【iPhone】バッテリーの最大容量とは?確認方法や交換時期の目安も

iPhone
iPhone

iPhoneを中古で購入する際に必ず確認しておきたいのが、バッテリーの状態(最大容量)です。
バッテリーの状態は見た目からはわかりません。

この記事では、

  • iPhoneのバッテリー状態を確認する方法
  • バッテリーの劣化を抑える方法
  • バッテリー交換時期の目安

など、iPhoneのバッテリーに関する知識をまとめて解説していきます!

「中古iPhoneの購入を検討している」
「今使っているiPhoneの電池持ちがイマイチ」

という方は、ぜひご覧になってみてください。

【必ず確認したい】バッテリーの「最大容量」とは

iPhoneバッテリー状態は、バッテリーの「最大容量」から簡単に確認することができます(iOS11.3以降)。

バッテリーの「最大容量」は、新品でフル充電したときを100%として、最大何%まで充電できるかを示したものです。
最大容量は、充電・放電を繰り返すことで、少しずつ減っていきます。

Appleによると、iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返しても80%程度の容量を維持するように設計されています。

通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを 500 回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。
引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT208387

「フル充電サイクル」とは、バッテリー残量が0%から100%まで充電すること。
たとえば、バッテリー残量が50%の状態から100%まで充電した場合は、0.5サイクルとしてカウントします。

1日0.5サイクルずつカウントが増えていくと、約1,000日、2年半~3年で、最大容量が80%程度になる計算です。

バッテリーの最大容量を確認する方法

iPhoneでバッテリーの最大容量を確認する方法は、下記のとおりです。

  1. 本体の「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」を開く
  2. 「バッテリーの最大容量」を確認する

最大容量の目安

バッテリー状態の一つの目安として、最大容量が80%を下回ると、体感でも電池の減りの速さを実感できるようになる場面が増えてきます。
このあと解説するように、バッテリーが劣化すると、iPhoneの性能が低下して動作がもっさりしてしまうことも。

中古でiPhoneを購入する際には、可能なかぎり、事前にバッテリー容量を確認しておくといいでしょう。

【あわせて確認したい】「ピークパフォーマンス」とは

バッテリーの状態は、「バッテリーの状態」画面にある「ピークパフォーマンス性能」から確認することもできます。
「ピークパフォーマンス」とは、iPhoneが発揮できる最大の性能のことです。

バッテリーの劣化が進むと、十分な電力を供給できずに、iPhoneが突然シャットダウンしてしまうことがあります。
iPhoneでは、予期しないシャットダウンを防ぐために、バッテリーの状態に応じてピークパフォーマンスを制限する機能が備わっているわけです。

ピークパフォーマンスが制限されると、

  • アプリの起動時間が長くなる
  • バックライトが暗くなる
  • スピーカーのボリュームが小さくなる

といった影響が現れます。

ピークパフォーマンス性能を確認する方法

すでにiPhoneをお使いの方は、「ピークパフォーマンス性能」を確認してみましょう。

  1. 本体の「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」を開く
  2. 「ピークパフォーマンス性能」を確認する

下記のように表示されていれば、バッテリーの劣化によるパフォーマンス制限はありません。

お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。

バッテリーの劣化が進むと、下記のように表示されることがあります。

この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…

ピークパフォーマンス性能が制限された場合、「無効にする…」をタップすることで、制限を一時的に解除できます。
ただし、予期せぬシャットダウンなどトラブルが起こる可能性があるので、早めにバッテリーの交換や買い替えを検討しましょう。

バッテリーが著しく劣化した場合は、下記のように表示されることもあります。

お使いのバッテリーは著しく劣化しています。Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

バッテリー性能をできるだけ維持するためは、適切な温度で使用することが大切です。
Appleによると、iPhoneに最適な周辺環境の温度は16℃~22℃です。

Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16°C~22°Cです。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要です。
引用:https://www.apple.com/jp/batteries/maximizing-performance/

スマートフォンに搭載されている「リチウムイオン電池」は高温に弱い性質があります。
バッテリー性能の劣化を防ぐためには、

  • (夏場の車内など)高温環境に放置しない
  • 熱がこもりやすいケースを避ける
  • 充電しながらの使用を避ける

といった工夫が有効です。

また、iPhoneの設定次第では、充電を長持ちさせることもできます。
詳しくは、下記のページをご覧ください。

iPhoneのバッテリーの減りが早い?充電を長持ちさせる方法を解説!
iPhoneを使用していると、「さっき充電したばかりなのにバッテリーの減りが早い…」と感じることはありませんか? 実は、iPhoneを使う上で少しの工夫をすれば今よりも充電を長持ちさせることが可能です。 今回は「iPhoneの充...

iPhoneのバッテリーが劣化したときの対処法

一度劣化したバッテリーは、回復することができません。
バッテリーの交換や本体の買い替えを検討しましょう。

バッテリーの交換方法

バッテリーの交換方法は、主に2つあります。

  • 配送修理
  • 持ち込み修理

配送修理

配送修理の場合は、Appleサポートに連絡し、iPhoneをAppleリペアセンターに送付します。

持ち込み修理

持ち込み修理の場合は、AppleストアまたはApple正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラやビックカメラなど)に持ち込みます。

バッテリー交換にかかる日数は、配送修理・持ち込み修理、いずれの場合も5~7日程度です。
詳しい手順は、下記のページをご確認ください。

iPhone のバッテリー交換 - Apple サポート 公式サイト
バッテリーに問題があるときは、Apple 正規サービスプロバイダで iPhone のバッテリーを交換できます。

バッテリーの交換料金

バッテリーの交換料金は下記のとおりです。

AppleCare・ハードウェア保証対象AppleCare保証対象外
  • iPhoneXシリーズ
  • iPhone11シリーズ
  • iPhone12シリーズ
無料7,400円
上記以外のiPhone5,400円

下記の該当する場合、バッテリーの交換料金は無料です。

  • 新品で購入してから1年以内
  • (AppleCareに加入している場合)新品で購入してから2年以内

バッテリー交換前にやるべきこと

バッテリーの交換を依頼する場合は、必ずバックアップを取っておきましょう。

バッテリー交換のみであれば、データを残したまま交換できる可能性がありますが、修理内容によっては本体ごと交換する必要があるためです。

iPhoneのバックアップやデータの移行方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、あわせてご覧になってみてください。

iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法まとめ【機種変更ガイド】
iPhone同士で、データを移行する方法をまとめました。 中古スマホ販売のプロ「にこスマ」が、iPhoneからiPhoneへ、データをコピーするベストな手順を丁寧に解説していきます。 「大切なデータが消えてしまった」なんてことに...

まとめ

iPhoneのバッテリー状態は、「最大容量」から簡単に確認することができます。

バッテリー性能の劣化を防ぐためには、

  • (夏場の車内など)高温環境に放置しない
  • 熱がこもりやすいケースを避ける
  • 充電しながらの使用を避ける

といった工夫が有効です。

一度劣化してしまったバッテリーは回復できないので、早めにバッテリーの交換や本体の買い替えを検討してみてください。

中古でiPhoneを購入する際には、可能なかぎり、事前にバッテリー容量を確認しておくといいでしょう。

中古スマホ販売の「にこスマ」では、iPhoneのバッテリー最大容量(電池状態)を必ず記載しています。

にこスマでは、商品ごとにバッテリーの最大容量を確認可能

ぜひご覧になってみてください!

にこスマで販売中のiPhone一覧

Loading component ...
タイトルとURLをコピーしました