現在は、(PRODUCT)REDとジェットブラックは販売終了し、

  • ブラック
  • シルバー
  • ゴールド
  • ローズゴールド

の4色展開となっています。

それぞれのカラーの特徴を詳しく見てみましょう。

ブラック

iPhone7(ブラック)

iPhone7シリーズでは、5sシリーズから続いてきた「スペースグレイ」が廃止されて、「ブラック(つやなし)」と「ジェットブラック(つやあり)」が追加されました。

ブラックの特徴は次の2つ。

  • 傷や指紋が目立ちづらいマットな質感
  • アンテナライン目立たない

シンプルかつ実用的なデザインを求める方におすすめです。

なお、現行の4色のうち黒色のフロントパネル(前面パネル)を採用しているのはブラックのみです。

シルバー

iPhone7(シルバー)

MacやiPadなど、他のApple製品にも長年採用され続けてきた「シルバー」。iPhoneシリーズでも、2012年に発売されたiPhone5から採用され続けています。

白を基調としたシンプルなデザインが特徴。シンプルなデザインを求める方、他のApple製品と合わせたい方におすすめです。

ゴールド

iPhone7(ゴールド)

高級感があり、男女問わず使いやすい「ゴールド」。iPhone5sではじめて登場して以来、すっかり定着したカラーです。

シルバーとゴールドは、最新のiPhone11/11 Proでも健在です。

ローズゴールド

iPhone7(ローズゴールド)

iPhone6シリーズはじめて登場して以来、とくに女性から支持を集めた「ローズゴールド」。可愛らしさと高級感が特徴です。

残念ながら、iPhone8シリーズ以降では廃止されてしまったので、今ではすっかり貴重なカラーになりました。

ジェットブラック

iPhone7(ジェットブラック)

iPhone7発売当時に、もっとも話題になったカラーが「ジェットブラック」です。ピアノの黒い鍵盤のような美しい光沢のあるジェットブラックには、9段階の酸化皮膜処理と研磨加工という特別な加工が施されています。

iPhone 7 - デザイン

ジェットブラックはパッケージも黒地ベースの特別仕様。

 

ジェットブラックは美しさと高級感がある一方で、傷つきやすく、発売当初は大きな話題になりました。その繊細さはApple自身も認めるほどで、ケースをつけて使用することを推奨しています。

“ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。(中略)磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

”引用:https://support.apple.com/kb/SP743?locale=ja_JP

発売当初は32GBモデルがなく128GBモデルと256GBモデルのみでしたが、発売から1年後の2017年9月に256GBが販売終了になり、代わりに32GBがラインナップに加わりました。

2018年9月、iPhoneXR・Xsシリーズが発表・発売されたタイミングで、ジェットブラックはすべてのモデルが販売終了となり、現在は中古品のみ入手可能です。

PRODUCT(RED)

iPhone7(PRODUCTRED)

iPhone7の発売から半年後の2017年3月には、赤色の「(PRODUCT)RED」が発売されました。エイズ(HIV)の支援団代「RED」にちなんだもので、端末の売り上げの一部は「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付されます。

容量は、ジェットブラックと同じく128GBモデルと256GBモデルのみ。半年間の限定カラーで、2017年9月に販売終了となりました。

(PRODUCT)REDはiPhone7で初登場して以降、最新のiPhoneシリーズにも受け継がれています。

iPhone7の各カラー比較動画

iPhone7シリーズの各カラーを比較している動画をまとめました。

iPhone 7: Black vs Gold vs Silver vs Rose Gold!

現在発売されているiPhone7シリーズのレギュラーカラーを比較した動画です。

iPhone 7 Unboxing (Jet Black and Black)

ブラックとジェットブラックの比較。

Apple iPhone 7 & 7 Plus (PRODUCT RED): Unboxing & Review

(PRODUCT)REDのレビューです。

iPhone7/7 Plusの販売状況

ここまでお伝えしてきたように、iPhone7シリーズはカラーによって販売状況が異なります。iPhone7シリーズはApple公式ストアや大手キャリアでの取り扱いがすでに終了しており、格安SIM各社でもiPhone7 Plusの取り扱いはありません。

新品のiPhone7の取り扱がある格安SIM業者は、下記の3社。

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル

いずれも32GBモデルと128GBモデルのレギュラーカラー(ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド)のみ取り扱っています。

各カラーの販売状況をまとめると下記の通りです(2020年8月現在)。

iPhone7(レギュラーカラー)iPhone7(ジェットブラック・(PRODUCT)RED)iPhone7 Plus
Apple公式ストア×××
大手キャリア×××
格安SIM△(一部取り扱いあり)△(一部取り扱いあり)×
中古ショップ・フリマアプリ

まとめ

iPhone7の本体カラーは、派手さこそないものの、非常にユニークなラインナップです。

  • 唯一無二の「ジェットブラック」
  • iPhone7で見納めになった「ローズゴールド」
  • iPhone7シリーズで初登場の「(PRODUCT)RED」

「ブラック」や「シルバー」、「ゴールド」といったオーソドックスなカラーも、iPhone8以降は背面パネルがガラスになったことで、雰囲気ががらりと変わっています。

発売から4年経った今でも、まだまだ現役で使えるiPhone7。カラー選びで迷っている方の参考になれば幸いです。

自宅からiPhoneを格安で購入したい場合は「にこスマ」!

「やっぱり実店舗へ足を運ぶのは大変・・・」と言う方は、

ぜひ「にこスマ」でお気に入りの端末を探してみてください!

▼にこスマの公式TOPを見る

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

タイトルとURLをコピーしました