iPhoneがフリーズ!iPhoneの画面が操作できない時の詳細症状別の対処方法

iPhone
iPhone

「iPhoneの画面がフリーズした!」という経験は、普段iPhoneを使っている人ならよくあると思います。

しかし、原因はさまざまで、色々な方法を試してもうまく起動しないこともあるでしょう。

そこで今回の記事では、iPhoneの画面が操作できないときに試したい、症状別の対処法を詳しくお伝えしたいと思います。

iPhoneが動かず困っている方は、ここで紹介する内容に当てはまるものがあるか確認してみてくださいね。

 1. どの状態にも共通する原因

iPhoneの画面が暗くなる、ホーム画面のまま使えなくなるなど、症状はいろいろあります。

その中で、どの症状にも共通して考えられる原因が2つあります。

1-1.ソフトウェアのバグ

1つ目に考えられるのはソフトウェアのバグです。たとえば、iOSやアプリが最新のバージョンでないときによく起こります。

iOSやアプリの更新が面倒だからという理由で、アップデートを放置していませんか?

アップデート作業をするのは大変に感じるかもしれませんが、最新のバージョンにすることで、それまでに確認された不具合を解決できる効果があります。

もしiPhoneが動かないときに古いソフトウェアがあったら、強制再起動をして最新のものに更新しましょう。

 1-2.落下や水没による破損

iPhoneを頻繁に使っていると、地面に落としてしまったり、浴槽に水没させてしまったりすることもありますよね。

そういった衝撃が加わることで、iPhoneのどこかしらが破損して不具合を起こすこともあるのです。

たとえばディスプレイやボタンはわかりやすいですが、見えない内部のどこかが故障するケースも考えられます。

もしiPhoneに衝撃を与えてしまって、その後画面が動かなければ、修理業者に頼んで直してもらいましょう。

 1-3. 容量が足りていない

iPhoneのメモリやストレージといった容量には上限があります。これらをMAXちかくまで溜めておくと、動作が重くなって最終的に止まってしまいます。

容量不足のアラートが出始めたら、写真、動画、音楽などを整理することを心掛けましょう。

また、この問題を回避するためには、iCloudやGoogleのクラウドサービスなどを使ってデータを移行し、本体のデータを削除するのも有効的です。

 2.ホーム画面で操作できないとき

iPhoneの起動画面

アプリなどは表示されているのに、ホーム画面の状態で操作できないときには、主に2つの原因があります。一つずつ見ていきましょう。

2-1. ディスプレイに不具合がある

先ほど説明したように、iPhone本体に衝撃が加わることは不具合の大きな要因です。

そして衝撃が加わった際に、ディスプレイが割れて感度が悪化してしまうことも。

一見故障しているとわかりませんが、画面が割れた状態で操作ができないときはディスプレイの不具合を疑うといいでしょう。

2-2. 保護フィルムの劣化

画面に保護フィルムを貼っているときは、この原因が考えられます。iPhoneを守るために便利な保護フィルムですが、長年使っていると感度が鈍くなることも。

試しに剥がしてみて、直接触って操作できるかチェックしてみるといいでしょう。

3.アップルマークが表示されるとき

リンゴのアップルマークが表示されて画面が固まってしまうときは、以下のことが考えられます。各項目を解説していきます。

3-1. 内部の故障

落下や水没によってチップや配線が壊れてしまったケースです。その後にアップルマークが表示されて使えなくなったら、内部が故障してしまったサイン。

自分で対処するのは難しいので、修理業者に直してもらいましょう。

 3-2. アップデートできなかった

iOSのアップデートがうまく完了しないと、アップルマークが出たまま動かないことがあります。

アップデートが完了しない原因は、不安定なインターネット環境やバッテリーの不足など。

より高速なWi-Fiに接続して、充電をしっかりしたうえで再度アップデートを試してみましょう。

4.画面が真っ暗なとき

画面が真っ暗な状態で操作ができないときは、2つのことが考えられます。原因を見分ける方法もあわせて紹介していきます。

4-1. ディスプレイケーブルの破損

衝撃を加えたときに、本体とディスプレイを繋ぐケーブルが壊れてしまうのがこのケース。特にiPhoneを落としたときに起こりがちです。

ディスプレイケーブルは内部にあるため、見た目では破損しているとわかりません。

このケースでは、本体を一度充電ケーブルにつないでみましょう。音が鳴ったり、画面に表示されたりすれば、ディスプレイケーブルなど内部が壊れている証拠。自力では直せないので、修理店に持っていくことをおすすめします。

