iPhoneからiPhoneにデータ移行する方法まとめ【機種変更ガイド】

iPhoneからiPhoneへのデータ移行 使い方
使い方

iPhone同士で、データを移行する方法をまとめました。

中古スマホ販売のプロ「にこスマ」が、iPhoneからiPhoneへ、データをコピーするベストな手順を丁寧に解説していきます。

「大切なデータが消えてしまった」なんてことにならないように、バックアップから復元までの流れを確認しておきましょう!

データ移行の流れ

これまで使用していたiPhone(以下、古いiPhone)から、新しいiPhone(以下、新しいiPhone)にデータを移行する手順は下記のとおりです。

  1. アプリの引き継ぎ準備
  2. データの移行(バックアップ・復元)
  3. アプリ引き継ぎ

それぞれ詳しく解説していきます。

アプリの引き継ぎ準備

いくつかのアプリでは、データを移行するために事前に引き継ぎ準備が必要です。

  • LINE
  • モバイルSuica
  • ゲームアプリ

LINE

定番トークアプリのLINE。iPhone同士であれば、トーク履歴を含めてほぼすべてのデータを移行することができます。

LINEの引き継ぎ準備手順は下記のとおり。

  1. 最新バージョンにアップデート
  2. 電話番号、メールアドレス、パスワードを設定しておく
  3. トーク履歴をバックアップ

古いiPhoneと新しいiPhoneで電話番号が変わる場合は、

LINEアプリの「ホーム」>「設定」>「アカウント引き継ぎ」

から、「アカウントを引き継ぐ」を有効にする必要があります。

LINE公式アカウントの「LINEかんたんヘルプ」では、かんたんな質問に答えるだけで、引き継ぎ準備が整ったかどうかを確認することができます。ぜひ活用してみてください。

トーク履歴をバックアップする方法

LINEのトーク履歴をバックアップする手順は下記のとおりです。

  1. LINEアプリの「ホーム」>「設定」>「トーク」をタップ
  2. 「トークのバックアップ」をタップ
  3. 「今すぐバックアップする」をタップ
バックアップデータはiCloudに保存されます。

あわせて、「自動でバックアップ」をONにしておくといいでしょう。

  1. 本体の「設定」>[一般]>[Appのバックグラウンド更新]をタップ
  2. 「Appのバックグラウンド更新」>「LINE」をONに
  3. LINEアプリの「トークのバックアップ」画面で「バックアップ頻度」をタップ
  4. 「自動バックアップ」をONに
引き継ぎの前に、「トークのバックアップ」画面で、「前回のバックアップ」が最新の日時になっていることを必ず確認してください。

モバイルSuica

タッチ決済が便利な「モバイルSuica」。引き継ぎのために、古いスマホの情報を、いったんモバイルSuicaのセンターサーバーに預ける必要があります。

モバイルSuicaの引き継ぎ準備は下記のとおり。

  1. Walletアプリを起動
  2. Walletアプリに設定されたSuicaを選択
  3. 右上のボタンをタップ
  4. 「このカードを削除」をタップ

ゲームアプリ

各種ゲームアプリも、事前に引き継ぎ準備が必要な場合があります。あらかじめ、ゲームアプリ内のヘルプ画面や公式サイトで、情報を確認しておきましょう。

データの移行(バックアップ・復元)

iPhone同士でデータを移行する方法は、さまざまです。

【クラウドストレージ】
  • Googleドライブ
  • iCloud
  • Dropbox
【バックアップアプリ】
  • JSバックアップ
  • Yahoo!かんたんバックアップ
  • ドコモデータコピー
  • データお預かり(au)
  • あんしんバックアップ(ソフトバンク)
【外部デバイス】
  • USBメモリ
  • PC(iTunes)

「結局どれがいいの!?」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

iPhone同士でデータ移行する場合、iCloudを利用する方法が、もっとも手軽で確実です。ここからは、iCloudを使用して、データをバックアップ・復元する方法を徹底解説していきます!

