【iPhoneのユーザー辞書】よく使う文字は登録しておけば入力時間を大幅短縮!

使い方
使い方

みなさんはiPhoneのユーザー辞書を活用しているでしょうか?この機能を使うと、文字入力にかかる時間が大幅に短縮されるので、iPhoneを使っているならどんな人にもおすすめです。

今回は、iPhoneのユーザー辞書を使ってあらかじめ単語を登録しておく方法と便利な活用法、そして注意点について解説します。

iPhoneのユーザー辞書とは

「ユーザー辞書」という言葉はガラケー時代から聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。これはiPhoneにあらかじめよく使う単語を登録しておくことで、文字入力を簡単にしてくれる機能です。

例えば、iPhoneのキーボードで「お」と打つと「おはようございます。」と変換されるようにすることができます。

ここでは、iPhoneのユーザー辞書がどんな時に便利になるのかを知っておきましょう。

文字入力がスムーズになる

ユーザー辞書を活用する最大のメリットは文字入力がスムーズになるということです。ユーザー辞書には「読み方」と「単語」を登録することができ、特定の単語を登録しておくと「読み方」にしていした言葉を打っただけで単語が変換されます。

最初に登録する手間はかかりますが、一度登録するだけでそれ以降は簡単に変換することができるようになるので、iPhoneを買ったらまず最初にやっておきたい設定のひとつです。

長文も瞬時に呼び出せる

仕事のメールやチャットを入力する際に、決まって「お世話になっております。〇〇です。」や「お忙しい中お手数ですが、ご確認のほどよろしくお願いします。」などの決まった文章を打つことも多いでしょう。

そんな時はユーザー辞書に登録しておけば、これらの長文の挨拶も瞬時に呼び出すことができるようになります。

毎回決まった長文であれば仕事の効率化も図ることができます。

特殊文字も登録できる

通常の文字入力では変換できない特殊な文字も、ユーザー辞書に登録しておけば簡単に呼び出すことができます。

特殊文字はブラウザやアプリによっては正しく表示されないため、そこまで使う機会は多くないかもしれませんが、自分で管理するメモアプリなどではお気に入りの特殊文字を使ってメモを残すこともできるようになります。

ブラウザやアプリ問わず使える

iPhoneのユーザー辞書はiOSのキーボードに対して有効となるため、SafariやChromeなどのブラウザからTwitterやInstagramなどの様々なアプリにまで幅広く対応できます。

SNSへの投稿でよく使う言葉やハッシュタグなどを登録しておけば、SNSへの投稿もスムーズになるでしょう。

Apple IDで同期されるのでMacやiPadでも使える

iPhoneのユーザー辞書は同じApple IDで紐づけられた全ての端末に対して反映されます。

そのため、iPhoneでユーザー辞書の登録を済ませておけば、MacやiPadでも同じように変換することができるようになります。

プライベートではiPhone、仕事ではMacを使うなど、シーンによって使い分けをしている方でも全く同じ感覚で文字入力をすることができるのでおすすめです。

iPhoneのユーザー辞書の便利な活用法

ユーザー辞書は便利だということはわかったけど、実際にどんな単語を登録すれば快適になるの?と気になる方もいらっしゃるでしょう。

実際にiPhoneを使っていて文字入力で不便を感じた時にユーザー辞書へ追加していくのもいいですが、できれば最初にある程度快適に使えるようにしておきたいですよね。

ここからは、あらかじめ登録しておくと便利なユーザー辞書の活用事例をご紹介します。

メールアドレスを登録する

ユーザー辞書へ登録する単語の中で最もおすすめなのがメールアドレスの登録です。

メールアドレスはWebサービスやオンラインショップの会員登録やログイン情報入力など、入力頻度が非常に高い単語です。しかも、全て英数字と記号なのでキーボードで毎回打つのは大変ですよね。

