iPhoneのストレージ容量の確認方法と空き容量を確保する方法を紹介!

iPhone
iPhone 使い方

iPhoneは家族や友人との連絡手段のほか、動画視聴や音楽、ゲームなど様々なエンタメも楽しめる携帯電話です。

そのため、ついついお気に入りの動画をダウンロードしたり、写真をたくさん撮影して保存したりすることも多いでしょう。

いろんなコンテンツを楽しみすぎて、気づけば容量がいっぱいになってしまったという話をよく聞きます。

そこで今回は、iPhoneのストレージ容量の確認方法と空き容量を確保する方法についてご紹介します。

iPhoneのストレージ容量とは

iPhoneに限らずスマートフォンには本体内に保存でいるデータの容量が決まっています。

あらゆるデータを本体内に保存する領域のことをストレージ容量と呼びます。

iPhoneの性能も年々高くなってきており、特に写真と動画性能については著しい進化を遂げています。

それに伴い、写真1枚、動画1本のデータ容量が大きくなってきているため、iPhone本体に搭載されるストレージ容量も大型化しているのです。

ここでは、iPhoneのストレージ容量についての基礎知識と保存できるデータの目安について理解しておきましょう。

iPhoneのストレージ容量の最大値は増やすことができない

iPhoneのストレージ容量は購入したモデルによって決まっています。

そのため、あとから本体の容量を増やすことはできません。

モデルによっては64GBや128GB、256GBなど最大容量が異なり、選んだ容量によって本体の価格も変わってきます。

自分の普段の使い方でどれだけの容量が必要になるのかをあらかじめ考慮して購入する機種を決めるようにしましょう。

iPhoneのストレージ容量を圧迫する主なデータ

では、iPhoneのストレージ容量を圧迫するデータとはどんなものがあるのでしょうか。

結論から言うと「すべて」という回答になりますが、具体的にどんなものがiPhoneのストレージに溜まっていくのかを理解しておくことで節約への意識づけができるようになります。

iPhoneのストレージ容量を圧迫する主なデータは次の通りです。

  • 写真と動画
  • 音楽
  • アプリ
  • 電子書籍
  • ダウンロードデータ(映画など)
  • 書類データ
  • キャッシュなど

最も大きな割合を占めるのは「写真と動画」や「音楽」「ダウンロードデータ」などのメディアデータです。

そのほかにもキャッシュなどの細かいデータが蓄積することでストレージ容量は圧迫されていきます。

iPhoneの歴代ストレージ容量

iPhoneにはこれまで様々な容量のモデルが発売されてきました。

初代iPhoneの4GBから始まり、現在では512GBまで存在します。

  • 4GB
  • 8GB
  • 16GB
  • 32GB
  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB

時代の変化と技術の進歩に合わせてどんどん大きくなっているiPhoneのストレージ容量ですが、すべてのモデルですべての容量がラインナップされているわけではありません。

例えば、iPhone 12 Proであれば128GB、256GB、512GBの3種類が発売されています。

現在中古市場で販売されているiPhoneのストレージ容量もほとんどが64GB以上のモデルになっています。

ストレージ容量ごとに保存できるデータ数の目安

iPhoneのストレージ容量で現在主流となっている64GB以上の端末で、それぞれどれくらいのデータを保存することができるのかを一覧でまとめました。

ご自身がどれくらいのデータ保存領域を必要としているのかを考慮し、最適なストレージ容量を見つけてください。

ストレージ容量写真動画音楽
64GB約14,000枚約280分約560曲
128GB約28,000枚約560分約1,120曲
256GB約56,000枚約1,120分約2,240曲
512GB約112,000枚約2,240分約4,480曲

写真や動画は画質などによって1つあたりのデータ量が異なるため保存できる件数も前後しますが、平均的にこれくらいの量を保存することができます。

あくまで、512GBの場合写真だけ保存するなら112,000枚という計算ですので、写真と動画と音楽を同時にこの表通り保存できるわけではありません。

iPhoneのストレージ容量を確認する方法

iPhoneのストレージ容量が今どれくらい空いているのかは常に把握しておきたいですよね。

写真や動画などの撮影やダウンロードを繰り返しているうちに、いつの間にか保存容量は圧迫されていきます。

ここでは、iPhoneに保存できるストレージ容量と空き容量を確認する方法をご紹介します。

保存できる最大容量の確認

iPhoneに保存できるストレージ容量は購入時に確認すると思いますが、すでに購入したあとでも3種類の方法を使って確認することができます。

特にiPhoneを売却するときなどには知っておくべきことなので、確認方法を覚えておきましょう。

iPhoneの本体から確認する

iPhoneの本体から確認する方法は次の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「情報」をタップする
  4. 容量の部分に記載されている

