iPhone XS Maxの口コミ・評判まとめ!良い点や悪い点も全て紹介。

iPhone
iPhone

iPhone XS Maxの購入を検討しているけど、実際のところ本当にいいのか分からない、という人もいると思います。

公式サイトを見て魅力的だと思った機能が、使ってみると不便に感じたりすることもありますよね。

使ってみたメリットやデメリットを知るには、ユーザーの口コミを見てみるのが一番です。本記事では、iPhone XS Maxの口コミをまとめて、良い点や悪い点も全てご紹介します。

記事の内容を参考にiPhone XS Maxの疑問を解消して、満足のいく買い物をしてくださいね。

1. iPhone XS Maxの概要

iPhone XS Max はiPhone Xシリーズの第2世代として、2018年にiPhone XSとともに発売されました。一番の特徴は6.5インチの大きなサイズで、それまで最大であったiPhone 8 Plusの後継機種と言われています。

画面が大きいこともあり、解像度は2,688 x 1,242ピクセルと超高精細。有機ELを利用した艶やかな画面で、きめ細かいスクリーン映像を楽しめます。

また、容量はXの2倍となる512GBがリリースされて、音楽や動画をたくさん使う人にとっても嬉しいスペックとなりました。それまでスペースグレイとシルバーの2色だったのに加えて、淡いピンクのゴールド色も追加されています。

そんなiPhone XS Maxですが、実際に使っている人が感じている良い点、悪い点はどうなのでしょうか。まずは良い点から口コミを見てみましょう。

2.iPhone XS Maxの良い点

iPhone XS Maxの良い点は主に下記の5つ。一つずつ内容を解説します。

・コンテンツを楽しめる大きなサイズ

・高精細な有機ELディスプレイ

・充実したカメラ機能

・精度とスピードが向上したFace ID

・シンプルながらも高級感のあるデザイン

2-1.  コンテンツを楽しめる大きなサイズ

iPhone XSとiPhone XS Maxの前面画像

iPhone XS(左側)とiPhone XS Max(右側)

先ほども述べたとおりiPhone XS MaxのサイズはiPhoneシリーズの中で最も大きい6.5インチ。センチメートルに直すと、幅77.4mm、高さ157.5mm、厚さ7.7mmです。高さは約15センチなので、千円札の横の長さと同じくらいのサイズ感です。

ディスプレイが大きくなったことによって、ゲームや動画の視聴の際により臨場感が出て、コンテンツを一層楽しめるようになりました。キーボードの範囲も広くなったため、仕事の効率化にも繋がるでしょう。

iPhone XS Maxのユーザーは大きなiPhoneを使いたいと考えている人が大半のため、サイズに関しては満足という声が多くありました。

2-2. 高精細な有機ELディスプレイ

iPhone XS Maxのディスプレイ写真

iPhone XS Maxは高精細で、色のコントラストがくっきり出る有機ELディスプレイを使用しています。画面が大きく解像度が高いこともあり、そのきれいさを実感するユーザーは多いようです。

特にiPhone 7,8世代を利用していた人は、その違いがよくわかるでしょう。

写真1枚とっても光の入り具合や、色のくっきり度合いが旧機種とは異なるため、有機ELディスプレイはiPhone XS Maxの魅力的なポイントであると言えそうです。

2-3. 充実したカメラ機能

iPhone XS Maxのカメラアップ写真

iPhone XS Maxはそのカメラ機能も大きなポイントで、Xシリーズの中では一番機能が充実しています。たとえば、深度コントロールが可能なポートレートモード。自分でボケ味を変えられることで、雰囲気の違う本格的な写真を撮影できます。

他には、光が飛んでしまう現象を抑えたスマートHDR。夜景や影がある場所でも、明暗のコントラストを調整して美しい写真が撮れるようになりました。

思い出に残しておきたいシーンや対象を高いクオリティで撮影できるのは、iPhone XS Maxユーザーが満足している良い点と言えるでしょう。

2-4. 精度とスピードが向上したFace ID

iPhone Xから追加された新機能のFace ID。指を当てずに顔を向けるだけで認証できて、利便性が高く好評でした。

一方で、角度が少しずれると認証が上手くいかない、時間がかかるといったこともあったのですが、それを解消したのがiPhone XS Maxに搭載された第二世代のFace IDです。