そんな時はユーザー辞書で読みに「めあど」や「めーる」と登録してメールアドレスを登録することで簡単にアドレスを呼び出すことができます。

以下のように同じよみで複数のアドレスを登録をしておけば覚えやすくなります。

よみ単語
めあど○○@gmail.com
めあど○○@docomo.ne.jp
めあど○○@icloud.com

住所を登録する

メールアドレスに続き、住所を登録するというのも非常に便利な使い方です。

会員登録ページでは都道府県と市町村は別のテキストエリアに入力することが多いですが、市町村からマンション名までは一気に入力することもあるため、登録しておくと便利です。

書類に住所を記載する場合にも便利です。

郵便番号ありとなしのパターンを登録しておくのも良いでしょう。

よみ単語
じゅうしょ東京都渋谷区千駄ケ谷〇丁目〇-○ マンション名○○○号室
じゅうしょ〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷〇丁目〇-○ マンション名○○○号室

変換できない地名などを登録する

日本にはiPhone変換できない地名もたくさんあります。しかし、そこに住んでいる人や旅行先として検索をしたい場合には不便でしょう。

例えば、長野県には御射鹿池(みしゃかいけ)というため池がありますが、iPhoneで「みしゃかいけ」と入力しても変換してくれません。

正しく変換できない地名や旧漢字が使われた文字などはあらかじめユーザー辞書に登録しておくと文字入力が快適になります。

よみ単語
みしゃかいけ御射鹿池
ほうづき保月
はまだ濵田

自分で作った顔文字を登録する

iPhoneのキーボードには「わ」の左に「^_^」というボタンがあり、そこを押すとあらかじめ登録されている顔文字が出てきますが、自分で作った顔文字も使いたいという方はユーザー辞書に登録しておきましょう。

「^_^」の中から選ぶとたくさんあるのでよく使う顔文字を探すのも大変ですが、ユーザー辞書に登録しておけば任意の言葉ですぐに呼び出すことができるようになります。

>など記号で呼び出しづらい文字を登録する

iPhoneで記号を入力する場合「きごう」と打つと変換候補が多数出てきますが、多すぎでそのなかから目的のものを見つけるのが大変です。

そんな時はユーザー辞書にあらかじめ単語として登録しておくと便利です。よく使う記号はユーザー辞書を活用しましょう。

よみ単語
てん
だいなり
しょうなり
ひだりうえ

などの特殊文字を登録する

通常のキーボードでは変換できない特殊な文字をユーザー辞書に登録することもできます。

Twitterやネット記事で稀に見かける特殊な文字を本文やアカウント名に使用することで、他の人とは一味違う雰囲気を出すことができます。

ただし、表示する端末やブラウザによっては文字化けしてしまうケースもあるので、使い所には注意が必要です。

よみ単語
あっぷる
あまぞんAm͜a͉zon

挨拶などの定型文を登録する

ビジネスのメールやチャットでは挨拶や報告の度に同じ文章を長々と打つことが多いと思います。毎回同じ文字を打つのに時間をかけていては大変ですよね。

そんな挨拶文や報告文は、ユーザー辞書に登録して瞬時に呼び出せるようにしておきましょう。

よみ単語
あいさつお世話になっております。○○です。
よろしくお忙しい中恐れ入りますが、ご確認のほどよろしくお願いします。

iPhoneのユーザー辞書を使う際の注意点

使いこなせばどこまでもiPhoneを便利にカスタマイズすることができるユーザー辞書ですが、簡単に登録できてしまうが故に注意しておきたいこともあります。

ここからは、ユーザー辞書を活用するにあたって気をつけたいポイントについて解説します。

パスワードの登録は避けよう

ユーザー辞書は文字列であればどんな言葉でも変換することができます。しかし、パスワードを登録することは絶対に避けましょう。

パスワードは複雑でわかりにくいものを設定することが多いので、瞬時に呼び出すことができれば便利ですが、予測変換に出てしまうのはセキュリティ上危険です。

他人にスマホの画面を見られてしまうリスクがあるため、情報漏洩の危険があります。

また、パスワードの入力が必要なテキストエリアはそのほとんどが英数字での文字入力に限定され、さらに予測変換も機能しないことが多いです。そのため、ユーザー辞書の機能そのものが使えないのでパスワードを登録しておく意味もありません。