手持ちのiPhone本体で確認するのが最も簡単な方法です。

 

iPhoneの箱から確認する

iPhoneを購入した時に入っていた箱の裏面にも本体容量の記載があります。

iPhoneを買い換える時に箱ごと売却するため、箱を取っておく方も多いでしょう。

もし手元に箱がある場合は、その裏面をご確認ください。

現在のストレージ空き容量の確認

iPhoneのストレージ容量がいま何にどれくらい使用していて、あとどれくらい空きがあるのかは定期的に確認するようにしましょう。

写真や動画を頻繁に撮影していると気づかないうちに容量が圧迫されてしまい、いっぱいになってしまいます。

iPhoneのストレージ容量がいっぱいになってしまうと、データの保存ができなくなってしまうだけでなく、本体がフリーズしてしまったり電源が落ちてしまうなどの原因ともなるためこまめに確認しておきましょう。

iPhone本体から確認する

iPhone本体から確認する方法は次の通りです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「iPhoneストレージ」をタップする
  4. しばらく待つと、使用しているストレージ容量の内訳まで表示される

ここではそれぞれどんなデータがどれくらい保存されているのかを確認することができます。

上からデータ量の多いアプリ順に並んでいくので、不要なデータがないかをチェックする際は参考にしてみてください。

 

iTunesに接続して確認する

iTunesに接続してiPhoneを選択すると、一番下にストレージ容量が表示されます。

ここでは最大容量と使用状況を確認することができます。

ここではiPhoneのデータをパソコンにバックアップすることも可能です。

iPhoneストレージ容量の空きを確保する方法

iPhoneの設定画面をチェックしている人

ストレージが足りなくなった場合、写真や動画の撮影ができなくなったりアプリを追加できないなどの不便が生じてしまいます。

また、データが圧迫されすぎるとフリーズや電源が落ちてしまうなどの原因にもなります。

iPhoneのストレージがいっぱいになってしまわないように、これからご紹介する対策で改めて保存容量の見直しをしましょう。

  • 不要なアプリを削除する
  • 不要な画像や動画を削除する
  • キャッシュを削除する
  • 音楽データを削除し、ストリーミング配信サービスへ切り替える
  • オンラインストレージを利用する

不要なアプリを削除する

iPhoneストレージ容量の空きを増やす方法として、まず最初に着手したいのが不要なアプリを削除する方法です。

App Storeには無料アプリがたくさんあるので、面白そうなゲームアプリや便利なツール系アプリなど、躊躇わずにどんどんダウンロードすることができます。

その反面、ダウンロードしたものの結局ほとんど使っておらず入れっぱなしになって放置しているというアプリもたくさんあるでしょう。

これを機に、使用していないアプリはすべて削除してしまいましょう。

不要な画像や動画を削除する

iPhoneは写真を撮るという行為を非常に簡単で手軽なものにしまいた。

そのため、日常的にiPhoneを使っていると、思い出を残す以外にもたくさんの写真や動画を撮影しています。

日々の何気ない写真がどんどん溜まっていくことで、知らず知らずのうちにストレージ容量を圧迫していくことになります。

iPhoneに保存されているデータの中でも、写真と動画のデータ量は非常に大きい部類に入るので、不要な写真や動画は定期的に削除するようにしておくと容量の節約に大きく貢献できます。

また、記録のために撮影したスクリーンショットも写真アプリにどんどん溜まっていくので要らないものは削除しましょう。

カメラの設定を見直す

写真や動画の削除ができたら、次は写真や動画1つあたりのデータ量を削減する設定をあらかじめしておきましょう。

iPhoneの写真と動画は設定するモードや画質によってデータ容量が変わります。

高画質で撮影すると当然データ容量も大きくなるため、ストレージ容量を圧迫してしまいます。

iPhoneで撮った写真をiPhoneで見るだけであれば最高画質に設定する必要もないので、必要に応じて設定を変更しましょう。

写真と動画それぞれの設定方法は次の通りです。

写真の設定見直し

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「カメラ」をタップする
  3. 「フォーマット」をタップする
  4. 「高効率」を選択する
  5. 「Apple ProRAW」をオフにする

「高効率」は写真1枚のファイルサイズを小さくしてくれる設定です。

「互換性優先」は常にファイルサイズが大きいデータで固定されますが、iPhoneでのビデオ撮影時に選択できないモードが出てしまうため、使うメリットはありません。

ここは「高効率」一択で大丈夫です。

「Apple ProRAW」は、より本格的な写真の現像・編集をするための撮影モードで、ファイルサイズが非常に大きくなります。

普段の何気ない写真を撮影するくらいならあまり必要はないでしょう。

たまにはApple ProRAWを使って本格的な写真を撮りたいという方は、Apple ProRAWをオンにした状態で以下の設定を行ってください。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「カメラ」をタップする
  3. 「設定を保持」をタップする
  4. 「Apple ProRAW」をオフにする

