iPhoneにAppleCare+って必要?保証内容と料金を解説!

使い方
使い方

Appleが提供するアフターサポートサービスのApple Care+に加入するかどうか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。

iPhoneは常日頃から肌身離さず持ち歩いていることの多い端末であり、生活の一部になくてはならない存在だからこそ、もしものために考えておきたいですよね。

今回の記事では、Apple Care+の保証内容を詳しくご紹介し、保証がある時とない時でどれくらいの差があるのかを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Apple Care +とは

Apple Care+とは、Apple製品購入に合わせてセットで購入することで2年間端末に対して手厚い保証を付けてくれるサービスです。

Apple製品には標準で「Apple Care」が付いており、Apple Care+はその通常保証のグレードアップ版となります。

Apple Care+が必要なのかどうかを判断するために、まずは無料のApple Careについて知っておきましょう。

標準のApple Careの保証内容

無料のApple Careで対象となる保証内容は以下の2点です。

・1年間のハードウェア保証
・90日間のテクニカルサポート

それぞれのサポート内容を解説します。

ハードウェア保証

ハードウェア保証とは、Apple製品を購入してから1年間以下のトラブルに対応してもらえる保証サービスです。

自然故障と判断される不具合に対応してもらえます。

iPhoneの調子が悪いなと感じた場合、Apple Storeの修理窓口またはAppleの正規プロバイダへ持ち込むと、その場で点検してくれます。

点検の結果、画面や本体が割れていたりその他事故と思われる故障が見つかった場合などは無償交換の対象外となります。

その場合は修理費用を支払って有償で修理することとなります。

修理費用は修理する部分によって異なりますが、基本的に高額となることが多いです。

落下や水没などには十分注意しましょう。

・自然故障と判断される不具合
・iPhone自体に事故や過失による故障がないことが条件
・事故や過失が合った場合は有償対応

90日間の無償サポート

Apple製品を購入してから90日間は、Appleの無償サポートを受けることができます。

これは、Apple製品の使用方法や純正アプリについて、わからないことを教えてくれる電話サポートです。

特にApple製品を使うのが初めてだという人は、Apple IDの作成やApple製品同士の同期方法などでわからないことが出てくるケースが多いので、90日間サポートがあるのは安心ですよね。

ただし、LINEやTwitterなどApple純正以外のサードパーティと呼ばれるアプリやサービスについては対象外となります。

・90日間電話でサポートしてくれる
・iPhoneやApple純正アプリ、Apple IDなどの操作、手続き方法について教えてくれる
・LINEやTwitterなどのサードパーティアプリ、サービスは対象外

Apple Care +で受けられる追加保証

Apple CareをApple Care+にグレードアップして得られる保証内容は、もしもの時のために非常に安心できるサポートとなっています。

それは大きく分けて以下の5つです。

  • ハードウェア保証の期間を2年に延長
  • 無償サポートの期間も2年に延長
  • 年2回まで有償修理費用が特別料金に
  • バッテリーも無償交換可能
  • エクスプレス交換サービス

不慮の事故に備えるという意味で考えると非常に手厚い保証内容となっています。
ひとつずつ詳しく解説していきます。

ハードウェア保証の期間を2年に延長

Apple Careでは1年間だったハードウェア保証が2年間に延長されます。

iPhoneの買い替え周期として一般的な2年の間、自然故障が絶対に起こらないとは言い切れません。

画面のチラつきやカメラの不具合など、iPhone内部の不具合はどれだけ綺麗に使っていても起こる時は起こってしまうものです。

iPhoneを24ヶ月で分割購入している人にとっては2年目で自然故障が起こってしまうと買い換えるわけにもいかず高額な修理費を支払わなくてはならなくなる可能性があるため、2年間保証してもらえるのは安心ですよね。