パスワードは絶対にユーザー辞書に登録しないようにしましょう。

一文字でのよみはできるだけ避けよう

ユーザー辞書を使って文字入力のスピードを極限まで高めようと思ったら、よみを一文字にするのが最速の方法です。

しかし、よみを一文字にすると意図しない変換を招いてしまい、却って面倒なことになってしまいます。

例えば、メールアドレスを入力するために「め」とだけよみに設定すると一文字でメールアドレスを呼び出せて便利ですが、文章を作成する時に他の意味で「め」と打つこともあります。その場合、間違ってメールアドレスを変換してしまう可能性もあるため、「めあど」など複数文字にしておく方が無難でしょう。

人名は連絡先に登録しておけば予測変換される

人名は意外と一発で変換できないことが多いです。特に、同じ読み方でも様々な漢字の組み合わせがあるので、名前を探すのに苦労します。

そんな時はユーザー辞書に人名を登録しておくのも一つの手ですが、連絡先にその人を登録してあるのであれば必要ありません。

iPhoneは連絡先に登録した人の人名は予測変換で自動的に出してくれるようになっています。

登録数が多すぎると動作が重くなる

便利なユーザー辞書ですが、あまりにも登録数が多くなりすぎると動作が重くなる原因となります。単語の登録によって、iPhoneのストレージが圧迫されてしまいます。

せっかく文字入力の手間を省いても、iPhoneの動作そのものが遅くなってしまったら意味がありません。それどころか、文字入力をしていない時の動作も重くなってしまいます。

ユーザー辞書への登録はあくまでよく使う文字に限定した方が良いでしょう。

サードパーティ製のキーボードアプリでは反映されないことが多い

iPhoneでSimejiやATOK.などサードパーティ製のキーボードアプリを使っている場合は、いくらiPhoneのユーザー辞書に単語を登録しても変換に反映されないことがあります。

iPhoneのユーザー辞書はiPhoneのキーボードに対して有効となるので、サードパーティ製のキーボードを使っている方はそのアプリ内にあるユーザー辞書の機能を活用しましょう。

iPhoneのユーザー辞書の登録方法

iPhoneのユーザー辞書を登録するには設定アプリから登録する方法ブラウザから直接登録する方法の2種類があります。

どちらも非常に簡単なので覚えておきましょう。

設定アプリから登録する方法

iPhoneの設定アプリから登録する方法は次の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. [一般]をタップする
  3. [キーボード]をタップする
  4. [ユーザー辞書]をタップする
  5. 右上の[+]ボタンをタップする
  6. 単語とよみを入力し、右上の[保存]をタップする

登録したい単語があらかじめ決まっている場合はこの方法で登録をしましょう。

ブラウザから直接登録する方法

ブラウザから直接登録する方法は次の通りです。

  1. ブラウザで見つけた登録したい文字を長押しする
  2. 登録したい文字を範囲選択する
  3. [ユーザー辞書]をタップする
  4. 単語とよみを入力し、右上の[保存]をタップする

ブラウザを検索していてユーザー辞書に登録したい文字を見つけた時は、その文字を長押しして直接ユーザー辞書へ登録することができます。

ネット上で見つけた顔文字や珍しい言葉、特殊文字などを登録したい時はこの方法を使いましょう。

最初の一手間でストレスフリーに

iPhoneの文字入力をスムーズにストレスなく使っていくためには、最初にある程度の準備としてユーザー辞書への登録をしておかなくてはなりません。しかし、この作業を最初にしておけば驚くほど文字入力のスピードが上がって快適になるので、最初の一手間をかけてでも登録しておくのがおすすめです。

特にメールアドレスや住所などは毎回同じものを入力するのに時間がかかります。

よく使う言葉はユーザー辞書へ登録を済ませておき、ストレスフリーでiPhoneの文字入力時間を大幅に短縮してしまいましょう。

にこスマで販売中のiPhone一覧

Loading component ...
タイトルとURLをコピーしました