中古iPhoneを買うときに気になるIMEI番号って何?IMEI番号から分かること

iPhone
iPhone 使い方

ガラケーやスマートフォン、タブレットなどの端末にはそれぞれ「IMEI番号」と呼ばれるものが割り振られています。

iPhoneを新品で購入する時は特に気にする必要もないのですが、中古でiPhoneを購入する時には事前に調べておいた方がいいこともたくさんある番号です。

中古iPhone購入時のトラブルを避けるためにも、今回はIMEI番号について詳しく解説していきます。

IMEI番号とは

IMEIとは「International Mobile Equipment Identity(国際移動体装置識別番号)」のそれぞれの頭文字を取った略語で、携帯端末の製造番号のことを指します。

このIMEIは世界共通で管理されるため、15桁の数字で構成されているのが特徴です。

IMEIには様々な情報が紐づけられており、購入履歴や修理の履歴など端末のあらゆる情報を確認することができます。

「新型iPhoneを購入した!」といって本体のパッケージに記載されたIMEIが映り込んだ写真をSNSに投稿してしてしまうと、IMEIからあらゆる情報が流出してしまうきっかけになるのでネットへの投稿などには十分に注意しましょう。

【購入後のIMEI取扱いの注意点】

「新型iPhoneを購入した!」といって本体のパッケージに記載されたIMEIが映り込んだ写真をSNSに投稿してしてしまうと、IMEIからあらゆる情報が流出してしまうきっかけになるのでネットへの投稿などには十分に注意しましょう。

IMEI番号からわかること

iPhone8Plus

前述の通り、IMEIからはあらゆる情報を調べることができます。

中古でiPhoneを購入する際には、事前にトラブルを防ぐためにこれからご紹介するポイントについて調べておきましょう。

IMEIからわかる情報は主に次の5つです。

・ネットワーク制限が掛かっていないか

・機種名や色などの端末情報

・アクティベーションロックの有無

・保証情報

・SIMロックの解除状況

ネットワーク利用制限に掛かってないかがわかる

IMEIからは、中古のiPhoneを購入する際に最も重要と言っても過言ではない「ネットワーク制限」について調べることができます。

ネットワーク制限とは、大手通信キャリアなどで購入したスマホの分割金が未払いとなった場合など一定の条件で、端末自体が通信できなくなってしまう制限です。

中古で販売されている端末はもともと別の誰かが使用していた端末なので、その支払い状況までは保証できません。

ネットワーク制限には「○ △ ×」の3種類があり、それぞれ以下のような意味を持ちます。

○・・・端末代金が全て支払われていてネットワーク制限がかかる心配のない端末

△・・・まだ端末の残債が残っている状態で、支払い状況によっては将来的にネットワーク制限がかかる可能性のある端末

×・・・端末の残債が支払われず、通信ができなくなってしまった端末(通称;赤ロム)

ネットワーク制限の状況は、キャリアの以下のサイトから確認できます。

フリマサイトなどでは商品の信用を示すためにIMEIを公開してくれていることが多いので、事前にネットワーク制限が掛かっていないかを確認するようにしましょう。

機種名や色などの端末情報がわかる

中古ショップで目の前に商品が並んでいる場合は問題ないですが、フリマサイトなどで個人から中古iPhoneを購入する場合は掲載されている商品情報が正しいものかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。

以下のサイトでIMEIを入力すると、端末の詳細な情報を調べることができるようになっています。

iPhone IMEI.info

機種名や本体容量だけでなく、どのキャリアでいつ購入したのかなどかなり詳しい情報を調べることができます。

ここに掲載されている情報全てが重要というわけではありませんが、特に本体容量や色などは認識の違いがないように確認しておいた方が良いでしょう。

アクティベーションロックの有無がわかる

IMEIを使えば、アクティベーションロックがかかっているかどうかを調べることもできます。

アクティベーションロックとは、iPhoneを紛失した際に第三者に強制初期化されて悪用されるのを防ぐ機能です。

iPhoneの「探す」機能をオンにすると自動的に有効になります。

中古で購入した端末にアクティベーションロックがかかっていると、購入して初期設定をしようとしてもアクティベーションできずiPhoneが使用不可となってしまいます。

通常、中古ショップに売る時には「探す」機能をオフにしないと買い取ってもらえないため、店舗側の手続き上のミスがない限りはアクティベーションロックがかかっていることはありません。

しかし、フリマサイトなどの個人間での売買にはアクティベーションロックの解除を義務付ける仕組みがないため、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

確認方法は以下の通りです。

  1. Appleサポートページを開き、「iPhoneを」選択
  2. 「修理と物理的な損傷」を選択
  3. 「ディスプレイにひびが入っている」を選択
  4. 「配送修理」を選択
  5. 「シリアル番号、IMEI、MEIDのいずれかを入力してください」にIMEIを入力
  6. ロックが掛かっている場合「iPhoneを探すが有効な場合はこの修理案件を作成できません」と表示される

保証情報がわかる

中古で購入するiPhoneには保証がついていないことが多いため、そこまで気にする方もいないかもしれませんが、IMEIからiPhoneの保証情報を調べることもできるようになっています。