この設定を行うことで、Apple ProRAWの使用が可能な状態にしつつ、カメラ起動時にはApple ProRAWがオフになっている状態になります。

必要な時だけ撮影時に切り替えができるようになるのでおすすめです。

動画の設定見直し

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「カメラ」をタップする
  3. 「ビデオ撮影」をタップする
  4. 「720o HD/30 fps」を選択する

動画の設定については上記の手順で画質の選択をします。

いまやiPhoneは映画まで撮影できてしまうほどの機材になっているため、動画の撮影画質も様々なバリエーションが用意されています。

1分間のビデオ撮影のデータ容量は次の通りです。

設定ファイルサイズ特徴
720p HD/30 fps45MB領域節約
1080p HD/30 fps65MBデフォルト
1080p HD/60 fps100MBよりスムーズ
4K/24 fps150MB映画のスタイル
4K/30 fps190MB高解像度
4K/60 fps440MB高解像度、よりスムーズ

フレームレートは60 fpsが最もスムーズに撮影できるので、一概に全ての撮影で720p HD/30 fpsがおすすめというわけにはいきませんが、日常の景色を撮影するには十分な設定といえます。

キャッシュを削除する

iPhoneには、キャッシュというゴミが溜まっていきます。

キャッシュとは、直前に行った動作を一時的に記憶しておき、次回同じ動きをする時にスムーズに行動できるようにする機能です。

このキャッシュが溜まりすぎるとiPhoneがフリーズしてしまったり、ストレージ容量を圧迫する原因となります。

このキャッシュは主にブラウザアプリで溜まっていることが多く、普段のネット検索をするたびに増え続けています。

今回は代表的なブラウザアプリ「Safari」のキャッシュ削除方法をご説明します。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「Safari」をタップする
  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする
  4. 「履歴とデータを消去」をタップする

これでブラウザのキャッシュが削除されました。

ブックマークなどのデータは削除されませんのでご安心ください。

音楽データを削除し、ストリーミング配信サービスへ切り替える

昔からiPhoneを使っている方であれば、パソコンにCD音源を取り込んでiPhoneへ移すという方法で音楽データを保存していることもあるでしょう。

iPodのような感覚で音楽を大量に取り入れていると、それだけでストレージ容量を圧迫してしまいます。

最近では音楽のストリーミング配信サービスがたくさんあるので、そちらを活用するのもひとつの手です。

おすすめなのは次のようなサービスです。

  • Apple Music
  • Spotify
  • Prime Music
  • LINE Music
  • YouTube Music
  • AWA

いずれも有料のサブスクサービスではあるものの、最新の音楽がリリース直後から配信されるなど聴きたい音楽をいつでも聴ける環境を整えることができます。

ストレージ容量も圧迫せずに済むためおすすめです。

オンラインストレージを利用する

写真や動画をどうしても削除したくない、これ以上不要なアプリがないなど、ここまでご紹介した方法でもストレージ容量に空きを作れないという方はオンラインストレージサービスを利用するのがおすすめです。

オンラインストレージサービスとは、iPhone本体ではなくクラウドサーバー上にデータを保存し、ネットを介してiPhoneから閲覧することができるサービスです。

本体に保存せずにオンラインストレージに保存することで、iPhoneのストレージ容量を空けることができます。

主なオンラインストレージサービスには次のようなものがあります。

  • iCloud
  • Google Drive
  • Dropbox
  • One Drive
  • Amazon Drive

いずれのサービスも一定容量までは無料で使用することができ、無料の範囲を超えるとそれぞれ有料プランへの切り替えが必要となります。

iPhone本体のストレージを増やすことができない以上、外部のストレージを使って保存するという方法を取るしかありません。

外付けのハードディスクなどの物理的な記録媒体に保存する場合は、閲覧するためにわざわざLightningケーブルで接続する必要があるため不便ですが、オンラインストレージサービスであればネット接続でいつでもアクセスできるので利便性も高く人気です。

データを整理してiPhoneのストレージ容量を空けておこう

iPhoneは私たちが思っている以上に年々性能が向上し、写真や動画1つのデータ量が大きくなり、使用するアプリの容量も大きくなっています。

そのため、いままでと同じ感覚で使っているのにストレージ容量の使用量がどんどん増えていくことになります。

自分がいまどれくらいiPhoneのストレージ容量を使っていて、あとどれくらい空きがあるのかはこまめにチェックし、データを整理する癖をつけておくとiPhoneをずっと快適に使えるようになります。

今回ご紹介した記事の中で、ご自身に合ったストレージ容量の確保方法を実践してみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max

タイトルとURLをコピーしました