iPhoneのストレージ容量の確認方法と空き容量を確保する方法を紹介!

iPhone
iPhone使い方

今回は、iPhoneのデータ容量を確認する方法を解説していきます。

iPhoneの空き容量が少なくなると、

  • 写真や動画を保存できなくなったり
  • アプリをダウンロードできなくなったり

快適に使えなくなってしまうことがあります。

この記事では、

  • ストレージ容量やデータ容量の確認方法
  • 容量を節約する方法

など、容量不足に悩まされないために役立つ知識をまとめました。

「肝心の時に容量がいっぱいだった・・・」なんてことにならないように、ぜひご覧になってみてください!

iPhoneのデータ容量やストレージ容量を確認する方法

iPhoneの「データ容量」や「ストレージ容量」を確認する方法は、次のとおりです。

  1. 本体の「設定」>「一般」>「ストレージ」を開く

「ストレージ」画面では、iPhone本体のストレージ容量のうち、どれくらい使用しているかを確認することができます。

使用状況の内訳

データの使用状況の内訳は、下記のとおりです。

カテゴリ内訳
Appインストールされているアプリとそのデータ
写真「写真」アプリに保存されている写真と動画
メディア映画や音楽、ボイスメモなど
メールメールとその添付ファイル
Apple Books「ブック」アプリに保存されているデータ
メッセージメッセージとその添付ファイル
iCloud Drive「iCloud Drive(オンラインストレージ)」からiPhone上にダウンロードされたファイル
その他アプリの一時保存(キャッシュ)データ、Siriの音声データなど
システムiOS

「非使用のAppを取り除く」とは

iOS11以降のiPhoneでは、「Appを取り除く」という機能が利用できます。

通常のアンインストールと違い、アプリを消しても、アプリのデータを保持してくれる機能です。
アプリを再インストールすると、元の状態に戻すことができます。

「ストレージ」画面にある「非使用のAppを取り除く」をオンにすると、使用頻度の低いアプリを自動的に取り除いて、空き容量を確保することが可能になります。

アプリを手動で取り除く方法は、この記事の後半で解説していきます。

iCloudの容量を確認する方法

iPhone本体だけでなく、iCloudの使用状況もあわせて確認しておくといいでしょう。
iCloudのデータ容量を確認する方法は下記のとおりです。

  1. 本体の「設定」>「"ユーザー名"」>「iCloud」を開く
  2. 「ストレージを管理」をタップする

iCloudの容量が足りなくなると、iPhoneのバックアップができなくなってしまいます。
空き容量が足りなくなった場合は、iCloudにバックアップするデータを選択したり、iCloudの容量をアップグレードしたりといった対策が必要です。

iPhoneの容量を節約する方法

iPhoneやiCloudの空き容量を増やす方法を見てみましょう。

  • 使っていないアプリを削除する
  • 写真や動画を削除する
  • 音楽を削除する
  • キャッシュを削除する
  • クラウドストレージを活用する

使っていないアプリを削除する

空き容量を確保する方法の中でも、手軽にできて効果が高いのが、不要なアプリを削除する方法です。
一部のゲームアプリのように、データ容量が大きいアプリを削除すれば、いっきに数GBの空き容量を確保できる場合もあります。

Appライブラリを確認する

iOS14以降のiPhoneでは、Appライブラリという機能が利用できます。

Appライブラリによって、ホーム画面に必要なアプリのみ表示できるようになりました。

ホーム画面に表示されておらず、忘れ去られたアプリが存在する可能性もあるので、Appライブラリを確認してみるといいでしょう。

Appライブラリは、ホーム画面の一番右側のページから、さらに左にスワイプすると表示できます。

アプリを取り除く

またすぐに再インストールする可能性のあるアプリについては、アンインストールするのではなく、「取り除く」機能を利用する方法もあります。

取り除く機能を利用すると、アプリデータをiPhone内に残すことができます。

取り除く機能は、2017年に配信されたiOS11以降のiPhoneで利用できます。
手順は次のとおりです。

  1. 本体の「設定」>「一般」>「ストレージ」を開く
  2. 「ストレージ」画面を下にスクロールして、取り除きたいアプリを選択
  3. 「Appを取り除く」をタップ
取り除いたアプリのアイコンは、ホーム画面に残り、アプリ名の横に雲のマークが表示されます。
アプリをタップすると、再度インストール可能です。

写真や動画を削除する

写真や動画も、多くの容量を必要とします。

とくに動画はファイルサイズが大きく、一つのファイルで数GB消費することもあります。
不要な写真や動画は、削除してしまいましょう。
この後解説するように、クラウドストレージを利用して、写真や動画を残したまま容量を節約する方法もあります。