iCloudを使ったデータのバックアップ

iCloudを利用すると、古いiPhoneに保存されているほぼすべてのデータを丸ごと移行できます。

  • iCloud にすでに保存されているデータ (連絡先、カレンダー、メモ、iCloud 写真、
  • iMessage、ボイスメモ、テキスト (SMS) およびマルチメディア (MMS) メッセージ、
  • ヘルスケアデータなど)
  • ほかのクラウドサービス (Gmail、Exchange メールなど) で保管されているデータ
  • Apple メールのデータ
  • Apple Pay の情報と設定内容
  • Face ID や Touch ID の設定
  • iCloud ミュージックライブラリおよび App Store のコンテンツ

引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT204136

iCloudを使ったバックアップの手順は下記のとおりです。

  1. iPhoneをWi-Fiに接続
  2. 「設定」>「ご自身のユーザー名」>「iCloud」をタップ
  3. 「iCloudバックアップ」をタップ
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップ

バックアップが完了したら、「今すぐバックアップを作成」下の「最後に作成されたバックアップ:」が、最新の日時に更新されたことを確認しておきましょう。

「iCloudバックアップ」をONにしておくと、定期的にバックアップが自動で作成されます。設定しておくと安心です。

iCloudの空き容量が足りないときの対処法

iCloudのストレージ容量は、無料プランの場合5GBです。バックアップ容量が5GBを上回る場合、

iCloudストレージの空き領域が不足しています

というメッセージが表示されます。

iCloudの空き容量が足りないときの対処法は、大きく分けて次の2つ。

  • iCloudを有料プランにアップグレードする
  • Googleフォトアプリを併用する

iCloudを有料プランにアップグレードする

iCloudには、大容量の有料プランが用意されています。月々130円で、iCloudの容量は10倍に。

プラン月額利用料金
5GB無料
50GB130円
200GB400円
2TB1,300円
有料プランは、「全部のデータをまとめてiCloudで管理したい」という方におすすめです。

Googleフォトアプリを併用する

「Googleフォト」アプリは、Googleが提供するクラウド画像保存サービスです。

バックアップ容量のうち、とくにかさばるのが写真や動画という方が多いのではないでしょうか?写真や画像のみ、無料で使えるGoogleフォトで管理すれば、バックアップ容量を大幅に節約可能です。

一度Googleフォトにバックアップしてしまえば、Googleアカウントにログインしたすべての端末から写真や動画を閲覧できるようになります。2021年5月末までなら、容量無制限で使い放題です(アップロード画質が「高画質」の場合)。

Googleフォトで写真や動画をバックアップする手順は、下記のとおりです。

  1. Googleフォトアプリをインストールして開く
  2. Googleアカウントにログイン
  3. Googleフォトアプリの画面右上にあるプロフィール画像をタップ
  4. 「フォトの設定」>「バックアップと同期」をタップ
  5. 「バックアップと同期」をONに

Googleフォトで写真と動画がバックアップできたら、「iCloudフォトライブラリ」を無効にするとバックアップ容量を削減可能です。

  1. 本体の「設定」>「ご自身のユーザー名」>「iCloud」をタップ
  2. 「写真」をタップ
  3. 「iCloudフォトライブラリ」をOFFに

iCloudを使ったデータの復元

iCloudを使ってデータを復元する方法はいたってシンプルです。

  1. 新しいiPhoneの初期設定を進める
  2. 「Appとデータ」画面で、「iCloud バックアップから復元」をタップ
  3. iCloudのIDとパスワードを入力し、復元したいバックアップを選択
データの転送が始まると、新しいiPhoneに転送状況を示すバーが表示されます。

バーが最後まで進んだら、データの転送は完了です。

クイックスタートとは

古いiPhoneと新しいiPhoneにインストールされているiOSのバージョンによっては、初期設定を省略できる「クイックスタート」という方法が利用できます。

クイックスタートの利用可否新しいiPhoneのiOSバージョン
iOS11.0未満iOS11.0~12.3iOS12.4以上
古いiPhoneのiOSバージョンiOS11.0未満×××
iOS11.0~12.3×
iOS12.4以上×◎(デバイス間の移行も可)

