iPhoneでeSIMを設定する方法を詳しく解説!

iPhone
iPhone

本体にあらかじめ内蔵されたSIMカードを使用する「eSIM」には、通信事業者からSIMカードを受け取る手続きが不要で、契約してから回線の開通までを素早く行うことができます。

また、通常のnanoSIMの挿入口に加えてあらかじめeSIMが内蔵されている「デュアルSIM」に対応した機種もあり、複数の回線契約を一台で使い分けるという活用方法もあります。

この記事では、まだまだ聞き慣れない「eSIM」とは何かについて解説するとともに、iPhoneに内蔵されているeSIMを使って通信を行うための設定方法についてご紹介します。

eSIMとは

SIMカード

eSIMを設定するためには、まずeSIMとは何なのかについて知っておかなくてはなりません。

SIMカードは今まで通信事業者がユーザーに貸し出す形で提供されています。

新規契約する時には新たなSIMカードが発行され、機種変更する時には古い端末から新しい端末に入れ替えたり、サイズが変更になれば新しく発行されます。そして、不要になったSIMカードについては返却の義務があります。

SIMカードの次世代規格であるeSIMとは、embedded Subscriber Identity Moduleの略で、文字通り埋め込み式(embedded)のSIMカード(Subscriber Identity Module)となります。

eSIMは機種が製造された段階であらかじめ本体内に埋め込まれており、端末から抜き差しすることができません。出荷される段階では契約情報が何も書き込まれていないので、購入後に設定によって通信ができる状態にする必要があります。

iPhoneでeSIMを利用するメリット

iPhoneXS

iPhoneは昔から細いピンのようなものを差し込んでSIMカードの抜き差しをしていたイメージが強いと思いますが、実は数年前からeSIMも内蔵されるようになりました。

iPhoneに内蔵されたeSIMを活用すると、次のようなメリットがあります。

①SIMカードの到着を待たずすぐに利用開始ができる

②メイン回線とサブ回線を使い分けることができる

SIMカードの到着を待たずすぐに利用開始できる

通常のSIMカードの場合、大手通信キャリアでの契約であれば店舗の窓口でiPhoneとSIMカードを受け取ってその場で開通作業をすることができますが、店舗を持たない格安SIMの場合はSIMカードが送られてくるのを待たなくてはなりません。

それに対してeSIMは既に本体に内蔵されており、ネット上で契約手続きを行うだけで設定する準備が整うので、SIMカードの到着を待つことなくすぐに使い始めることができます。

申し込みから通信の利用開始までの所要時間は数十分なので、店舗で待つ必要も郵送を待つ必要もありません。

メイン回線とサブ回線とで使い分けることができる

2色のiPhoneXR

通常のSIMカードと内蔵式のeSIMを同時に使用することもできるので、回線を2種類使い分けることも可能です。

メイン回線とサブ回線として使い分けることによって次のような使い方ができます。

電話番号の使い分け

メイン回線とサブ回線で電話番号を使い分けることができます。

例えば仕事で自分のiPhoneを使用する時、取引先へ自分個人の電話番号で連絡するのは個人情報保護の観点と自分の個人情報を守るという観点から推奨されません。

そんな時は、メイン回線は自分の携帯電話の契約として使用しながら、eSIMで仕事用の電話番号を契約して使用することで解決します。

わざわざプライベート用と仕事用の2台持ちをするのは荷物が増えるので嫌だという場合にも非常に効果的です。

 

音声契約とデータ通信契約での使い分け

大手通信キャリアのデータプランは最近安くなりつつあるとはいえ、まだまだ高いと感じている方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、メインの電話回線は大手通信キャリアの電話番号で継続し、データ通信のプランだけ格安SIMの安いプランで使用するということができます。

iPhoneを使用するにあたって、電話を使う時と通信を使う時で設定を切り替えるといった必要もなく使用することができるので、快適にお得な契約を組むことが可能となります。

eSIMに対応しているiPhone一覧

便利なeSIMを内蔵しているiPhoneは数年前から登場しています。

2021年1月時点でのeSIMに対応しているiPhoneは以下の11機種です。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Max

2018年に発売されたiPhone XSシリーズ以降のiPhoneは全てeSIMを内蔵しています。

今後、大手通信キャリアだけでなく様々な通信事業者を選ぶことができる時代になっていくので、それに合わせて今後もeSIM対応が定番化すると考えられています。

iPhone XSシリーズ以前の機種をお使いの方はeSIMが使えないので、もっとお得で賢い使い方をしたい場合はiPhone XSなど数年前の機種を中古で手に入れるのもおすすめです。

iPhoneの性能はiPhone 7以降は電子決済や耐水にも対応し、キャッシュレス決済が一般化してきた現代でも十分活用できるスペックを搭載しているので、iPhone XSシリーズも十分現役として使用することができます。

eSIMで契約できる通信事業者

日本国内でeSIMに対応した通信事業者はまだそこまで多くはありません。現時点では以下の2社が対応しています。

・楽天モバイル(楽天)

・IIJ mio(インターネットイニシアティブ)

楽天モバイル

日本国内で第4のキャリアとして参入してきた楽天モバイルが、大手通信キャリアの中で唯一eSIMに対応した契約プランを提供しています。

まだまだ自局の設備を整え始めたばかりの新規参入企業なので、通信回線の安定性についてはドコモ・au・ソフトバンクと比較すると見劣りする部分はあるかもしれませんが、そのわかりやすい料金プランと窓口でのサポートなどもあり人気です。

