iPhone SEのスペック・サイズ・値段まとめ!

iPhone
iPhone

2020年4月に発売となったiPhone SE(第2世代)。Touch IDを搭載した持ちやすいサイズ感のiPhoneとしていまだに人気の機種となっています。

iPhoneはほとんどの機種がFace IDへと移行し、年々大型化していくため指紋認証で使うことができるiPhone SE(第2世代)は特別な存在と言えるでしょう。

今回は、そんなロングセラーの人気機種iPhone SE(第2世代)のスペックやサイズ、値段について解説します。

iPhone SE(第2世代)の基本スペック

iPhone SE(第2世代)はiPhone 8の形を踏襲した機種で、外観や使用感が似ています。しかし、性能は大きく向上しました。

ここでは、iPhone SE(第2世代)の基本スペックについてご紹介します。

iPhone SE(第2世代)のカラーバリエーション

iPhone SE(第2世代)のカラーバリエーションはブラック・ホワイト・(PRODUCT)REDの3種類です。

外観は前作のiPhone 8を踏襲したモデルとなっていますが、iPhone SE(第2世代)ではゴールドの色展開がなくなり、スペースグレイもブラックという名称として登場しました。

ブラックという名の通り、iPhone 8のスペースグレイよりも色が濃く、より黒色に近づいた印象です。

前面カラーについて

これまでのiPhoneシリーズは、背面が白系の色(シルバーやゴールドなど)の場合は前面が白色となっていました。しかし、今回のiPhone SE(第2世代)ではホワイトも含めてすべて黒色となっています。

ブラックは裏も表も黒色なのでこれまでとは印象が変わりませんが、ホワイトと(PRODUCT)REDについては今までの製品ラインナップだと白だったのが黒に変わっているのでより引き締まった印象になります。

iPhoneをネットで購入するという方は、背面のイメージ画像ばかりを見てしまいがちになりますが、前面の印象がこれまでのラインナップと異なるので確認しておいた方が良いでしょう。

iPhone SE(第2世代)前面背面
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED

iPhone SE(第2世代)のサイズ

iPhone SE(第2世代)は、iPhone 8とまったく同じサイズです。

現在売れ筋の機種との比較は次の表をご覧ください。

▼大きさ順高さ厚さ重量
iPhone 12 Pro Max160.8mm78.1mm7.4mm226g
iPhone 12 Pro146.7mm71.5mm7.4mm187g
iPhone 12146.7mm71.5mm7.4mm162g
iPhone SE(第2世代)138.4mm67.3mm7.3mm148g
iPhone 8138.4mm67.3mm7.3mm148g
iPhone 12 mini131.5mm64.2mm7.4mm133g

現在のラインナップの中で標準とされているiPhone 12よりも少し小さいサイズ感となっています。iPhone 12は少し大きいけど、iPhone 12 miniは小さすぎると感じる方にはぴったりの大きさです。

小さなカバンやポケットにも難なく入るサイズなので、コンビニにいくなどちょっとした外出にも携帯しやすくなっています。

iPhone SE(第2世代)の画面

iPhone SE(第2世代)には4.7インチのRetina HDディスプレイが搭載されています。画面サイズはiPhone 7やiPhone 8と同じで、使用しているディスプレイのスペックやコントラスト比も同じとなっています。

そのため、これまでのiPhoneと同じパーツを使用することで開発コストを抑えながらハイクオリティを実現していると考えられます。

iPhone 8からの変更点は、3D Touchが触覚タッチに変わったというところです。もともと深く押し込むことで反応していた3D Touchの搭載を止め、長押しと振動で反応させる触覚タッチへ切り替えたこともコスト削減に繋がっています。

