【iPhone】「マナーモード(消音モード)」の使い方まとめ【設定方法】

iPhoneのマナーモードスイッチ iPhone
iPhone使い方

iPhoneで「マナーモード」を設定する方法をまとめました。

  • マナーモードの切り替え方
  • バイブレーションの設定方法
  • アプリやアラームの音を消す方法

など、マナーモードに関する疑問点に、中古スマホ販売のプロ「にこスマ」が丁寧にお答えしていきます。
困ったときの対処法も解説しているので、ぜひご覧になってみてください!

「マナーモード(消音モード)」の設定方法

iPhoneのマナーモードをオンにすると、着信音や通知音が鳴らなくなります。
ただしアプリやアラームの音には適用されません。

マナーモードが適用される音マナーモードが適用されない音
  • 着信
  • 通知
  • スクリーンショット(iOS 10.2以降)
  • アプリ(動画や音楽、ゲーム、など)
  • アラーム
  • シャッター音
アプリやアラームの音を消す方法は、この記事の後半で解説していきます。

着信モード/消音モードの切り替え方

iPhoneのマナーモードは、本体左側面にある「着信/サイレントスイッチ」で設定・解除できます。

iPhoneのマナーモードスイッチ

スイッチの状態オレンジ色が見えないオレンジ色が見える
マナーモードOFF(着信モード)ON(消音モード)

スイッチを切り替えると、画面上に現在の状態を示すアイコン表示されます。

バイブレーションの設定方法

バイブレーションのON・OFFを切り替える方法は、次のとおりです。

  1. 本体の「設定」>「サウンドと触覚」を開く
  2. 「バイブレーション」の「着信モード選択時」・「サイレントスイッチ選択時」をONまたはOFFにする

設定によって、マナーモード時のみバイブレーションをON(またはOFF)にできます。

バイブレーション着信モード選択時サイレントスイッチ選択時
常にONONON
マナーモード時のみONOFFON
マナーモード時のみOFFONOFF
常にOFFOFFOFF

マナーモードでも音が出てしまうときの対処法

先にお伝えしたとおり、マナーモードが適用されるのは、下記の3つのみ。

  • 着信音
  • 通知音
  • スクリーンショット(iOS 10.2以降)

アプリやアラームの音を消したい場合は、それぞれ操作が必要です。

アプリの音を消したい場合

動画や音楽、ゲームなど、アプリの音を消す方法は次のとおりです。

  1. (音を出している状態で)本体左側面の「音量を下げるボタン」を音量を押す
  2. 音量がゼロになるまで連打(または長押し)

音量は、コントロールセンターから変更することも可能です。

iPhoneの音量は3種類ある

iPhoneの音量は、大きく3つに分けられます。

  • システム音量(着信、通知、アラームなど)
  • アプリ音量(動画、音楽、ゲームなど)
  • 通話音量

音量ボタンやコントロールセンターで調節できる音量は、状況に応じて自動で選択されます。

通常時メディア再生時通話時
調節される音量システム音量アプリ音量通話音量
  • 「システム音量を変更したくない」
  • 「音が出ていない状態でもアプリ音量を調節したい」

という場合は、次のように設定してみましょう。

  1. 本体の「設定」>「サウンドと触覚」を開く
  2. 「着信音と通知音」の「ボタンで変更」をOFFにする

「ボタンで変更」をOFFにすると、通話時を除いて、常にアプリ音量を変更できるようになります。

システム音量は、「サウンドと触覚」画面の「ボタンで変更」の上に表示されている音量バーをスライドすることで、引き続き調節可能です。

アラーム音を消したい場合

アラーム音を消す方法は2つあります。

  • アラームをOFFにする
  • システム音量をゼロにする

iPhoneのアラーム音量は、システム音量(着信や通知の音量)と連動しています。
音量ボタンや本体設定の「サウンドと触覚」から、システム音量をゼロにすれば、アラームがONの状態でもアラーム音を消すことが可能です。

アラームの音量だけ変更したい場合は、「ヘルスケア」アプリの「睡眠を設定」機能を使う方法があります。
詳しくは下記の記事をご覧ください。

困ったときの対処法

マナーモードの設定で困ったときの対処法をまとめました。

  • マナーモードを自動化したい
  • 電話の着信だけ音を鳴らしたい
  • 「着信/サイレントスイッチ」が壊れた

マナーモードの切り替えを自動化したい

毎日マナーモードのON・OFFを切り替えている場合は、「おやすみモード」を併用すると便利です。

おやすみモードを使えば、毎日決まった時間帯に自動で着信や通知の音を消すことができます。

おやすみモードについては、下記の記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧になってみてください。

電話の着信だけ音を鳴らしたい

「マナーモード中でも、大事な電話だけは音を鳴らしたい」という場合は、「緊急時は鳴らす」機能を設定しましょう。

  1. 「連絡先」アプリを開く
  2. 着信音を鳴らしたい連絡先を選ぶ
  3. 画面左上の「編集」をタップ
  4. 「着信音」をタップ
  5. 「着信音」画面の「緊急時は鳴らす」をONにする

