iPhone 6のカメラの画素数や性能を全て徹底解説!iPhone 6のカメラだと何が出来ない?

iPhone
iPhone

iPhone 6を手に入れるか考えている人の中には、カメラ機能が気になる人もいるかもしれませんね。他の機種と比べて画素数はいくつなのか、発売から時間が経っているが性能は十分なのか、といった点を知りたい人もいるでしょう。

そこで今回は、iPhone 6のカメラ性能に焦点を当てて、画素数や搭載している機能について徹底的に解説したいと思います。本記事を読めば、iPhone 6のカメラに関する疑問を解消できますよ。

1. iPhone 6のカメラ性能

画素数背面:800万画素
前面:120万画素
解像度1344×750ピクセル
絞り値f値2.2
手振れ補正電子式
Focus Pixels
パノラマ撮影
顔認識
露出コントロール
True Toneフラッシュ
タイムラプス
ナイトモード
Live Photo
ポートレートモード
ビデオ解像度1920×1080(30,60fps)

iPhone 6のカメラ性能について表を作成しました。他の機種と比較しながら、各項目を解説していきます。

1-1. iPhone 6の画素数

画素数背面:800万画素
前面:120万画素

画素数は背面が800万画素、前面(インカメラ)が120万画素です。背面レンズを他と比べてみると、iPhone8や11 Proは1,200万画素なので、やや粗く見えることでしょう。

また前面に関してはiPhone 8が700万画素、iPhone 11 Proが1,200万画素で、11 Proに関しては10倍の違いがあります。新しい機種と比較するとかなりの違いを感じるかもしれません。

たしかに新しいものと並べるとその差は明らかですが、こだわりを持たなければ、iPhone 6の画像単体でも十分にきれいだと感じる人はいるでしょう。

1-2.  iPhone 6の絞り値

絞り値f値2.2

数値が低いほど明るさを取り込みやすいと言われる絞り値ですが、iPhone 6では2.2という値になっています。対して8では1.8、11 Proのレンズは1.3から2.4なので、そこまで大きな違いはありません。

絞り値の違いよりも、レンズの多さや機能面が機種の違いとして目立つポイントと言えるでしょう。

1-3.  iPhone 6の手振れ補正

手振れ補正電子式

iPhone 6には電子式手振れ補正機能が搭載されています。これは、写真を撮った後に何枚かの画像を比べてブレを打ち消すやり方です。ただ、撮影したあとに処理を行うため若干画質が粗くなってしまうのが欠点です。

iPhone 6s以降は光学式手振れ補正が導入されています。この方式だと、振動センサーを使って撮影時に調整がきくため、電子式のデメリットを気にせず使うことが可能です。

1-4.  iPhone 6のFocus Pixels

Focus Pixels

その他に搭載されている機能として、Focus Pixelsがあります。これはミラーレスカメラにもよく使われる手法で、瞬時に被写体にピントを合わせるオートフォーカス機能の高速化が可能になりました。

複数のセンサーを使うことで、被写体までの距離が素早く測れるようになり、ストレスなく撮影したい瞬間を写真におさめることができます。iPhone 6のカメラ機能の中では、便利で画期的な機能と言えるでしょう。

ちなみに、本機能はiPhone11にも適用されています。広角カメラのレンズには100% Focus Pixelsが使われていて、さらに早い速度で焦点を当てられるようになりました。

1-5.  iPhone 6のパノラマ撮影

パノラマ撮影

今や使えることが当たり前となっているパノラマ撮影ですが、iPhone 6でも利用できます。実際に撮影された写真をいくつか見てみましょう。

画素数や解像度は他に劣るiPhone 6ですが、上記のようなパノラマ写真でも十分満足できる人は多いのではないでしょうか。空や海など、明るいところであれば、大きな問題なく美しい風景写真の撮影が可能です。

1-6.  iPhone 6のタイムラプス

タイムラプス

一定の時間静止画を撮って動画のようにできるタイムラプスは、iPhone 6から標準搭載されました。動きが多いものや、数分にわたる動画を短く再生したいときに便利な機能です。

実際にiPhone 6のタイムラプスで撮影したものは以下のようなイメージです。こまかな動きから、静止画としてもなかなかいいクオリティではないでしょうか。

1-7.  iPhone 6のその他の機能

顔認識
露出コントロール
True Toneフラッシュ

iPhone 6はその他に以下の機能を搭載しています。

・顔認識

・露出コントロール

・True Tone フラッシュ

人の顔を認識してピントを合わせる顔認識、光の具合を調整できる露出コントロール、画像やシーンに合わせて最適な色合いに調整するTrue Tone フラッシュといった機能があります。