無償サポートの期間も2年に延長

電話での無償サポート期間も2年間に延長されます。

常日頃からサポートへ電話をたくさんかける人は稀だと思いますが、聞きたいことやわからないことはある程度時間が経ってから生まれることもあります。

ある程度のことは手持ちのiPhoneでネット検索をすれば調べられますが、Appleのアカウント関連のことで何をやってもうまくいかないという場合など、どうしても解決しないことが起こった場合に頼れる電話窓口があると助かります。

年2回まで有償修理費用が特別料金に

iPhoneの修理の中でも、落下による破損や水没など事故による修理には高額な修理費用が必要になります。

そんな有償修理費用が年2回まで特別料金になるという保証です。

ここでは、Apple Care+に加入している場合としていない場合とで修理費用がどれくらい変わるのかを比較してみましょう。

 

■Apple Care+に加入時の修理料金

画面破損のみの修理その他の修理
全機種3,700円12,900円

 

■通常の修理料金

画面破損のみの修理その他の修理
iPhone 12 Pro Max35,800円64,800円
iPhone 12 Pro30,400円59,800円
iPhone 1230,400円47,800円
iPhone 12 mini24,800円42,800円
iPhone 11 Pro Max35,800円64,800円
iPhone 11 Pro30,400円59,800円
iPhone 1121,800円42,800円
iPhone SE(第2世代)14,500円30,400円
iPhone XS Max35,800円64,800円
iPhone XS30,400円59,800円
iPhone XR21,800円42,800円
iPhone X30,400円59,800円
iPhone 8 Plus18,400円42,800円
iPhone 816,400円36,400円
iPhone 7 Plus18,400円36,400円
iPhone 716,400円32,800円
iPhone 6s Plus18,400円35,800円
iPhone 6s16,400円32,700円
iPhone 6 Plus16,400円35,800円
iPhone 616,400円32,700円
iPhone SE14,500円32,700円
iPhone 5s / iPhone 5c14,800円30,400円

Apple Care+へ加入さえしていれば修理費用が画面破損で3,700円、その他の修理についても12,900円で済むのに対し、通常の修理料金は本体価格のほぼ半額近くになってしまいます。

特に価格の高い大型のiPhoneになればなるほど修理費用が高くなっていくので、iPhoneをよく落としてしまう人は注意が必要です。

・よくある画面破損は3,700円という破格の安さで修理ができる
・その他の修理でも12,900円で修理ができる
・Apple Care+がない場合の修理費用は最大64,800円で端末価格の約半分

エクスプレス交換サービス

12,900円の修理を受けた時に、iPhoneが修理されるのを待つことなく新品同様のiPhoneを新たに届けてくれるサービスです。

通常はiPhoneを修理に預けると、修理拠点で破損箇所を修理して帰ってくるまでに時間がかかります。その間は代替機を用意して使用しなくてはならないため、代替機にデータを移行し、iPhoneが修理から戻ってきたらもう一度データの移行処理をする必要があります。

代替機が用意できない場合は修理から帰ってくるまでiPhoneなしで過ごさなくてはならないため非常に不便です。

エクスプレス交換サービスでは、こうした不便をなくすために新たなiPhoneを送料無料ですぐに届けてくれます。

日頃からiCloudにデータのバックアップをとっていればその場で設定もすぐにでき、iPhoneが使えない期間を限りなく短くすることができるので、スマホがない不安な状態で待つ必要がなくなります。

・通常の修理では端末を預ける必要があるので手元にiPhoneがない期間が発生する
・エクスプレス交換では新品同様品をすぐに手配してくれる
・交換品が届いたら故障機を送り返すだけでOK

紛失にも対応してくれるApple Care +盗難・紛失プラン

Applecare+のプラン選択画面

いままでのApple Care+には、紛失盗難には対応していないという弱点がありました。

修理可能な範囲の現物があれば大抵のことはなんとかなるApple Care+ですが、モノがなければどうにもできません。

そんなApple Care+に、紛失盗難にも対応した「Apple Care+盗難・紛失プラン」が登場しました。

こちらは、盗難・紛失により端末が手元にない場合に12,900円で新品同様のiPhoneを届けてくれるサービスで、年2回まで利用が可能となっています。

この保証がない場合、たとえApple Care+に加入していたとしても保証の対象外となってしまい、iPhoneを買い換えるしかなくなります。

盗難・紛失に対する保証を受けるには、iPhoneの盗難・紛失が発生した時点で、対象のiPhone上で「iPhoneを探す」が有効になっている必要があります

もしもの時に備えて「iPhoneを探す」は常に有効にしておきましょう。

・Apple Care+に加えて盗難・紛失にも対応
・12,900円で新品同様品を届けてくれる
・iPhoneを探すは常に有効にしておこう

Apple Care +の価格

修理費用が安くなったり、紛失・盗難時に格安の料金で新品同様品を届けてくれるApple Care+とApple Care+盗難・紛失プランですが、保証そのものの価格がいくらなのかによって購入するかどうか考えたいという人も多いでしょう。

Apple Care+の価格は機種によってことなるので、具体的にいくら必要なのかを比較して見てみましょう。

Apple Care+Apple Care+盗難・紛失プラン
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
22,800円24,800円
iPhone 12
iPhone 12 mini
16,800円18,800円
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
22,800円24,800円
iPhone 1116,800円18,800円
iPhone SE(第2世代)8,800円10,800円
iPhone XR16,800円18,800円

ここでは修理にかかるトータル金額で比較するとわかりやすいでしょう。

例えばiPhone 12 ProをApple Care+未加入の状態で画面破損した場合の修理費用は30,400円です。

それに対し、Apple Care+に加入した状態で画面破損をした場合の修理費用はApple Care+の購入料金が22,800円で画面破損の修理費用が3,700円なので合計26,500円となります。

この場合は3,900円お得という計算になります。

いずれにしても、一度でも修理が発生するような事象が起きた場合はApple Care+へ加入している方が安く済むことになります。

Apple Care +に加入できるのは購入から30日以内まで

Apple Care+へ加入できるのは、新しくApple製品を購入してから30日以内までとなります。

製品購入と同時に加入するか、購入から30日以内に追加で手続きをする必要があります。

最初は加入するかどうか迷ってやめた人も、次の4種類の方法で加入することができるようになっています。

iPhoneの操作で加入する

Apple Care+はiPhoneの設定アプリから加入することができます。

操作手順は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリをタップする
  2. 「一般」をタップする
  3. 「情報」をタップする
  4. 「Apple Care+保証が利用可能です」をタップする
  5. 「Apple Care+」「Apple Care+盗難・紛失プラン」のどちらかを選択する
  6. 規約への同意をする
  7. クレジットカードの情報を入力する
  8. 住所・氏名など購入者の情報を入力する

これだけでApple Care+への加入が可能となります。

オンラインで手続きをする

Apple公式サイトのマイサポートから加入することができます。

手順は以下の通りです。

  1. 「デバイスのシリアル番号を入力」にお使いのiPhoneのIMEI番号(製造番号)を入力する
  2. 「内容を確認して購入」をクリック
  3. 「Apple Care+」「Apple Care+盗難・紛失プラン」のどちらかを選択する
  4. Apple IDでログインする
  5. デバイスが正常動作しているか、オンラインテストを行う
  6. 規約への同意をする
  7. 住所・氏名など購入者の情報を入力する
  8. クレジットカードの情報を入力する

マイサポートからの手続きではiPhoneの設定アプリからの手続きよりも少し手順が増えます。

Apple Storeで手続きをする

Apple Storeへ直接行って手続きする方法もあります。

スタッフさんの案内を直接聞きたい時に便利です。

手続きの際にはiPhoneの点検の実施と購入証明書の提示が必要となります。

iPhoneを購入した際に受け取った書類は全て持参するようにしましょう。

電話で手続きをする

Apple Careサービス&サポートライン(0120-277-535)に直接電話して加入する方法もあります。

この場合は、スタッフの指示にしたがって自分でiPhoneの診断をし、購入証明書の提示が必要となります。

Apple Care+はどんな人におすすめ?