3D Touchと触覚タッチには使用感の差はないため、従来通り使用できます。

iPhone SE(第2世代)、iPhone 8、iPhone 7のディスプレイ比較は次の通りです。

iPhone SE(第2世代)iPhone 8iPhone 7
ディスプレイRetina HDディスプレイRetina HDディスプレイRetina HDディスプレイ
画面サイズIPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCDディスプレイIPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCDディスプレイIPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)ワイドスクリーンLCDディスプレイ
解像度1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
コントラスト比1,400:1コントラスト比(標準)1,400:1コントラスト比(標準)1,400:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ×
広色域ディスプレイ(P3)
タッチ触覚タッチ3D Touch3D Touch
輝度最大輝度625ニト(標準)最大輝度625ニト(標準)最大輝度625ニト(標準)

iPhone SE(第2世代)のチップ

iPhone SE(第2世代)には、iPhone 11シリーズと同じA13 Bionicチップが搭載されています。

このチップの最大の特徴は、大幅な処理効率の向上によって消費電力が大幅に削減できることです。これにより、ゲームや動画閲覧など負荷の高い処理であってもスムーズにかつバッテリー消費を抑えることができます。

iPhone 8から大きく進化した点はここにあります。

画面の美しさや本体のサイズなど、直接的な使用感はあまり変わりませんが、バッテリー持ちという点で大きく異なるのです。

iPhone SE(第2世代)の容量

iPhone SE(第2世代)は本体容量が大型化し、64GB、128GB、256GBの3種類から選べるようになっています。

廉価モデルの位置付けの機種では基本的に本体容量は控えめに販売されることが多いですが、アプリの大型化や動画の保存などのニーズに合わせて幅広い選択肢が取れるようになっています。

iPhone 8、iPhone 7には256GBという選択肢はありませんでした。

本体容量
iPhone SE(第2世代)64GB / 128GB / 256GB
iPhone 864GB / 128GB
iPhone 732GB / 128GB

iPhone SE(第2世代)のカメラ

iPhone SE(第2世代)はカメラのスペックも大きく向上しています。カメラの画素数はiPhone 8と変わらず約1,200万画素ですが、広角カメラでポートレートモードが使用できるようになっています。

これにより、より一眼レフのような背景ボケを活かした美しい写真を撮影することができます。

人以外にも食べ物や物撮りなどでも活躍する機能なので、写真に拘りたいという人にもおすすめです。

また、搭載されているレンズは28mmの広角レンズで、F1.8の明るさを持ちます。また、光学式手振れ補正も搭載していることで、薄暗い場所での撮影も難なくこなすことができるようになりました。

iPhone 11シリーズのようなナイトモードの搭載はありませんが、室内撮影程度であれば十分綺麗に撮影することができます。

iPhone SE(第2世代)の生体認証

iPhone SE(第2世代)では、指紋認証で画面ロックを解除するTouch IDに対応しています。2021年6月現在、現行で販売されているiPhoneの中では唯一のホームボタン付き端末として人気があります。

現在販売されているiPhoneは顔認証のFace IDが主流ですが、マスクをしていると解除しづらいという点もあるため、まだまだTouch IDの需要はあります。

iPhone SE(第2世代)の防水/防塵

iPhone SE(第2世代)は、「IP67」の防水/防塵性能を持っており、最大水深1メートルで最大30分間の使用に耐えられる設計となっています。

IPとは、国際電機基準会議(IEC)が定める保護等級で、IPのすぐ後の数字が防塵性能を、最後の数字が防水性能の基準を表しています。つまり、「IP67」とは6等級の防塵性能と7等級の防水性能を持っているということになるのです。