旧機種に比べてスピードだけでなく認証の精度も高くなり、スムーズにログインできるようになりました。これはiPhone XS Max のCPUに使われている、A12 Bionicチップの性能の高さも影響しています。

即座にログインできるFace IDを利用している人は、もうTouch IDに戻るのは考えられないでしょう。

2-5.シンプルながらも高級感のあるデザイン

iPhoneXSMaxの背面写真

iPhone XS MaxはiPhoneならではのシンプルさを踏襲しつつ、新しいガラス素材も相まって高級感溢れるデザインとなっています。

色はiPhone XS Maxはシンプルなスペースグレイとホワイト、淡いピンクのゴールドの3つです。

iPhoneシリーズの中には、赤や黄色などを展開しているXR、11などもありますが、シンプルな色合いを利用したい人にはiPhone XS Max はぴったりでしょう。

ユーザーの中には、XSシリーズに追加された色のゴールドを使用している人も多い様子です。

3. iPhone XS Maxの悪い点

機能が豊富で画質もいいiPhone XS Maxですが、いくつかの懸念もあります。具体的には以下の3つ。

・サイズが大きすぎる

・価格が高い

・重量がある

3-1. サイズが大きすぎる

iPhone XS Maxを握っている手

1番のポイントである大きなサイズですが、良い点と悪い点、両方になり得ます。たとえば大きすぎて服のポケットや、カバンの裏側の小さなポケットに入らず取り出しにくいこともあるでしょう。

また、画面のサイズが大きいため指が届かず、片手でフリック入力しにくいという声も。これに関しては、片方の手で持ってもう片方の手で入力する、iOSの設定でキーボードを右寄せ(もしくは左寄せ)にする、などの対処が必要です。

サイズが大きいということは、ある意味では携帯性に欠けるということも理解したうえで、購入することをおすすめします。

3-2. 価格が高い

価格面もiPhone XS Maxのネックになるところ。新品を3大キャリアで買おうとすると、13万から18万円ほどの値段になります。

たとえば、auで512GBのiPhone XS Maxを買うと、本体価格だけで181,440円です。決して小さな額ではないですよね。財布と相談しながら、よく検討してみてください。

ただ、中古市場であれば比較的安く、7万円台で購入できるところもあります。使用済み品でも気にならないという人は、ネット通販で手に入れるのも一つの手です。

3-3. 重量がある

XS Maxはサイズが大きいため、ある程度の重量もあります。その重さは208gで、缶コーヒー1本と同じくらい。

さらに保護フィルムや防護ケースを付けると、250gくらいにはなってしまうでしょう。iPad miniが300gなので、タブレットを使うようなイメージが近いかもしれません。

・タブレットのような感覚で利用できる人

・重い端末に慣れている人

・両手を使って操作するのが苦でない人

このような条件に当てはまらなければ、XS Maxの使用にストレスを感じる可能性があります。

まとめ:iPhone XS Maxは価格と大きさがネック、それ以外は申し分ないスペック

XS Maxの口コミをもとに、良い点と悪い点をまとめてご紹介しました。XS Maxの機能は申し分なく、大きなディスプレイで美しい画質を再現しているため使い勝手に関しては、満足しているユーザーが多いようでした。

カメラ機能やFace IDも他機種と比べるとハイクオリティと言えそうです。

ただ、重量と価格が最大のネックで、13万から18万円の予算を確保できて、且つ大きな端末にストレスを感じないことが前提です。

これらの条件が問題なければ、iPhone XS Maxは非常におすすめできる機種になります。

iPhone XS Maxはにこスマでも扱っており、新品同様のものからリーズナブルな中古品まで、幅広い在庫があります。この機会に、購入しようと思っている方はぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました