iPhoneを使い始める時に必要な「アクティベーション」ってなに?

iPhone
iPhone使い方

iPhoneを初めて使う方や、滅多に初期化をする機会がない方にとって「アクティベーション」という言葉はあまり聞き慣れないのではないでしょうか。

しかし、アクティベーションは今後もiPhoneを使っていく上で必ず理解しておいた方が良い用語です。

アクティベーションが必要になった時に、やり方がわからなかったりできなかったりすると、最悪の場合iPhoneを使えなくなってしまう可能性もあります。

今回の記事では、iPhoneのアクティベーションについて、何のために行うのかとその手順、アクティベーションできない時の対策について解説します。

iPhoneのアクティベーションとは?

iPhoneのアクティベーション画面

iPhoneのアクティベーションとは、初期設定のことです。

iPhoneを購入すると、最初に真っ白な画面に黒い文字で世界各国の挨拶文が表示されますよね。

その時点からホーム画面に辿り着くまでの設定のことをアクティベーションと呼びます。

アクティベーションでは、言語や地域の選択、Wi-Fiやモバイル通信などの通信方法、Apple IDとパスコード、Face IDなどの生体認証などさまざまな設定を行います。

このアクティベーションの設定方法にもさまざまな種類があります。

【iPhoneのアクティベートで設定する項目】
・言語
・国、地域
・通信方法(Wi-Fi / モバイルネットワーク)
・Face ID / Touch ID
・パスコード
・バックアップデータの復元
・Apple ID
・OSの自動アップデート
・iMessageとFace Time
・位置情報サービスのON/OFF
・Siri
・スクリーンタイム
・iPhoneの解析
・True ToneディスプレイのON/OFF
・ダークモードのON/OFF

アクティベーションはどんな時に必要?

スマホをみながら困っている人

iPhoneの初期設定なら最初に済ませたからもう必要ないと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、iPhonenの初期設定が必要になるタイミングは今後必ず訪れます。

ここでは、主にどんな時にアクティベーションが必要なのかを解説します。

iPhone購入時の初期設定

iPhoneをお使いのみなさんが一度は設定しているアクティベーションが「iPhone購入時の初期設定」です。

大手通信キャリアのショップで購入した場合はショップ店員さんが設定してくれることもあるので、触ったことがない方も中にはいるかもしれません。

iPhoneを購入した直後は工場出荷時の状態で箱詰めされているため、最初に開封した時には必ずアクティベーションが必要となります。これは中古で購入したiPhoneでも同じです。

基本的にはiPhoneの画面の上に表示された指示にしたがって操作すれば完結できますが、選ぶ選択肢によっては前に使っていたiPhoneの設定情報を引き継げるかどうかが変わってきます。

iPhoneの初期化時

iPhone自体に不具合が発生して何をやっても改善しない場合や、iCloudからiPhoneを復元したい場合にはiPhoneを初期化する必要が出てきます。

iPhoneを初期化すると工場出荷時の状態に戻るため、アクティベーションが必要となります。

滅多にすることがないと思いますので、久々にアクティベート画面を操作して困惑しないように事前に操作手順をチェックしておきましょう。

iPhoneの売却

iPhoneを買取業者へ持って行ったりキャリアショップで下取りに出そうとすると「アクティベートしてください」と言われることがあります。

iPhoneは強固なセキュリティで守られた端末なので、初期化をして工場出荷時の状態に戻さないと次に使う人が自分用としてiPhoneを使用できません。

また、現在iPhoneの中に入っている大量の個人情報を削除することもできないので、大切な情報が外部に漏れてしまうことにも繋がります。

iPhoneを手放す場合は必ず初期化をし、アクティベーションを済ませてから買取業者に渡しましょう。

iPhoneをアクティベーションする方法

iPhoneをアクティベーションする必要に迫られた時、スムーズに対応できるようにあらかじめアクティベーション方法を知っておきましょう。

アクティベーションの方法には複数あり、それぞれ状況に応じて最適な方を選んでください。

準備するもの

iPhoneをアクティベーションするためには、以下のものが必要になります。

・iPhone本体

・SIMカード

・SIMピン

iPhoneをアクティベートするためにはSIMカードが必要です。

SIMカードが入っていない状態だと、通信方法を選択する場面で「SIMカードが差し込まれていません」というエラーが表示され、アクティベートを進めることができなくなってしまいます。

現在使用しているiPhoneを初期化する場合は大抵SIMカードが入っていると思いますが、iPhoneを売却する場合はすでに別のiPhoneにSIMカードを移してしまっている可能性があります。

その場合はSIMピンを使ってSIMトレーを取り出し、一旦SIMカードを初期化したいiPhoneに入れてからアクティベートするようにしましょう。

iPhone単体でアクティベーションする場合

基本的にはiPhone単体でアクティベートする場合がほとんどです。

iPhone単体でアクティベートする場合は、画面の案内に沿って進めていくだけで完結します。

今回はiPhoneを手放す場合を想定してApple IDのデータを復元しない想定の設定をご紹介します。

手順は次の通りです。

  1. 画面を下から上へスワイプする(ホームボタンを押す)
  2. [言語]で「日本語」を選択する
  3. [国または地域を選択]で「日本」を選択する
  4. [クイックスタート]で「手動で設定」を選択する
  5. [文字入力および音声入力の言語]で「続ける」をタップする
  6. [Wi-Fiネットワークを選択]で自宅のWi-Fiを選択し、パスワードを入力する
  7. 「iPhoneのアクティベートには数分かかることがあります。」と表示されるので待機する
  8. [データーとプライバシー]で「続ける」をタップする
  9. [Face ID]で「あとで"設定"でセットアップ」をタップする
  10. [パスコードを作成]で「パスコードオプション」をタップし、「パスコードを使用しない」をタップする
  11. [Appとデータ]では「Appとデータを転送しない」をタップする
  12. [Apple ID]で「パスワードをお忘れかApple IDをお持ちでない場合」 >「あとで"設定"でセットアップ」の順にタップし、「使用しない」をタップする
  13. [利用規約]で「同意する」をタップする
  14. [エクスプレス設定]で「設定をカスタマイズする」をタップする
  15. [iPhoneを常に最新の状態に]で「続ける」をタップする
  16. [iMessageとFace Time]で「続ける」をタップする
  17. [位置情報サービス]で「位置情報サービスをオンにする」をタップする
  18. [Siri]で「あとで”設定”でセットアップする」をタップする
  19. [iPhone解析]で「共有しない」をタップする
  20. [True Toneディスプレイ]で「続ける」をタップする
  21. [外観モード]ではライトとダークの好きな方をタップする
  22. 最後に基本操作の説明が始まるので全て「続ける」をタップする
  23. [ようこそiPhoneへ]で画面下から上へスワイプする

これでiPhoneをデータが空の状態でアクティベートすることができました。

以前のデータを復元したい場合は11の「Appとデータ」の時にバックアップデータの復元を行ってください。

iTunesを使ってアクティベーションする場合

稀にiPhone単体ではアクティベーションがうまく行かない時があります。

そんな時は、パソコンにインストールしたiTunesを使ってアクティベーションすることができます。

パソコンにインターネットを接続し、iPhoneをLightningケーブルで繋いでください。

手順は次の通りです。

  1. パソコンに最新バージョンのiTunesをインストールする
  2. iPhoneをパソコンに接続する
  3. iTunesにApple IDのIDとパスワードを入力する
  4. アクティベーションが開始されるので終わるまで待機する

iTunesを使ったアクティベーションは操作が単純で待機するだけとなります。

細かい設定はアクティベーションが終わってからしてください。

アクティベーション専用SIMが存在する

iPhoneのアクティベーションにはSIMカードが必要ですが、機種変更した兼ね合いで対応するSIMカードが手元にないという場合もあるでしょう。

SIMカードを新たに購入するためには申し込みが必要となるため、最悪の場合新規契約をして月額料金を払わなくてはならないという事態になってしまいます。

アクティベーションするだけのためにSIMカードが欲しいという場合は、アクティベーション専用SIMを購入するのがおすすめです。

アクティベーション専用SIMであれば1,000円ほどで購入することができ、月額料金や契約などは発生しません。

iPhoneにSIMロックがかかっている場合は注意が必要

アクティベーション専用SIMを使用する際に注意すべきことがあります。

iPhoneにSIMロックがかかっている場合は、購入元のキャリアのSIM以外でのアクティベーションができないようになっています。

そのため、SIMロック解除の手続きを行っていない場合、アクティベーション専用SIMを使ってもアクティベーションすることができないので注意しましょう。

まずはiPhoneのSIMロックを解除してから初期化するようにしてください。

アクティベーションできない時の対策

正しい手順で操作を行っても、エラーが起こってアクティベーションができないことがあります。

ここでは、エラーが起こった場合の原因と対策についてご紹介します。

Apple側でシステムエラーが起こっていないか確認する

Appleでは、システムエラーなどの情報をリアルタイムで公開しています。

Apple公式サイトの「システム状況」へアクセスし、「iOSデバイスアクティベーション」の部分が青色になっているとエラーが起こっている状態です。

その場合は少し時間をおいてエラーが解消されてからアクティベーションするようにしましょう。

SIMカードが正しく認識されているか確認する

SIMカードが正しく認識されていない場合はSIMカードが入っていない状態と判断されるため、アクティベーションができません。

認識されない原因としては主に次の3つです。

①SIMカードが正しくセットされていない

②SIMカード自体が読み込み不良を起こしている

③iPhone自体がSIMカードの読み込み不良を起こしている

まずはSIMカードを取り出して正しくSIMトレーに乗っているか、差し込む方向があっているかを確認しましょう。

正しく差し込んでいても認識されない場合は、別の端末にSIMカードを差し込んで読み込むかどうかを確認してみましょう。

そうすることでSIMカード自体が読み込み不良を起こしているのかどうかがわかります。

インターネットの接続状況を確認する

iPhoneが正しくインターネットに接続できているかどうかを確認してみましょう。

Wi-Fiの電波がiPhoneに表示されているかを確認し、問題なく電波が立っている場合はWi-Fiルーターの電源を再起動してみましょう。

Wi-Fiルーター側の問題で電波が正しく届いていない可能性もあります。

iOSのバージョンがサポートの対象になっているか確認する

Appleは古くなったiOSのサポートを終了していきます。

サポートの対象外となったiOSのままだとアクティベーションすることができません。

その場合はiTunesを使ってアクティベーションすることで解決できます。

アクティベーションが終わったら速やかに最新のOSへアップデートしましょう。

アクティベーションロックがかかった場合の対策

※iPhoneのアクティベーションロックがかかっている画像

稀に、お使いのiPhoneに「アクティベーションロック」がかかってしまうことがあります。

ここからはアクティベーションロックとは何なのかを解説し、その解除方法までご紹介します。

アクティベーションロックとは?

アクティベーションロックとは、紛失や盗難などによってiPhoneが手元から離れてしまった時に、他人によって勝手に初期化されて悪用されないようにするための機能です。

アクティベーションロックがかかっている場合、iPhoneに紐づくApple IDとパスワードを入力しないと初期化やアクティベーションができなくなってしまいます。

iPhoneにインストールされている「探す」の機能をオンにしていると自動的にアクティベーションロックがかかります。

アクティベーションロックの解除方法

iPhoneに設定されたアクティベーションロックを解除するためには、iPhoneの端末またはブラウザからiPhoneの「探す」機能をオフにします。

端末で操作する場合の手順は次の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. [ユーザー名]をタップする
  3. [探す]をタップする
  4. [iPhoneを探す]をタップする
  5. [iPhoneを探す]のチェックをタップする
  6. Apple IDとパスワードを入力する

 

ブラウザから操作する場合の手順は次の通りです。

  1. ブラウザで[iCloud.com]にアクセスし、Apple IDとパスワードを入力する
  2. [iPhoneを探す]をクリックする
  3. [すべてのデバイス]をクリックし、該当のiPhoneをクリックする
  4. [iPhoneを消去]をクリックする
  5. Apple IDとパスワードを入力する
  6. [アカウントから削除]をクリックする

アクティベーションロックはもともと紐づいていたApple IDとパスワードがわからなければ解除することができません。

そのため、中古でiPhoneを購入したときにアクティベーションロックがかかっていた場合はiPhoneを使用することができません。

購入前にアクティベーションロックがかかっていないか必ず確認するようにしましょう。

それでも解除できない場合の強制解除方法

Apple IDとパスワードを入力してもアクティベーションロックが解除できない場合はAppleのサポートセンターへ問い合わせましょう。

AppleサポートのWebサイトへアクセスすると、相談したい内容を選択できるようになっています。

そこから「iPhone」>「 Apple IDとiCloud」>「アクティベーションロック」>「はい」の順で進み、電話サポートを申し込みましょう。

いざという時のためにアクティベーションについて知っておこう

今回の記事ではiPhoneのアクティベーションについて解説をしました。

中古のiPhoneは価格も安く手に入れやすいメリットがありますが、アクティベーションロックがかかってしまている可能性もないとは言い切れないため慎重に選ぶ必要があります。

アクティベーションは普段なかなかすることのない操作なので、アクティベーションができない時の対処法に困ってしまうでしょう。

いざという時に慌てないように、アクティベーションの方法について理解しておきましょう。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

タイトルとURLをコピーしました