「iOS14」iPhone最新OSでおすすめの新機能を紹介!

iPhone
iPhone

2020年9月に配信された「iOS14」では、ホーム画面にウィジェットを配置できるようになったり、翻訳機能が追加されるなど、さまざまな機能が追加されました。

この記事では、iOS14の中でもとくにおすすめの新機能を7つ紹介していきます!

おすすめの新機能7選

iOS14のおすすめ新機能は次の7つ。

  • ウィジェット
  • Appライブラリ
  • コンパクトなUI(PinP)
  • 翻訳アプリ
  • Safariで翻訳
  • 背面タップ
  • デフォルトアプリの変更

それぞれの特徴と使い方を見てみましょう。

ウィジェット

ついにiOSでも、ホーム画面に「ウィジェット」を配置できるようになりました。

iPhoneウィジェット機能

ウィジェットとは、アプリを開かずとも、ニュースや天気、カレンダーなどが確認できる機能のことです。

ウィジェット機能自体は、これまでのiOSにもありましたが、ウィジェットを表示するためにはホーム画面を右にスワイプする必要がありました。iOS14では、ホーム画面にアイコンと並べて自由に配置することが可能に。必要な情報がいつでも一目で把握できます。

iOS14の中でもとくにおすすめの機能です。

使い方

ウィジェットを追加する方法は下記のとおり。

  • ホーム画面を長押し
  • 画面左上(機種によっては右上)の「+」マークをタップ
  • ホーム画面に追加したいウィジェットをタップ
  • ウィジェットのサイズを選択
  • ウィジェットをドラッグして配置を調節
配置したウィジェットを長押しすると、表示内容を変更することができます。

Appライブラリ

ホーム画面の最後のページに「Appライブラリ」が追加されました。iPhoneにインストールしたアプリは自動的に分類され、その場面で最適と思われるアプリを提案してくれる機能も。

また、Appライブラリの追加に伴って、ホーム画面をページごとに隠せるようになりました。ホーム画面で表示したアプリもAppライブラリからアクセスできます。

Appライブラリ

使用頻度の低いアプリは非表示にして、必要な時はAppライブラリから開くといった使い方が可能です。

使い方

Appライブラリは、ホーム画面の最後(一番右)のページにあります。Appライブラリでは、アプリを検索したり削除(削除したいアプリを長押し)したりといった操作もできます。

ホーム画面のページを非表示にする手順は次のとおり。

  1. ホーム画面(何も表示されていない部分)を長押し
  2. ホーム画面のページインジケータ(画面下部の表示)をタップ
  3. 非表示にしたいページのチェックを外して「完了」をタップ

コンパクトなUI(PinP)

着信やSiriなど、これまで全画面で表示されていたものが、画面上部や下部に小さく表示されるようになりました。アプリの使用を中断せずに済みます。

また、アプリを使いながら別のアプリを小さく表示する「ピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)」にも対応。PinPによって、たとえば動画を見ながら調べものをすることが可能になりました。

ピクチャ・イン・ピクチャ

現在のPinP対応アプリは「Amazon プライム・ビデオ」や「Netflix」などごく一部ですが、今後増えていくことが期待されます。

使い方

PinPを有効にする方法は下記のとおり。

  1. 本体の「設定」>「一般」を開く
  2. 「ピクチャ・イン・ピクチャ」をタップ
  3. 「ピクチャ・イン・ピクチャを自動的に開始」をオンにする
PinP対応アプリを開いた状態で、画面下部から上にスワイプ(ホームボタン搭載機種はホームボタン押下)するとPinPが有効になります。
PinPは、移動(ドラッグ)したり拡大・縮小(ピンチイン・ピンチアウト)したりできます。

翻訳アプリ

標準アプリとして、新しく「翻訳」アプリが追加されました。

翻訳アプリ

英語や中国をはじめ、主要な11言語に対応。マイクボタンをタップするだけで、音声を自動で認識して翻訳してくれるすぐれもの。翻訳結果の読み上げにも対応しています。

あらかじめ言語をダウンロードしておけば、インターネットに接続していなくても使用可能です。

使い方

翻訳アプリを開いた状態でiPhoneを横向きにすると、「会話モード」が有効になります。

会話モードでは、翻訳された文章が自動で読み上げられるので、リアルタイムで会話したい場合におすすめです。

Safariで翻訳

標準ブラウザアプリの「Safari」も、ウェブページの翻訳に対応しました。

使い方

翻訳対象の言語を検知すると、Safariのアドレスバーに翻訳アイコンが表示されます。

背面タップ

iPhoneの背面をタップすることで、さまざまな機能を呼び出せるようになりました。

Siriの起動やホーム(ホームボタン)、スクリーンショットの撮影など、任意の機能を割り当てることが可能です。

背面タップは、iPhone 8/8 Plus以降の機種で対応しています。

使い方

背面タップの設定方法は下記のとおり。

  1. 本体の「設定」>「アクセシビリティ」>「タッチ」を開く
  2. 「背面タップ」をタップ
  3. 「ダブルタップ」または「トリプルタップ」をタップして任意のアクションを選択

デフォルトアプリの変更

ウェブブラウザとメールのデフォルトアプリを選択できるようになりました。

ウェブページをSafariではなくGoogle Chromeで開くようにするといった設定が可能です。

使い方

あらかじめ、デフォルトアプリに対応しているアプリをインストールしておきます。ここではChromeをデフォルトブラウザアプリに設定する方法を見てみましょう。

  1. 本体の「設定」を開く
  2. 「Chrome」をタップ
  3. 「デフォルトのブラウザApp」をタップし「Chrome」を選択

その他の新機能

ここまで紹介した以外にも、

  • より便利な検索機能
  • より賢いSiri
  • ホーム(スマートホーム)機能の強化
  • ヘッドフォンの最適化
  • カメラパフォーマンスの向上

など、iOS14の変更点は多岐に及びます。

iOS14に対応しているデバイス

iOS14に対応しているiPhoneは、2015年9月に発売されたiPhone 6s/6s Plus以降の機種です。

  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone11/iPhone11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone12/12 mini
  • iPhone12 Pro/12 Pro Max
OSのバージョンが古いと使えないアプリがあったり、セキュリティリスクがあったりするので、早めにアップデートしておきましょう。

まとめ

2020年9月に配信されたiOS14は、2015年9月に発売されたiPhone 6s/6s Plus以降の機種に対応しています。

アップデートの内容は多岐にわたりますが、

  • ウィジェット
  • Appライブラリ
  • コンパクトなUI(PinP)
  • 翻訳アプリ
  • Safariで翻訳
  • 背面タップ
  • デフォルトアプリの変更

の7つの新機能が特におすすめです。

まだ試したことがない方は、お手持ちのiPhoneを最新バージョンにアップデートしてぜひ試してみてください!

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone 11 Pro

タイトルとURLをコピーしました