売る前に!iPhoneを完全にデータ消去(初期化)する方法!

使い方
使い方

iPhoneは、下取り(中古)でも高値で買い取ってもらえることもあり、売りに出そうと考えている人も少なくないと思います。

しかし、スマホ(iPhone)は個人情報の塊だけに、しっかりデータ消去(初期化)できているのか不安で売りに出せないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、売る前にiPhoneを完全にデータ消去(初期化)する方法について解説していきたいと思います。

iPhoneを完全にデータ消去(初期化)する方法

まず、iPhoneを初期化したら、どうなるのでしょうか?

簡単に言うと、iPhoneの初期化は、工場から出荷された状態に戻ります。

具体的には、

  • 連絡先、写真、メール、メモなどiPhone内に保存されている全データ
  • Apple ID、パスコード、Face ID/Touch ID、Wi-Fi、Bluetoothなどの全設定

が消去されます。

これにより、初期化前に事前に行っておかないと、中古として売った後、購入者が困ることも起きてしまいます。

後述して、「データ消去(初期化)前にやっておきたいこと」を見てください。

なお、全データ、全設定が消去されますが、アップデートしたiOSだけは、アップデートしたままの状態で、工場出荷時のiOSに戻ることはありません。

本題のiPhoneのデータ消去(初期化)する方法です。

  1. 【設定】をタップします
  2. 【一般】をタップします
  3. 【リセット】をタップします
  4. 【すべてのコンテンツと設定を消去】をタップします
  5. 事前にバックアップを取るか、「今すぐ消去」か選び、タップします
  6. パスコードを入力します
  7. 「iPhoneを消去」を2回タップします
  8. Appleのロゴマーク(リンゴマーク)が表示され、「こんにちは」と出ましたら初期化完了です。

一度、初期化したものは、iTunesやiCloudにデータを事前に保存しておく(詳しくは後述)ことをしていない限り、元通りに復元できませんので、初期化作業は慎重に行ってください。

パスコードが分からない…強制初期化方法

上記の通り、初期化にはパスコードが分からないと進めることができません。

パスコードが分からなく、初期化ができない場合は、iCloudやiTunes経由で強制初期化することも可能です。

これらのやり方では、パソコンから遠隔操作で初期化することも可能なため、紛失してしまった際に、個人情報漏れが不安なので初期化したい場合にも有効的です。

まずは、「iPhoneを探す」を利用しての強制初期化方法です。

※iPhoneの電源が入っている状態でないとできません。

  1. iCloudにアクセス(パソコンでもiPhoneでもOK)し、Apple IDとパスワードを入力してサインインします
  2. 「iPhoneを探す」をタップします
  3. マップが表示されたら(初期化したい)iPhoneをタップします
  4. 「iPhoneを消去」をタップします

続いては、パソコンを使って、iTunes経由で初期化する方法です。

  1. (iPhone)「iPhoneを探す」をオフにしてください。(【設定】→【名前をタップ】→【探す】→【iPhoneを探す】をオフにする。)
  2. (PC)iTunesを最新バージョンにアップデートします(既に最新の場合は不要)
  3. (PC・iPhone)パソコンでiTunesを開き、iPhoneと通信可能なライトニングケーブルで接続します
  4. iTunesをApple IDとパスワードを入力してサインインします
  5. (PC)(初期化したい)iPhoneを選びます
  6. (PC)【概要】をクリックし、【iPhoneを復元】をクリックします
  7. (PC)【復元】をクリックし、初期化完了です

このとおり、iCliud、iTunes、どちらを使う強制初期化の方法でも、Apple IDとパスワードは必須となります。

(そうではないと、誰でも簡単に他人のiPhoneを初期化できてしまいますからね。)

そのため、Apple ID、パスワードも分からないという場合は、一度、Appleの公式サポート(https://support.apple.com/ja-jp)に問い合わせ(電話やチャットで対応)となります。

データ消去(初期化)前にやっておきたいこと

上記したとおり、データ消去(初期化)すると、全データ、全設定が無くなります。

そのために、データ消去(初期化)を行う前に、やっておきたいことがいくつかあります。

  • iPhoneのデータをバックアップする
  • iCloudからサインアウトする
  • 「iPhoneを探す」をオフにする
  • Apple Payに登録してある「Suica」を削除する
  • iMessageの登録を解除する(※Android等iPhone(iOSデバイス)以外に機種変更する方)
  • Apple Watchのペアリングを解除する(※Apple Watchを使用している方)

があります。

それぞれのやり方を詳しく見てみましょう。

iPhoneのデータをバックアップする

最も、初期化前にやっておきたい作業はデータのバックアップです。

初期化作業をする際も、バックアップを取るか確認されるように、初期化後はバックアップを取っておかないと、データの復元はできません。

また、新しいiPhoneに機種変更した際も、下記のいずれかのやり方でバックアップ(もしくはデータ移行)をしておきましょう。

バックアップ方法は以下の通りです。

iCloudでバックアップ(iPhoneのみでバックアップ可)

