iPhone Xのスペック・値段・サイズまとめ!

iPhone
iPhone

iPhoneシリーズのデザインを大きく変えたiPhone X。機種変更を検討している人の中には「iPhone Xのスペックってどうなの?」と思っている人もいるかもしれません。

どれも同じように見えるiPhone Xシリーズにはどのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回はiPhone Xのスペックや値段、サイズなどを詳しくまとめました。iPhone Xの情報が欲しいと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

 1.iPhone Xのスペックは?

iPhone X
発売時期2017年11月
スペースグレイ
シルバー
容量64GB
256GB
ディスプレイ解像度:2,436 x 1,125ピクセル
Super Retina HDディスプレイ
耐水性能IP67等級
チップA11 Bionicチップ
バッテリー連続通話時間(ワイヤレス):最大21時間
インターネット利用:最大12時間
ビデオ再生(ワイヤレス):最大13時間
オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間
高速充電に対応:30分で最大50%充電
ワイヤレス充電対応
カメラ12MPカメラ(広角と望遠)
True Depthカメラ(7MPカメラ)
光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
ポートレートモード・ポートレートライティング
デュアル光学式手ぶれ補正
ビデオ4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
スローモーションビデオに対応
生体認証Face ID
Apple Pay
サイズ5.8インチ

幅:70.9 mm
高さ:143.6 mm
厚さ:7.7 mm

重量174g

iPhone Xのスペックを表にまとめました。各項目のポイントを詳しくみていきましょう。

iPhone Xの色、デザイン

iPhoneXの背面を並べた画像

スペースグレイ
シルバー

Xの色はシルバーとスペースグレイの2色。特徴的なのは、ワイヤレス充電に対応したことで背面がガラス素材になった点です。iPhone特有のシンプルな色合いをキープしつつ、エレガントな見た目になっています。

・iPhone Xの容量

容量64GB
256GB

Xの容量は64GBと256GBの2つがあります。iPhoneシリーズの中では最大容量が512GBの機種もあります。ただそこまでのストレージは使わないという人にとっては、この2つのどちらかでも十分使える容量と言えるでしょう。

iPhone Xのディスプレイ

 

ディスプレイ解像度:2,436 x 1,125ピクセル
Super Retina HDディスプレイ

Xのディスプレイは有機ELという、高い解像度を再現できるディスプレイを使用しています。また画面を最大限まで引き延ばしてベゼルを狭くしたSuper Retina HDにしたことで、ホームボタンがない先進的なデザインに仕上がりました。

そのおかげで、大きな画面かつ鮮やかな色合いを出せるようになっています。液晶ディスプレイのiPhoneを使っていて、画面のクオリティをあげたい人にはぴったりですね。

iPhone Xのチップ

チップA11 Bionicチップ

XのチップはA11 Bionicを使用しています。発売当時のスマートフォンの中では最高の処理速度を誇っていましたが、現在のラインナップではiPhone11に搭載されているA13があります。

そのため最新機種とは同等とまではいかないものの、A11以前のチップが利用されているiPhone7などを使っていた人は処理速度の向上を感じられるでしょう。

iPhone Xのバッテリー

バッテリー連続通話時間(ワイヤレス):最大21時間
インターネット利用:最大12時間
ビデオ再生(ワイヤレス):最大13時間
オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間
高速充電に対応:30分で最大50%充電
ワイヤレス充電対応

Xのバッテリーはワイヤレス通話で最大21時間もちます。iPhone7が発売された時は3Gの連続通話で最大14時間だったので、持続時間がかなり長くなっていますね。さらにXシリーズからはワイヤレス充電機能がつきました。

充電器に置くだけでいいので、ケーブルが故障する心配もありません。iPhoneケースをつけていても充電できるので、簡単にバッテリーが回復できます。

iPhone Xのカメラ

※Xのカメラ部分の写真※

カメラデュアル12MPカメラ(広角と望遠)
True Depthカメラ(7MPカメラ)
光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
ポートレートモード・ポートレートライティング
デュアル光学式手ぶれ補正

Xのカメラにはいくつか特徴的な機能が搭載されています。まずポートレートモード。背景をぼやけさせてスタジオで撮ったような写真が、インカメラでも撮影できます。

さらに光学式手ぶれ補正が加わったことで、ぶれを気にしなくてもよくなりました。またTrue Depthカメラを搭載することで、自撮り写真もより鮮明に映るようになっています。

セルフィーをよく撮る人や、ポートレートモードにこだわりたい人におすすめの機能です。

iPhone Xのビデオ

ビデオ4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
スローモーションビデオに対応

Xのビデオでは4Kの高精細な動画が取れるようになりました。またスローモーション機能もついています。4Kテレビで高画質の動画を見たい人は、Xで撮影したものを映せば大画面でビデオ鑑賞を楽しめますね。

iPhone Xの生体認証

生体認証Face ID

Xの生体認証はFace IDのみです。指紋認証機能はなく、完全に顔認証に移行しています。指紋認証は手袋を着けていたり、指が濡れていたりすると使えないデメリットがありました。

しかしFace IDなら、画面に顔を向けるだけで簡単にロックを解除できます。一方で、暗い場所やマスクを着けていると認証されないこともあります。

このように100%認証されるわけではありませんが、指紋認証よりいくぶん楽にロックを解除できるのがFace IDです。

2.iPhone Xはいくらで買える?

XはApple公式サイトでは販売終了しています。大手キャリアを含めて販売店ごとに価格を表にまとめましたので、購入を検討されている人は参考にしてくださいね。

販売店64 GB256GB
ドコモ取り扱いなし取り扱いなし
au取り扱いなし取り扱いなし
Softbank124,320円143,040円
楽天市場(中古)23,542円~24,433円~

※税抜き

Appleの他にドコモやauでも取り扱いがないので、Xを買いたい場合はSoftbankかネット通販、格安SIM会社で買うのが主な手段になりそうです。

3.iPhone Xのサイズはどのくらい?

※Xを手に持っている写真※

サイズ5.8インチ

幅:70.9 mm
高さ:143.6 mm
厚さ:7.7 mm

重量174g

Xのサイズは5.8インチです。iPhone 11やiPhone XS Maxは6インチを超えるので、フルディスプレイの中でも比較的コンパクトなサイズと言えるでしょう。

特にiPhone 7Plusのように、ホームボタンがあって大きめのiPhoneに比べると、画面の大きさはさほど変わらずサイズが小さくなっています。横幅がスリムで縦長になっているぶん、ポケットにも収まりやすく利便性がいいのが特徴です。

4.iPhone Xはこんな人におすすめ

これらのスペックから、Xの利用がおすすめなのはこんな人です。

・Face IDやカメラ機能などiPhone Xシリーズが持つ、基本的な機能を使いたい人
・フルディスプレイのiPhoneの中でも軽くてコンパクトな機種が欲しい人
・そこまでの性能は求めていないけれど、せっかくならフルディスプレイのiPhoneを使いたい人

これらに当てはまる人はiPhone Xがピッタリです。にこスマでもXの在庫を扱っているので、ぜひ見てみてくださいね。

4.まとめ

iPhone Xのご利用を検討している人向けにスペック、値段やサイズをご紹介しました。最新のiPhoneの先駆的なモデルとなったXは、コンパクトながらも新しい機能をバランスよく搭載しています。

iPhone Xシリーズのフルディスプレイを利用したいけれどそこまでの処理能力や容量を求めない人は、Xのスペックで十分だと言えるでしょう。Xの購入はにこスマからもできますので、機種変更の際はぜひご活用ください。

タイトルとURLをコピーしました