これらが入っているだけでも、被写体や周囲の状況に合わせた鮮やかな写真の撮影が可能です。そこそこきれいな写真が撮れればいいという人にとっては、十分なスペックといえるでしょう。

1-8.iPhone 6に非搭載の機能

ナイトモード
Live Photo
ポートレートモード

一方で、iPhone 6に以下の機能は搭載されていません。

・Live Photo

・ポートレートモード

・ナイトモード

Live Photoはシャッターを押した前後の動きや音を撮影できる機能で、動きが多い赤ちゃんや花火など被写体を撮ったり、複数ある中から一番いい瞬間をピックアップして調整したりできる機能です。

またご存じの方も多いと思いますが、被写体にピントを当てて背景をぼけさせるポートレートモードもiPhone 6には搭載されていません。写真が好きな人にとっては残念なポイントでしょう。

そして、iPhone11シリーズから使えるようになった、暗所でもきれいに撮影できるナイトモードも非搭載となります。特に夜景などは旧型のiPhoneでの撮影は限界があるので、鮮明な写真を撮るのは難しそうです。

1-9.  iPhone 6のビデオ機能

ビデオ解像度1920×1080(30,60fps)

iPhone 6のビデオは、解像度1920×1080で30fps、60fpsまで撮影可能です。

近年のiPhoneにあるような4K機能はありませんが、一般的なDVDやテレビに使われているフレームレートは30fpsなので、そこまで粗さは気にならないでしょう。

実際にiPhone 6で撮影されたビデオ動画を載せておきます。水の流れや、繊細な花びらの動きなどきちんと撮影できているので、まだまだ利用できる範疇ではないでしょうか。

2. iPhone 6のカメラの優れている点と懸念点

毎年カメラ機能がアップデートされた機種を出しているiPhoneですが、iPhone 6はどのような点が優れていて、何が懸念となるのでしょうか。それぞれの点を解説していきます。

2-1. 明るい場所での風景写真は十分美しい

優れている点としては、明るい場所での撮影に関してはまったく問題なく美しい写真が撮れることです。特に遠景の写真は、空や海の色がくっきりと映るので「画質が低い」と思う人は少ないのではないでしょうか。

また料理や人物など、近距離での撮影に関しても、十分な光量があれば申し分ない1枚を残せるでしょう。

2-2. 暗所での撮影がネック

一方で、他と比べて劣っている点を挙げるとしたら、やはり夜景などの暗所での撮影でしょう。iPhone6にはナイトモードや、たくさんの光を取り込める機能がないため、どうしても夜景は暗く、光は白くとんでしまう傾向にあります。

どうしても暗い場面での画像が気になる場合は、他機種の利用や夜景に対応したデジカメとの併用などをおすすめします。

まとめ: iPhone 6のカメラ機能は明所での撮影は十分可能。夜景の撮影には若干懸念も

iPhone 6の画素数、カメラ性能についてご紹介しました。新しいiPhoneにあるような高画質のクオリティ、ナイトモードなどはないものの、昼間の遠景や明るい場所ならば、十分美しい1枚をおさめることが可能です。

パノラマ撮影などのiPhoneらしい機能もそろっているため、スマホでの写真撮影を楽しむには問題ないスペックといえそうです。この機会に、iPhone 6の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

iPhone SE(第1世代)やiPhone 7などを検討してみては?

ちょっとiPhone 6はスペックが低すぎると思った方は、もう少し後に発売されたiPhone 7やiPhone SE(第1世代)を検討してみてはいかがでしょうか?

iPhone SE(第1世代)であれば1万円を切る価格で、iPhone 7であれば1万円台で購入することができます。

比較的古いモデルのiPhoneは発売から時間が経っており品質面で不安を感じる方が多いかと思いますが、にこスマではしっかりと検品し機能をチェックし清掃した端末をお届けします。中古品は1品1品状態が違いますので、詳しくはにこスマ商品ページをご確認ください。

また、万が一端末に不具合、問題があった場合でも30日以内であれば無料で返品可能です。ぜひ自宅から高品質で格安なスマホをお買い求めください。

▼にこスマの公式TOPを見る

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

タイトルとURLをコピーしました