全てのiPhoneには購入時にApple Careが付帯しており、購入から1年間は故障内容によっては無償修理を受けることができるようになっています。

発売から1年以内のiPhoneを購入する場合はApple Careの保証期間内である可能性が高いので、いつまで保証が適用されるのかを確認しておくと安心です。

以下のサイトにIMEIを入力すると、保証期間内かどうかを調べることができるので、購入前に調べてみましょう。

Free iPhone IMEI checker

IMEI番号はどんな時に必要になるか

ここまでご紹介してきたように、IMEIからは機種購入前でも様々な情報を調べることができるようになっています。

しかし、IMEIが活躍するのは購入前だけではありません。

購入後もあらゆる手続きに必要となります。

ここからは、iPhone購入後にIMEIがどんなときに必要となるのかについて解説していきます。

Appleのサポートセンターへ問い合わせるとき

iPhoneが故障してしまったり、紛失盗難にあったり、操作方法がわからなくなったりした時にAppleのサポートセンターへ問い合わせると対応してもらえます。

その際にApple側で端末の情報を調べるためにIMEIが必要となります。

紛失して手元にない場合や画面が操作できずにIMEIを表示できないなどのトラブルに備えて、どこかにメモを残しておくかiPhoneの箱を保管しておきましょう。

iPhoneのSIMロックを解除するとき

大手通信キャリアで購入したiPhoneのSIMロックをオンラインで解除する際にもIMEIが必要となります。

各キャリアのオンライン手続きでSIMロック解除の手続きをする時に、SIMロック解除したい端末のIMEIを入力することで、契約情報と照合して手続きをすることができます。

格安SIMを使用する際や中古ショップで高く買い取ってもらうために必要になる手続きです。

フリマサイトなどでiPhoneを売買するとき

使わなくなったiPhoneをフリマサイトで出品するときは、IMEIを記載することが義務づけられている場合があります。

IMEIを記載しておくことで購入者はネットワーク制限の有無や保証状況など様々な情報を事前に確認することができるようになり、売買のトラブルを防ぐことにも繋がるため、記載しておきましょう。

IMEI番号の調べ方

IMEIは15桁の数字で作られているので、覚えている方も少ないでしょう。

必要な時にスムーズに調べられるように、これからご紹介する5つの調べ方を覚えておきましょう。

  1. 設定アプリから確認する
  2. 電話アプリから確認する
  3. SIMトレーを確認する
  4. iPhoneのパッケージで確認する
  5. Apple公式サイトから確認する
  6. iTunesへ接続して確認する

設定アプリから確認する

最も一般的なIMEIの調べ方は、iPhoneの設定アプリから確認する方法です。
手順は次の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「情報」をタップする
  4. 「IMEI」の欄に記載されています

IMEIの確認方法がわからなくなったらとりあえず設定アプリを開くと覚えておきまよう。

電話アプリで確認する

続いてご紹介するのは、少し裏技のようなIMEIの調べ方です。

電話アプリを使ってあるコマンドを入力するとiPhoneのIMEIを表示させることができます。

手順は以下の通りです。

  1. 電話アプリを開く
  2. ダイヤル画面に切り替える
  3. 「*#06*」の順にタップする
  4. 画面にIMEIが表示される

実はこれはガラケーやAndroidスマートフォンでも共通のIMEI表示方法です。

ぜひお試しください。

SIMトレーを確認する

本体の画面が操作できない場合は、SIMトレーを確認するという方法もあります。

少し面倒ですが、SIMピンをSIMトレーの穴に差し込んでグッと押し込むと、SIMカードが飛び出します。

SIMトレーを見ると、そこにIMEIが記載されているのでチェックしてみましょう。

また、SIMトレーを抜き取る時は必ず電源を切ってから行ってください。

iPhoneのパッケージで確認する

iPhoneと化粧箱

iPhoneを購入してから数年後に中古ショップへ売り払うという方も少なくないでしょう。

その時のためにiPhoneのパッケージを取っておくという方は、iPhoneが入っていた箱の裏側をみてください。

そこにはIMEIが記載されたシールが貼られています。

これはAndroidでも同じで、箱の裏や側面にシールが貼ってあります。

画面が操作できなかったりSIMトレーを抜き取るのが面倒だという方は箱の裏を確認しましょう。

Apple公式サイトから確認する

少し面倒ですが、パソコンやiPhoneのブラウザを使ってAppleの公式サイトから確認することもできます。

手順は以下の通りです。

  1. https://appleid.apple.com/へアクセスする
  2. Apple IDとパスワードを入力する
  3. iPhoneにログイン許可の通知が届くので「許可する」をタップする
  4. ワンタイムパスワードが表示されるので、ブラウザで入力する
  5. デバイス欄にあるiPhoneをクリックする
  6. IMEIを含め様々な情報が表示される

パスワードの入力作業など少し手間がかかりますが、ブラウザから確認することもできます。

ただし、必ずiPhoneが操作可能な状態である必要があるため、本体で確認した方が早いでしょう。

iTunesへ接続して確認する

iPhoneをiTunesをインストールしたパソコンへ接続することでIMEIを確認することができます。

手順は以下の通りです。

  1. iPhoneをLightningケーブルでパソコンへ接続する
  2. FinderまたはiTunesを開く
  3. iPhoneを選択する
  4. iPhoneの情報欄にIMEIが記載されている

こちらもわざわざパソコンと接続する必要があるため少々面倒ですが、繋いだついでに確認する場合は素早く確認できて便利です。

中古でiPhoneを売買するならIMEIの確認は必須

中古でiPhoneを買ったり売ったりするときは、必ずIMEIの確認が必須となることがお分かりいただけたでしょう。

自分が買う時にはネットワーク制限が掛かっていないか、端末情報が正しいものかどうかを確認するために必要ですし、売る時にはIMEIの開示が求められます。

調べるのを忘れていていざ必要となった時に慌てないように、調べ方も含めてしっかりと把握しておきましょう。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

タイトルとURLをコピーしました