Apple Care+はもしもの時の安心保証が付いたサービスです。

保証と聞くと入っておいた方が安心と感じるものの、やはり値段が値段だけに迷ってしまいますよね。

最後に、Apple Care+が必要な人とそうでない人はそれぞれどんな人なのかをまとめました。

Apple Care+が必要な人

Apple Care+のメリットはなんといってもiPhonenの故障に対する修理サポートです。

その観点から、こんな人におすすめです。

  • iPhoneをよく落下させてしまう人
  • iPhoneを胸ポケットに入れて持ち歩くことが多い人
  • ケースを付けずにiPhoneを裸で使いたい人
  • 一度買ったiPhoneは長く使いたい人

iPhoneをよく落としてしまう人とは例えば手が小さな人、片手操作をすることが多い人、車の乗り降りが多くよく落としそうになる人、iPhoneを胸ポケットに入れて持ち歩く人などです。

特に胸ポケットに入れている場合、咄嗟に前屈みになった時に落下させてしまうというのはよくあることではないでしょうか。

美しいiPhoneはケースを付けずに裸で使いたいという人は、画面の破損だけでなく使い続けることで背面や側面にも小傷が多くなってきます。そうしてボロボロになってしまった時でもApple Care+で修理できれば格安で新品同様に生まれ変わるのでぜひ活用したいですよね。

Apple Care+が必要ない人

逆に、Apple Care+が必要ない人はこんな人ではないでしょうか。

  • 毎年iPhoneを最新機種に買い換える人
  • ケースと保護フィルムをつけて大事に使う人
  • 今まで落下させて破損したことがない人
  • 電話サポートは必要ない人

Apple Care+は、iPhonenが故障して初めて役に立つサービスです。そのため、iPhoneを使い始めて何年もiPhoneを修理したことがない人にとってはApple Care+は不要と言えるでしょう。

例えば、2年に1回のペースでiPhoneを買い替えて毎回Apple Care+に加入する場合、その度に22,800円を支払うことになります。

iPhoneを2年間使用して故障せずに過ごした場合、その22,800円は無駄となり、それがiPhone3台分で合計6年続いた場合68,400円が無駄に消えています。

iPhoneを3台使い続けて1回だけ修理が必要になったとしても最大で64,800円の出費となるので、Apple Care+へ毎回加入し続けるよりも安く済みます。

破損させる心配がないと自信を持って言える人にとっては必要ないでしょう。

普段のiPhoneの使い方を思い返して決めよう

Apple Care+は未来に起こるかもしれない事故に対する保証なので、どんな人にとっても必要と言えますし、2年間が経過してから結果的に必要なかったと言える人もいます。

必要か必要ではないかは自分自身のiPhoneの使い方を思い返して、確率的に破損させる可能性があるかどうか、今まで破損させたことがあるかどうかによって決めるのが一番良いでしょう。

年々高価になっていくiPhoneですが、普段から肌身離さず持っているモノだからこそ、壊さないように必要以上に気をつけながら使うよりも気楽に扱いたいと言う人は「安心を買う」という意味で加入するのもいいのではないでしょうか。

中古iPhone × あんしん保険なら「にこスマ」!

「高い新品iPhoneを買って保険にも入るとかなりお金がかかるな・・・」と感じた方は、中古iPhoneを検討してみてはいかがでしょうか。

またにこスマでは月額500円で修理費用を補償してくれる「にこスマ安心保険」のご提供もしております。もし「壊すかもしれないし、最新機種じゃなくて少し前のモデルでも良いかな・・・」という方はぜひ一度にこスマをのぞいてみてください!

▼にこスマの公式TOPを見る

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
Pixel 3シリーズ

タイトルとURLをコピーしました