それぞれの等級の説明は次の表をご覧ください。

防塵性能防水性能
0等級無保護無保護
1等級50mmより大きい固形物が侵入しない水滴に対する保護(防滴I型)
2等級12.5mmより大きい固形物が侵入しない水滴に対する保護(防滴II型)
3等級2.5mmより大きい固形物が侵入しない噴霧水に対する保護
4等級1.0mmより大きい固形物が侵入しない飛沫に対する保護
5等級防塵型
若干の粉塵が侵入しても動作する
噴流水に対する保護
6等級耐塵型
粉塵が内部に侵入しない
波浪に対する保護
7等級-水中への浸漬に対する保護
8等級-水没に対する保護

iPhone SE(第2世代)はすでにスマートフォンとしては最高レベルの防水/防塵性能を持っていることがわかります。

iPhone SE(第2世代)のApple Pay

Touch IDに対応したiPhone SE(第2世代)ではApple Payにも対応しています。

現行で販売されている他のiPhoneシリーズはFace IDになっているものばかりなので、マスクを付けていると認証ができません。そのため、Apple Payを起動し、認証エラーが出るまでしばらくまってパスコードを入力する必要があり、お会計の際に手間取ってしまいます。

iPhone SE(第2世代)では指紋認証であるTouch IDでApple Payの認証が可能となるので、スムーズにお買い物を楽しむことができます。

iPhone SE(第2世代)のコネクタ

コネクタはiPhone 5以降からずっと変わらずLightningケーブルとなっています。本体に同梱されている充電器はiPhone 11シリーズと同じApple 5W USB電源アダプタとApple Lightning - USBケーブルとなっています。

しかし、iPhone SE(第2世代)は急速充電に対応しているため、別売りである18W以上の電源アダプタを使用することで、30分で50%の充電が可能になります。

同じコネクタでもアダプタを変更すると充電速度が変わるので、必要に応じて購入を検討してみてください。

また、iPhone SE(第2世代)にはイヤホンジャックが搭載されていません。有線イヤホンを使用したい場合は、Lightningケーブルを差し込むコネクタに変換アダプタをつけてイヤホンを接続する必要があります

接続部分があらかじめLightning端子になっているイヤホンが同梱されているので、そちらを活用しましょう。

iPhone SE(第2世代)の価格・値段

最後に、iPhone SE(第2世代)の価格をまとめました。今でも各携帯キャリアで販売されているので、まずはキャリア別の価格をご覧ください。

ドコモauソフトバンク
64GB57,024円55,270円57,600円
128GB62,568円61,250円64,080円
256GB75,240円75,215円78,480円

他社からの乗り換えをする場合は追加で割引があるものの、機種変更や新規購入の場合は上記の価格となります。

Appleストアでの新品、中古ショップの中古品価格

iPhone SE(第二世代)はいまだにAppleストアでの新品販売や、中古ショップでの中古商品も多く出回っています。

そこで、Appleストアでの新品価格と中古ショップの価格もまとめましたので、見比べてみてください。

中古品は商品のランク別に直近1ヶ月の取引平均を算出しております。

Appleストア新品新品、未使用未使用に近い目立った傷や汚れなしやや傷や汚れあり傷や汚れあり全体的に状態が悪い
64GB44,800円38,640円35,819円31,786円29,616円29,630円16,540円
128GB49,800円46,827円42,004円40,836円35,903円34,530円25,596円
256GB60,800円56,054円49,468円48,266円43,000円--

中古ショップで新品、未使用品を選べばAppleストアで新品を買うよりも5,000円ほど安く入手できる傾向にあるので、状態の良い製品を探すとお得になります。

コスパ最強のiPhone SE(第2世代)が狙い目!

iPhone SE(第2世代)は、iPhone 8の外観を踏襲したことでコストが抑えられた上、チップ性能の向上によって消費電力を抑えることに成功したコストパフォーマンスの高い製品です。

今となっては数少ないTouch ID対応端末ということもあり、いまだに根強い人気を誇っています。

それゆえ発売から1年以上が経過してもまだAppleストアで新品が販売されており、中古市場にも状態にいい端末がたくさん出回っています。

iPhoneを買い替えたいけど価格は抑えたい、初めてiPhoneを使うからベーシックな機種でいいなど、最新の機能は求めずにコストパフォーマンスの高い製品が欲しいという方にはおすすめです。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ
タイトルとURLをコピーしました