充電して反応がなければ、iOSの問題である可能性が高いです。ソフトウェアのアップデートを試してみてください。

4-2. バックライト切れ

iPhoneのバックライトが機能していないと、画面が真っ暗になることがあります。

このケースでよくあるのは水没です。特にiPhone 6はバックライトのチップが外側に出ているので、不具合が起きやすい傾向にあります。

修理店やAppleサポートに相談して直してもらうといいでしょう。

5.アプリを使っているとき

アプリを使っているときに画面が固まるときは、主に2つの原因があります。それぞれの内容を見ていきましょう。

5-1. アプリのバージョンが古い

使用しているアプリのバージョンが古かったり、最新のiOSに対応していなかったりするケースです。

よくあるのは、iOSをアップデートしたあとにバージョン非対応のアプリを使おうとすると、画面が固まってしまうこと。

アプリのアップデートは提供元が行っているので、本体を強制再起動して、アプリがそのバージョンに対応するのを待つしかありません。

5-2. キャッシュが溜まっている

キャッシュが溜まることで、アプリの使用中に操作できなくなってしまうことも。

キャッシュが一定の量に到達すると、処理速度が遅くなることにつながりまります。

解決するには、以下の手順で削除してくださいね。

・設定アプリを開く

・Safariをタップ

・履歴とWebサイトデータを消去をタップ

・消去を実行

6.iTunesに接続しているとき

アップデートやバックアップを取るためにiTunesに接続している間に、画面が固まってしまうケースです。

原因としては、インターネット環境がよくないことや、アップデート、もしくはバックアップが中断されたことなどが考えられます。

iPhoneを強制再起動するか、PCにつなぎなおして、iOSを再度インストールしてみると解消されるケースが多いです。

7.バッテリーが劣化しているとき

バッテリー残量が表示されているiPhone

iPhoneを3年以上使っていたり、充電回数が通常より多かったりする場合が該当します。

バッテリーが劣化しているかどうかは外見からはわかりません。下記の手順で確認してみましょう。

・設定アプリを開く

・バッテリーをタップ

・バッテリーの状態をタップ

・最大容量を確認

最大容量が80%以下になっていたら、業者に依頼してバッテリー交換をするといいですよ。

これを機に買い替えを検討するのも有り

ご紹介した対処方法でiPhoneが直らない場合は、新しいiPhoneへの買い替えを検討してみても良いかもしれません。

ただ急な故障であまり予算を掛けたくない・・・という方には中古スマホがおすすめです!

弊社運営の中古スマホECサイト「にこスマ」は高品質な中古iPhoneを低価格で提供しており、原則翌営業日に発送。スピード便をご利用いただければ最短当日配送ができますので、故障で急に代わりの端末が必要な方におすすめです。

中古スマホをネットで購入するのは怖いと思いますが、にこスマでは、日本や米国の通信キャリアでも利用されているデータ消去や機能検査のソフトウェアを活用しているため、品質にはご安心ください。

また、万が一端末に不具合、問題があった場合でも30日以内であれば無料で返品可能です。ぜひ自宅から高品質で格安なスマホをお買い求めください。

▼にこスマの公式TOPを見る

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

 まとめ:iPhoneが操作できない原因はさまざま。心配だったら修理業者に見てもらおう

iPhoneが固まって操作できなくなってしまったときのために、症状別の解決法をまとめました。その原因はさまざまで、自分で対処できるものもあれば、そうでないものもあります。

すぐに直したい気持ちはわかりますが、自力で解決できないものは修理業者しか対応できません。

どうしても原因がわからず、対処法に迷ったときは、無理になんとかしようとせずにプロに見てもらうことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました