iPhoneでもPASMO使えます!Walletアプリ、PASMOアプリでの設定方法

iPhone
iPhone使い方

PASMOは、現金をチャージして「切符」や「財布」として使える便利なICカードです。

そんなPASMOが、2020年10月からiPhoneに入れて使用できるようになったのをご存知でしょうか?

iPhoneにPASMOを入れれば、iPhone端末ひとつで交通機関(電車・バス)の利用やお店での買い物ができてとても便利です。

この記事では、iPhoneでPASMOを設定する方法や、「“Wallet”と“PASMOアプリ”の違い」などについて詳しくご紹介していきます!

PASMOとは

PASMOとは交通機関を利用するための「切符」としても、お店で買い物をするための「お財布」としても使えるICカードです。

PASMOをiPhoneに入れておけば自動で残高のチャージが出来ますし、ICカードを持ち歩く必要もなくなるのでとても便利ですよ。

対応機種

iPhoneでは、以下の条件を満たしていればPASMOの利用が可能です。

・iPhone8以降であること
・iOS14.0以降の最新OSであること

iPhoneでPASMOを利用する方法は2通りある!

iPhoneでPASMOを利用する方法は、以下の2通り用意されています。

・iPhoneに元から入っている「Walletアプリ」を使用する
・「PASMOアプリ」をダウンロードして使用する
PASMOを使えるアプリがiPhoneには2つあるので、好きな方を選択することができます。
「どっちのアプリを使う方がいいの?」という方に向けて、2つのアプリの違いを次の項目でご説明していますのでぜひ参考にしてくださいね。

「Wallet」と「PASMOアプリ」の違い

iPhoneでPASMOを使うには「Wallet」と「PASMOアプリ」の2つの方法が用意されていますが、「Wallet」では一部使用できる機能が制限されています。

この項目では、「Wallet」と「PASMOアプリ」でできること・できないことを表にまとめてご紹介します。

PASMOアプリWallet
交通機関での利用
提携店舗での利用
すでにあるPASMOをiPhoneに移行する
PASMOの新規発行
(名前・電話番号などを登録しない無記名PASMO)
PASMOの新規発行
(名前・電話番号などを登録した記名PASMO)
×
定期券の新規購入×
定期券の継続購入
オートチャージの新規申し込み×

一覧表を見ると、ところどころ「Wallet」の欄に×がついているのがわかるかと思います。
「Wallet」では、「定期券の新規購入」や「名前や住所を登録した記名PASMOの新規購入」「オートチャージの設定変更・新規申し込み」などの一部機能を使うことができません。
そのため、新しく定期券や記名PASMOを購入して使いたい方には「PASMOアプリ」がおすすめです。

すでに持っているPASMOをiPhoneに入れて使ったり、PASMOに入れた定期券を引き続き継続購入して使う分には「Wallet」で十分対応が可能です。

「Walletアプリ」でPASMOを設定する方法

この項目では、「Wallet」でPASMOを使うための設定方法をご紹介していきます。

持っているPASMOカードをアプリに入れる

既に手元にあるPASMOカードを「Wallet」に取り込む方法は、以下の通りです。

1.ホーム画面から「Wallet」を開き、画面右上の「+」ボタンをタップ

2.カードの種類を選択する画面が出てくるので「PASMO」をタップ

3.「お手持ちの交通系ICカード」をタップ

4.持っているPASMOカードの裏面に記載されている「下4桁の番号」と「生年月日」を入力して「次へ」をタップ

5.利用規約が出てくるので、読んだ後「同意する」をタップ
6.PASMOの上にiPhoneを置くよう指示が出るので、指示通りiPhoneを置く
7.しばらくするとカードの内容がiPhoneに転送される
8.完了

PASMOを新規発行する

※注意※
Walletアプリで新しく発行できるのは、「名前や個人情報を登録していない“無記名PASMO”」のみです。記名PASMOや定期券の新規発行をしたい方は「PASMOアプリ」を利用しましょう。
「Wallet」でPASMOを新規発行する手順は以下の通りです。
1.ホーム画面から「Wallet」を開き、画面右上の「+」ボタンをタップ
2.カードの種類を選択する画面が出てくるので「PASMO」をタップ
3.最初にチャージしておきたい金額を入力し、「追加」をタップ
4.利用規約が出てくるので読み、支払いを完了させる
5.完了

「PASMOアプリ」でPASMOを設定する方法

この項目では、「PASMOアプリ」でPASMOを使うための設定方法をご紹介していきます。

持っているPASMOカードをアプリに入れる

既に手元にあるPASMOカードを「Wallet」に取り込む方法は、以下の通りです。

1.「PASMOアプリ」をApp Storeからダウンロードして開き、「はじめる」をタップ

2.「お手持ちのPASMOカードではじめる」をタップ

3.注意事項が出てくるので読み、もう一度「はじめる」をタップ

4.自動でWalletアプリに移行するので、画面右上の「+」ボタンをタップ

5.カードの種類を選択する画面が出てくるので「PASMO」をタップ

6.「お手持ちの交通系ICカード」をタップ

7.持っているPASMOカードの裏面に記載されている「下4桁の番号」と「生年月日」を入力して「次へ」をタップ

8.利用規約が出てくるので、読んだ後「同意する」をタップ
9.PASMOの上にiPhoneを置くよう指示が出るので、指示通りiPhoneを置く
10.しばらくするとカードの内容がiPhoneに転送される
11.完了

PASMOを新規発行する

「PASMOアプリ」でPASMOを新規発行する手順は以下の通りです。
1.「PASMOアプリ」をApp Storeからダウンロードして開き、「はじめる」をタップ
2.「新しくPASMOを作る」をタップ
3.「記名PASMO」または「無記名PASMO」を選択
4.記名PASMOの場合は会員規約が出るので同意し、必要事項を記入
5.完了

定期券を新規発行する

PASMOアプリでは、通勤定期券・通学定期券などの新規発行も可能です。
PASMOアプリで定期券を発行する手順は、以下の通りです。

1.「PASMOアプリ」をApp Storeからダウンロードして開き、「はじめる」をタップ

2.「新しくPASMO定期券を作る」をタップ

3.「鉄道定期券」または「バス定期券」を選択

4.情報の入力画面が出てくるので、必要事項を記入
5.購入内容を確認し、「クレジットカード」または「Apple Pay」を選択し購入

iPhoneにPASMOを入れてもっと便利に!

今回は、iPhoneでPASMOを設定する方法をご紹介いたしました。

iPhoneにPASMOが入っていれば、通勤・通学もお買い物ももっと便利になります。

普段PASMOのICカードを使っている方もこれから発行を検討している方も、ぜひiPhoneでPASMOを導入して便利に通勤・お買い物をしてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました