iPhoneのiOSアップデート方法と進まない時の設定方法や対処方法を紹介

使い方
使い方

iPhoneでは定期的に「新しい機能の実装」や「セキュリティの強化」が行われています。その機能やセキュリティを適用するために必要なのが「iOSのアップデート」です。

今回は、「iOSアップデート方法」と「アップデートができない・進まない時の対処法」を詳しくご紹介いたします!

iOSのアップデート方法

iPhoneで「iOSのアップデート」をするには、「手動アップデート」と「自動アップデート」の二つの方法があります。この項目では、それぞれのアップデート方法をご紹介いたします。

iPhoneを「手動」でアップデートする場合

1.ホーム画面から「設定」を開く
2.「一般」をタップ
3.「ソフトウェア・アップデート」をタップ
4.「ダウンロードしてインストール」をタップ
5.パスコードが求められるので入力
6.ダウンロードが始まるので、終わるのを待つ
7.ダウンロードが完了したら、「今すぐインストール」をタップ
8.「アップデートを検証中」と出るので暫く待つ
9.画面が暗くなり、Appleの「リンゴマーク」が出る
10.アップデートの進捗を表すバーが出るので、バーが進むのを待つ
11.アップデートが終了すればiPhoneが再起動する
12.完了

iPhoneを「自動」でアップデートする場合

iPhoneのアップデート設定を「自動」にしておけば、「夜間iPhoneが充電中」かつ「wi-fiに接続されている」時に自動でアップデートが行われます。アップデートの際は多少時間がかかることが想定されるので、iPhoneを利用しない夜間に自動でアップデートをする設定にしておくととても便利ですよ。

「自動アップデート」の設定方法は、以下の通りです。

1.ホーム画面から「設定」を開く
2.「一般」をタップ
3.「ソフトウェアとアップデート」を選択
4.「自動アップデート」をタップ
5.完了

iOSのアップデートが「できない・進まない」ときは?

iOSのアップデートをする際、「アップデートが上手くできない」「アップデートが始まったとしてもなかなか進まない…」という場合があります。この項目では、そんな時の対処法をご紹介いたします。

iOSのアップデートができない時に考えられる原因

iOSのアップデートをしようとしても、「アップデートを確認できません」「アップデートをインストールできません」などの表示が出てアップデートができない場合があります。そんな時考えられる主な原因は以下の通りです。

・空き容量がない
・充電が足りない
・通信環境が安定していない

以下でそれぞれの原因と対処法を詳しくご紹介いたします。

原因①iPhoneの空き容量が足りない

iOSのアップデートには一定の容量が必要になります。必要な空き容量が不足している場合、アップデートは始まりません。

iPhoneの空き容量を増やすには以下の方法がありますので、ご自分に合った方法で容量を確保するのがおすすめです。

ーiPhoneの空き容量を増やす例ー
・不要なアプリを削除する
・不要な写真や動画を解除する
・PCに写真や動画を移す
・データをiCloudへ預ける など

容量を確保した後、もう一度アップデートを試してみてください。

原因②iPhoneの充電が足りない

iPhone本体の充電が十分でないと、アップデートができない場合があります。

アップデートの際はあらかじめ充電をしておくか、充電器を差したままアップデートをするのがおすすめです。

原因③通信環境が不安定

iOSのアップデートは、基本的に「wi-fiに繋がっていなければアップデートができない」ようになっています。

きちんとwi-fiに繋がっているかどうかを確認し、もし通信環境が安定していなければ「wi-fiを接続しなおす」、「同時にwifiに接続している他の機器のwifi接続を切る」などの工夫をしてみてください。

iOSのアップデートが進まない時の対処法

アップデートは始まったものの「なかなかダウンロードのバーが進まない…」「準備中の状態からかなり待っても進まない…」といった状態になることがあります。

主に見られる現象は以下の通りです。

・「リンゴマーク」が出てから先に進まない
・「残り時間を計算中」と表示されてから先に進まない
・「アップデート準備中」と表示されてから先に進まない
・「同意中」と表示されてから先に進まない
上記のような状態になってしまった場合の対処法をご紹介いたします。

対処法①wi-fiの接続状態を確認する

wi-fiの接続が不安定で上手くアップデートが進まない場合があります。通信環境によってアップデートの進み具合も異なるため、暫く待っても進まない場合は「wi-fiを接続しなおす」「同時にwifiに接続している他の機器のwifi接続を切る」などの工夫をしてみてください。

対処法②iPhoneを再起動する

あまりにもアップデートが進まない場合は、端末を再起動してみるのも方法のひとつです。端末を再起動した後、設定画面からもう一度アップデートを試みてください。

対処法③もう一度最初からダウンロードをやり直す

iPhoneのアップデートに必要なデータをダウンロードしても上手くインストールが進まなかった場合は、「アップデートに必要なデータ」を一度削除して最初からやり直すこともできます。

「アップデートに必要なデータ」を削除してもう一度ダウンロードする方法は、以下の通りです。

1.ホーム画面から「設定」を開く
2.「一般」をタップ
3.「ストレージ」をタップ
4.Appのリストが表示されるので「アップデート」をタップ
5.「アップデートを解除」をタップ
6.再び「設定」に戻り、「一般」をタップ
7.「ソフトウェア・アップデート」をタップし再びダウンロード
8.完了

まとめ:アップデートに必要な条件を確認して安全に更新しよう!

今回は、「iOSのアップデートの方法」と「アップデートが進まない時の対処法」についてご紹介いたしました。
iOSのアップデートは、手順さえわかっていればとても簡単です。

「アップデートが始まらない」「アップデートがなかなか進まない…」という事態になった場合は、その原因に合わせた適切な対処をすることが大切です。

iPhoneをアップデートすればこれまでより便利になること間違いなしですので、ぜひこの記事を参考にアップデートをしてみてくださいね。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

タイトルとURLをコピーしました