クイックスタートの手順

クイックスタートは、古いiPhoneと新しいiPhoneの両方が、iOS11.0以降の場合に利用可能です。

  1. 古いiPhoneのBluetoothをONにする
  2. 新しいiPhoneの電源をONにする

古いiPhoneの画面に、クイックスタート画面が表示されます。

  1. Apple IDを確認し、「続ける」をタップ
  2. 新しいiPhoneに表示されるアニメーションに古いiPhoneをかざす
  3. 生体認証(Touch IDまたはFace ID)やパスコードを設定

あとは、クイックスタートを利用しない場合と同じように、「Appとデータ」画面で「iCloud バックアップから復元」すれば完了です。

デバイス間の移行機能

古いiPhoneと新しいiPhoneの両方がiOS12.4以降の場合、データを直接転送することもできます。

デバイス間の移行機能を利用する場合は、クイックスタートを完了後、「Appとデータ」画面で「デバイスから転送」をタップします。

デバイス間の移行機能を利用すれば、iCloudのバックアップがなくてもデータを移行することができます。

とはいえ、万一iPhoneを紛失・故障したときのために、日ごろからiCloudバックアップを作成しておくと安心です。

アプリの引き継ぎ

新しいスマホの初期設定やデータの復元が終わったら、事前に引き継ぎ準備したアプリの引き継ぎを行いましょう。

  • LINE
  • モバイルSuica
  • ゲームアプリ

LINE

LINEの引き継ぎ手順は、

  • 電話番号が変わらない場合
  • 電話番号が変わる場合

によって異なります。

ここでは、電話番号が変わらない場合の手順を解説してきます。

  1. LINEアプリをインストールして開く
  2. 電話番号を入力
  3. SMSに届いた番号を入力
  4. 表示された情報が自分のものであることを確認し、「はい、私のアカウントです」をタップ
  5. パスワードを入力
  6. 友達追加設定を済ませる
  7. 「トーク履歴を復元」をタップ(トーク履歴をバックアップした場合)
iPhoneの場合、あとからトーク履歴を復元することができません。トーク履歴を復元せずに引き継ぎを済ませてしまった場合は、いったんLINEアプリをアンインストールして、最初からやり直す必要があります。

以上で、LINEの引き継ぎは完了です。

電話番号が変わる場合や、古いスマホが故障・紛失してしまった場合の引き継ぎ方法は、「あんしん引き継ぎガイド」をご覧ください。

モバイルSuica

モバイルSuicaの引き継ぎ方法は下記のとおりです。

  1. Walletアプリを開く
  2. 画面右上の「+」ボタンをタップ
  3. Apple Payの案内画面で「続ける」をタップ
  4. カードの種類で「Suica」をタップ
  5. 古いiPhoneで使用していたSuicaが表示されたら[次へ]をタップ

以上で、モバイルSuicaの引き継ぎは完了です。

新しいiPhoneでモバイルSuicaが利用できない場合は、下記の項目を確認してみてください。

  • iCloudにサインインしているか
  • 生体認証(Touch IDまたはFace ID)あるいはパスコードが有効になっているか

詳しくは、下記の公式ページをご覧ください。

ゲームアプリ

引き継ぎが必要なゲームアプリについては、引き継ぎ準備と同じように、ゲームアプリ内のヘルプ画面や公式サイトで情報を確認してください。

まとめ

この記事では、iPhone同士でデータを移行する方法を解説しました。

データ移行の手順は下記のとおり。

  1. アプリの引き継ぎ準備
  2. データの移行(バックアップ・復元)
  3. アプリの引き継ぎ

LINEやSuicaなど一部のアプリでは、個別に引き継ぎが必要です。データ移行の前後に忘れずに行いましょう。

データの移行方法は、手軽で確実なiCloudがおすすめです。古いiPhoneと新しいiPhoneのiOSバージョンによっては、初期設定を省略できる「クイックスタート」も利用可能。

AndoroidスマホからiPhoneへのデータ移行や、iPhoneからAndroidスマホへのデータ移行の手順は、「スマホのデータ移行方法まとめ」で解説しています。古いスマホの処分方法や、手放す前の注意点も紹介しているので、ぜひご覧になってください。

タイトルとURLをコピーしました