なくす前に!「Airpods(エアポッツ)を探す」をiPhoneで設定しておこう

iPhone
iPhone

Appleのワイヤレスイヤホンである「Airpods(エアポッツ)」は従来の有線イヤホンとは違い、耳にかけるだけで音楽が楽しめるコンパクトなイヤホンです。

iPhoneとの互換性も高いので、iPhoneユーザーで利用している方も多いのではないでしょうか。

しかし「Airpods(エアポッツ)」は、そのコンパクトさゆえに「失くしやすい」というデメリットもあります。

例えば、机の隙間に落としてしまったり、鞄のどこにしまったか忘れてしまったり…

ふと気が付くと「Airpods(エアポッツ)がない!!」という経験をした方も多いはず。

今回は、そんな時に役立つiPhoneの「Airpods(エアポッツ)を探す」機能と設定方法について詳しくご説明します。

事前に「Airpods(エアポッツ)を探す」設定をしておけばAirpods(エアポッツ)がどこにあっても即座に見つけることができるので、ぜひチェックしてくださいね。

「Airpods(エアポッツ)を探す」機能とは?

iPhoneには、専用アプリ「iPhoneを探す(iOS12以前の場合)」「探す(iOS13以降の場合)」があり、このアプリを使って紛失したiPhone端末や「AirPods(エアポッツ)」を探すことができます。

端末によっては最初からアプリが入っている場合もありますが、もしホーム画面に見当たらなければ「App store」から無料でダウンロードできます。

専用アプリを通してできること

AirPods(エアポッツ)の場所を地図上に表示する

アプリの地図上に、AirPods(エアポッツ)の場所を表示します。
地図上では一度につき「片方の場所」しか表示されません。
もし「片方は手元にあるけど、もう片方が見当たらない…」という場合は、手元にあるAirPods(エアポッツ)をケースにしまうと、紛失している方の位置が地図上に表示されます。

ー操作手順ー
1.ホームからアプリ「探す」または「iPhoneを探す」をタップ
2.「デバイスを探す」をタップ
3.一覧の中からAirPods(エアポッツ)を選択
4.地図上にAirPods(エアポッツ)の位置が表示される

AirPods(エアポッツ)が「充電切れ」または「圏外」にある場合は「位置情報が表示されません」と表示されることがありますが、最後に接続した位置が表示される場合もあるため、場所を探すヒントになるでしょう。

AirPods(エアポッツ)から音を鳴らす

AirPods(エアポッツ)がBluetoothに接続されていれば、遠隔操作で音を鳴らせます。

ー操作手順ー
1.ホームからアプリ「探す」または「iPhoneを探す」をタップ
2.「デバイスを探す」をタップ
3.一覧の中からAirPods(エアポッツ)を選択
4.「サウンドを再生」をタップ

「AirPods(エアポッツ)を探す」の設定方法

「AirPods(エアポッツ)」を探すには、あらかじめiPhoneで「AirPods(エアポッツ)」を探すための設定をする必要があります。

設定しておかなければいざという時にAirPods(エアポッツ)を探すことができないので、万一に備えて設定しておきましょう。

ー設定方法ー
1.ホーム画面から「設定」をタップ
2.「自分の名前」をタップ
3.「探す」をタップ
4.「デバイスを探す」をタップ
5.「デバイスを探す」のタブをオンに切り替え
6.完了

以上の設定をした状態でAirPods(エアポッツ)をペアリングすれば、AirPods(エアポッツ)が探す対象として自動で追加されます。

事前に設定して、いざという時に備えよう

今回は、「Airpods(エアポッツ)を探す」の機能と設定方法をご紹介しました。

事前に設定しておけば万一の時も安心ですので、ぜひこの機会に設定を見直してみてくださいね。

中古スマホ販売専門店 にこスマ

▼にこスマの主な取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone 11 Pro

タイトルとURLをコピーしました