まずは、iCloudを利用して、クラウド上にデータ保存(バックアップ)する方法です。

iCloud上にデータを保存するため、iPhoneのみで保存ができ、(新しいiPhoneに機種変更するなどの際の)復元作業も、iPhoneのみで行うことができます。

  1. 【設定】をタップします
  2. 【名前】のところをタップします
  3. 【iCloud】をタップします
  4. 【iCloudバックアップ】をタップします
  5. 【iCloudバックアップ】をオンにします

  6. 【iCloudバックアップ開始】の【OK】をタップします
  7. 【いますぐバックアップを作成】をタップします

iCloudの容量が足りないとバックアップできません。

容量不足(デフォルト時にiCloud5GBがあります。)の場合は、追加容量は2TB、月額1,300円で購入するか、保存するデータから不要と思われるものを削除するなどをしてください。

iTunesにバックアップ(パソコン必要)

自身のパソコン上にiTunesを使ってバックアップする方法があります。

パソコン上での保存のため、セキュリティレベルが高く安心です。

  1. iTunesを開きます(※パソコンにiTunesがインストールしていない場合はインストールしてください。)
  2. パソコンとiPhoneを通信可能ライトニングケーブル(純正ケーブルなど)で接続します
  3. iTune上に「iPhone」マークが表示されますので、それをクリックします
  4. 【概要】→【バックアップ】→【このコンピュータ】と進みます
  5. 【ローカルバックアップを暗号化】にチェックを入れます
  6. 【今すぐバックアップ】をクリックすると、バックアップ開始されます

「クイックスタート」を利用し、新しいiPhoneにデータ転送する

正確に言えば、データ保存(バックアップ)ではなく、データ転送になりますが、

【クリックスタート】とは、Bluetoohを使って、古いiPhoneから(機種変更した)iPhoneにデータを直接転送する方法です。

やり方は、簡単で

  1. 旧、新iPhoneともにiOS12.4以降にアップデートする(なっている場合は不要)
  2. 新iPhoneにSIMカードを入れて、電源を入れます
  3. 古いiPhoneのロックを解除し、BluetoothとWi-Fi接続をオンにします
  4. 古いiPhoneと新しいiPhoneを横に置きます
  5. 「こんにちは」と新しいiPhoneが表示したら、上スワイプ(ホームボタンが有るiPhoneではホームボタンを押す)をします

となっています。

なお、クリックスタートはiPhoneからiPhoneに機種変更する場合のみできる方法で、Androidに機種変更の場合は、上記のiTunes経由の方法か、各スマホメーカーが提供しているデータ移行アプリなどを使ってください。

iCloudからサインアウトする

中古で売る場合、(販売店ではなく個人間取引の場合は特に)iCloudをサインインしたままですと、iTunes Store、App Storeなどがそのまま使えてしまいます。

iCloudのサインアウト方法は、【設定】→【名前】のところをタップ→【サインアウト】です。

「iPhoneを探す」をオフにする

「iPhoneを探す」をオフしておかないと、中古して売った場合、新しいユーザーが使えなくなってしまいます。「iPhoneを探す」のオフにする方法は、

【設定】→【名前】のところをタップ→【探す】→【iPhoneを探す】をオフにする

となっています。

Apple Payに登録してある「Suica」を削除する

Apple Payに登録ができるSuica(モバイルSuica)は、1枚あたり1台にしか登録できない仕様になっているため、古いiPhoneに登録したままですと、新しいiPhoneでSuicaの登録ができません。

なお、iPhoneからiPhoneへの機種変更の場合のやり方で、iPhoneからAndroidへの機種変更では、Apple PayのSuicaを一旦退会する必要があります。Apple Payに登録してあるSuicaの削除方法は、

【設定】→【WalletとApple Pay】→【Suica】をタップ→【このカードを削除】

となっています。

iMessageの登録を解除する(※Android等iPhone(iOSデバイス)以外に機種変更する方)

iPhoneからAndroidに機種変更をする人のみになりますが、iMessageを解除しておかないと、SMSが使えなくなるケースがあります。iMessageを解除方法は、

【設定】→【メッセージ】→【iMessage】をオフにする(チェックを外す)

となっています。

Apple Watchのペアリングを解除する(※Apple Watchを使用している方)

Apple Watchと古いiPhoneを同期している場合のみですが、Apple Watchのペアリングを解除しないと、新しいiPhoneでApple Watchが使えなくなってしまいます。

Apple Watchのペアリング解除方法は、

Apple WatchとiPhoneを近づける→iPhoneで【Apple Watch】アプリをタップ→【Apple Watch】をタップ→【ペアリング解除するApple Watchの右側にある「i」アイコンをタップ】→【Apple Watchとのペアリングを解除】をタップ

まとめ

今回は、「売る前にiPhoneを完全にデータ消去(初期化)する方法!」についてお送りしました。

iPhoneのデータ消去(初期化)自体はすごく簡単ですので、初期化前に新しいiPhoneで使えなくなる、売ったiPhoneを買ったユーザーが使えなくなることを避けるために、上記のやるべきことをやって、安心して売りに出しましょう。

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

タイトルとURLをコピーしました