シンプルな料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」

楽天の料金プランは非常にシンプルでわかりやすく設計されています。

選べるプランは「Rakuten UN-LIMIT V」の一択のみ。月額2,980円となり、楽天の電波が利用可能なエリアでの通信は上限なしの無制限となります。

楽天回線のエリアマップは公式ページで公開されているのでご確認ください。

また、楽天回線のエリア外では別の大手通信キャリアの電波網を使って通信することが可能で、その場合でも通信料の上限は月5GBと比較的大容量です。

月5GBを超えると通信速度は最大1Mbpsとなります。ドコモ・au・ソフトバンクの3社は通信制限がかかると128kbpsとなるので、制限がかかった場合では楽天モバイルの方が通信速度は早くなります。

大手通信キャリアの料金プランと比較しても、電話とネット(月5GB)で2,980円ならかなり安いですね。

また、楽天回線の5Gエリア内であれば5G通信も利用可能となります。現時点では格安SIMでは体験できないので、ここも人気のポイントとなります。

2つ目の電話番号として使用するのがおすすめ

IIJ mio

IIJ mioはIIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する格安SIMプランです。

その名を聞いたことがないという方もいるかもしれませんが、実は2012年からサービスを提供している老舗の格安SIMなのです。

運営元のIIJは、日本で初めて商用のインターネット接続サービスを始めた企業で、通信網についての知見や技術に信頼性があります。

また、新しい端末やOSへの動作確認も迅速で、旧機種でも最新のOSにアップデートして長く使えるiPhoneとの相性も抜群です。

データ通信専用の格安プラン「データプランゼロ(eSIM)」

IIJ mioのeSIMプランはデータ通信に特化した設計となっています。

初期費用3,000円
月額料金150円/月
追加データ量 1GB300円
追加データ量 2〜10GB450円
プロファイル再発行手数料0円

基本料金は何と月額150円。最初の1GBを使いたい場合は300円の追加料金を支払い、それ以降2〜10GBまでは1GBあたり450円の追加料金で利用することができます。

10GB使っても最大で4,450円です。

このプランのスゴイところは、1GBごとのデータ通信の追加料金が大手通信キャリアより安いということです。

ドコモ・au・ソフトバンクでは1GB追加するごとに1,000円必要ですが、IIJ mioなら最大でもその半額以下の450円です。

つまり、メイン回線の大手通信キャリアのプランを最小の容量で契約しておきながら、制限がかかってしまった時にのみIIJ mioで必要な分だけ利用すると月額料金を安く抑えることができます。

予備のデータ回線として月額150円で維持し、必要な時だけ使うという使い方がおすすめです。

必要な時だけ使うデータプランとして契約しておくのがおすすめ

iPhoneでeSIMを設定する方法


iPhoneでeSIMを利用開始するための手順を解説します。

手続きはネットで完結するので、既に手元にeSIM内蔵タイプのSIMフリーiPhoneをお持ちの方はすぐにでも利用開始することができます。

eSIMで契約するのは大手通信キャリアではないので、SIMフリー端末であることが条件となります。

あらかじめ、SIMフリーのiPhoneを準備しておきましょう。

大手通信キャリアでiPhoneを購入した方は、SIMロック解除の手続きが必要です。

eSIMを申し込む

各社のWebサイトからeSIMプランを申し込みます。

楽天モバイルの場合は、以下のページから「プランを選択する」をクリックし、SIMタイプの項目で「eSIM」を選択します。

IIJ mioの場合は、以下のページの「今なら初期1円お申し込み」をクリックし、案内に沿って進めてください。

接続設定用のQRコードを確認する

申し込みが完了すると、通信キャリアからeSIMの接続設定用QRコードが発行されます。こちらは各社のマイページ・会員ページから確認することができます。

発行されたQRコードを使ってiPhoneで設定を行う

パソコンでの申し込みはここまで。あとはiPhoneから以下の手順で設定をおこないます。

  1. 設定アプリを開きます
  2. [モバイル通信]をタップします
  3. [モバイル通信プランを追加]をタップします
  4. カメラが起動するので、QRコードを読み取ります
  5. [モバイル通信プランを追加]をタップします

楽天モバイルもIIJ mioも同じ手順となります。

iPhoneのディスプレイ左上に、通信キャリアの電波を表すアイコンとキャリア名が2つ表示されていれば設定完了です。

iPhoneを賢く使うならeSIMを活用しよう

eSIMなら電話番号2つの使い分けやデータ通信専用SIMとしての活用、メイン回線の通信制限対策など、月額料金を抑えながらiPhoneの機能を最大限に活用することができます。

また、料金プランや手続き、設定に至るまで全てがシンプルでわかりやすく、契約したいと思った時にはすぐに使い始めることができる気軽さも魅力です。

今現在大手通信キャリアのプランを使っていて、月額料金が高いなと感じている方は、格安SIMに乗り換えるのも一つの手ではあります。

しかし、格安SIMへの乗り換え時に解約金がかかってしまったり、そもそもサポートが完全になくなってしまうのは不安だという方はeSIMで第2の電話回線を使うところから始めてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルもIIJ mioも定期契約期間の縛りや解約金がないので、使用感を試すのにもちょうどいいプランとなっています。

賢い使い分けや大手通信キャリアから格安SIMへの移動の参考など、様々な使い方ができるeSIMでの契約をぜひお試しください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone 11 Pro

タイトルとURLをコピーしました