「緊急時は鳴らす」をONにした連絡先から着信があると、マナーモードやおやすみモードがONになっていても音が鳴ります。

「着信/サイレントスイッチ」が壊れた

  • 「着信/サイレントスイッチ」が反応しない
  • マナーモードが勝手に切り替わる

といったトラブルが発生した場合は、スイッチの故障が考えられます。

「着信/サイレントスイッチ」が故障したときの対処方法は、次の2つ。

  • AssistiveTouchで代用する
  • 修理する
  • 買い替える

AssistiveTouchで代用する

「AssistiveTouch」を使えば、iPhoneの画面上に表示される仮想的なボタンから、「消音」機能を利用できます。

AssistiveTouchの使い方

AssistiveTouchを利用する方法は、次のとおりです。

  1. 本体の「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」>「AssistiveTouch」を開く
  2. 「AssistiveTouch」をONにする

画面上に現れたアイコンから、「消音」機能にアクセスできます。

  1. 画面上に現れたアイコンをタップ
  2. 「デバイス」をタップ
  3. 「消音」をタップ
AssistiveTouchに割り当てる機能は、カスタマイズすることも可能です。
AssistiveTouchを瞬時に起動する方法

AssistiveTouchは、ショートカットから瞬時に起動することもできます。
ショートカット機能の利用には、事前に設定が必要です。

  1. 本体の「設定」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」を開く
  2. 「AssistiveTouch」にチェックを入れる

ショートカット機能を利用する方法は、機種によって異なります。

【ホームボタン搭載機種の場合】

サイドボタン(電源ボタン)をトリプルクリック

【ホームボタン非搭載機種の場合】

ホームボタンをトリプルクリック

iPhone 8以降(iOS 14以降)の機種では、「背面タップ」も利用できます。
背面タップを利用するには、本体の「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」>「背面タップ」から「消音」を割り当てます。

修理する

「着信/サイレントスイッチ」を修理する方法は、大きく分けて2つあります。

  • 正規の修理店に依頼する
  • 非正規の修理店に依頼する
正規の修理店に依頼する

「正規の修理店」とは、Appleが公式に認めている修理サービス窓口のこと。

  • Apple Store
  • Apple 正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラやビックカメラなど)

が該当します。

正規の販売店のメリットは、Appleの保証(製品限定保証、AppleCare+ for iPhone)が利用できること。

AppleCare+ for iPhoneに加入している場合、修理(交換)料金は12,900円(税込み)です。

一方保証対象外の場合、故障個所によっては本体や基盤ごと交換になるため、修理料金が高額になることがあります。

Appleに修理を依頼した場合修理料金の上限
iPhone 1252,580 円
iPhone SE(第2世代)33,440 円
iPhone 1147,080 円
iPhone XS65,780 円
iPhone X65,780 円
iPhone 840,040 円
iPhone 736,080 円
iPhone SE33,440 円
iPhone 6s35,970 円

詳しい料金は、Appleサポートに問い合わせてみてください。

正規の修理店に依頼すると、基本的にデータが初期化された状態で戻ってきます。
事前に必ずバックアップを取っておきましょう。

非正規の修理店に依頼する

非正規の修理店(一般的なスマホ修理店)に依頼すると、

  • 修理料金を抑えられる
  • データを初期化せずに修理してもらえる(場合による)

といったメリットがあります。

修理料金は機種や店舗により異なります。
「着信/サイレントスイッチ」の相場は、8,000円~15,000円ほどです。

非正規店に依頼するデメリットとしては、

  • パーツが純正品ではない
  • 正規の修理店でサービスを受けられなくなる可能性がある

といったことがあげられます。

最寄りの修理店は、地図アプリで「iPhone 修理」と入力すると検索できます。

買い替える

修理を依頼するより、新しいiPhoneに買い替えてしまったほうがお得なことも。

たとえば、iPhone 6sの「着信/サイレントスイッチ」が壊れてしまった場合を考えてみましょう。

Appleで修理すると、最大35,970 円かかります。
中古のiPhoneであれば、2世代新しいiPhone 8でも2万円前後で購入できます。(2021年6月末現在)。

発売から時間が経った機種が故障してしまったときは、より新しい機種に買い替えを検討されてみてはいかがでしょうか?

中古iPhoneの選び方や注意点は、下記の記事をご覧ください。

まとめ

iPhoneのマナーモードは、本体左側面にある「着信/サイレントスイッチ」で設定・解除できます。
アプリやアラームの音も消したいときは、音量ボタンで調節しましょう。

「着信/サイレントスイッチ」が壊れてしまったときは、AssistiveTouchや背面タップ(対応機種のみ)で代用可能です。
修理や買い替えも、あわせて検討されてみてください。

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

タイトルとURLをコピーしました