写真や動画の設定を変更する

写真や動画の設定を変更することで、ファイルサイズを小さくすることも可能です。

  • フォーマットを変更する
  • 動画の設定を変更する
フォーマットを変更する
  1. 本体の「設定」>「カメラ」>「フォーマット」を開く
  2. 「カメラ撮影」で「高効率」を選択

「高効率」を選択すると、写真は「HEIF」、動画は「HEVC(H.265)」という形式で保存されるようになります。

ファイルサイズは、従来(互換性優先)の「JPEG」や「H.264」と比較して、半分程度に抑えることが可能です。
動画の設定を変更する
  1. 本体の「設定」>「カメラ」>「ビデオ撮影」を開く
  2. 適切な設定を選択する

あなたの目的に合った設定を選びましょう。
選択できる設定は、お使いの機種により異なります。

設定(解像度/フレームレート)サイズ(1分間あたり)画質の目安
720p HD/30 fps40MBDVD
1080p HD/30 fps60MB地デジ、Blu-ray
1080p HD/60 fps90MB
4K/24 fps135MB
4k/ 30fps170MB4K放送、4K Ultra HD Blu-ray
4k/ 60fps400MB
一般的には、解像度が大きくなるほどきめ細やかになり、フレームレートが上がるほど滑らかになります。

映画や音楽を削除する

近年では、「ストリーミング再生」に対応した「見放題・聴き放題」のサービスが増えてきました。

  • Netflix
  • Hulu
  • Amazon Prime ビデオ
  • Spotify
  • Apple Music
  • YouTube Music―
ストリーミング再生では、映画や音楽を視聴する際、一時的にファイルをダウンロードしながら再生します。
必要なファイルを必要な時にダウンロードするので、容量をほとんど必要としません。

ストリーミング配信サービスを利用すれば、iPhone内に映画や音楽を保存する必要がなくなり、空き容量を確保することができます。

キャッシュを削除する

「ストレージ」画面で、「その他」という項目が容量を圧迫している場合は、アプリの「キャッシュ」が肥大化している可能性があります。

キャッシュとは、アプリの動作を快適にするため、一時保存されているファイルのことです。
たとえば、Webブラウザ表示した画像ファイルを、キャッシュとして保存しておけば、2回目以降は瞬時に表示することができます。

キャッシュは、アプリで自動的に管理されているため、基本的にはユーザーが気にする必要はありません。
ただし、すぐに空き容量を確保したい場合は、手動で削除することができます。

Safariのキャッシュを削除する方法

アプリのキャッシュは、アプリごとに管理されています。
ここでは、Safariのキャッシュを削除する方法を見てみましょう。

もっとも手軽な方法は、次のとおりです。

  1. 本体の「設定」>「Safari」を開く
  2. 「履歴とWebサイトのデータを除去」をタップする

この方法では、履歴やCookieといったキャッシュ以外のデータも削除されます。
キャッシュのみ削除したい場合は、次の方法を試してみてください。

  1. 本体の「設定」>「Safari」を開く
  2. 「詳細」>「Webサイトデータ」を開く
  3. 「全Webサイトデータを削除」をタップ

アプリのキャッシュを削除しても「その他」のサイズが減らない場合は、下記の記事をご覧になってみてください。

クラウドストレージを活用する

クラウドストレージの利用もおすすめです。

「クラウドストレージ(オンラインストレージ)」とは、ファイルをクラウド上(オンライン上)に保存できるサービスのことです。

クラウドストレージを利用すれば、必要なファイルを必要な時にダウンロードできるので、iPhoneの容量を節約できます。

iPhoneのバックアップに利用する「iCloud」もクラウドストレージの一種です。
その他のクラウドストレージとしては、

  • Googleドライブ
  • Dropbox
  • Amazon Drive

といったサービスが有名です。

必要に応じて、クラウドストレージの有料プランを検討してみるといいでしょう。

まとめ

この記事では、iPhoneのストレージの利用状況は、設定アプリの「ストレージ」から確認できます。

iPhoneの容量を節約するには、

  • 使っていないアプリを削除する
  • 写真や動画を削除する
  • 音楽を削除する
  • キャッシュを削除する
  • クラウドストレージを活用する

といった方法が有効です。

写真や動画、音楽など、iPhoneの容量を気にせず保存したい場合は、あらかじめ容量の大きいモデルを選んでおくと安心です。

中古iPhoneであれば、より大容量もモデルがお得に購入できるので、検討されてみてはいかがでしょうか。

にこスマで販売中のiPhone一覧

Loading component ...
タイトルとURLをコピーしました