「.HEIC」から「.JPG」に!iPhoneで撮影する写真の拡張子を変更する方法!

iPhone
iPhone

iPhoneで撮った写真をPCで閲覧しようとした時、画像がプレビューできずに困った経験はありませんか?

表示されない画像の詳細を見てみると、「画像の形式がJPEGではなくHEIC」になっている場合があります。

今回は、PCなどで表示できない「.HEIC」形式の画像を、PCで表示可能な「JPEG」形式に変換する方法をご紹介します!

「.HEIC」はiPhone独自の拡張子

「.HEIC」とは、AppleがiOS11から採用したオリジナルの拡張子です。

「.HEIC」は、一般的な画像の拡張子である「JPEG」よりも高画質のデータをより軽い容量で圧縮できる形式のことで、「.HEIC」で画像を保存すればiPhoneストレージの節約にも繋がります。

しかし「.HEIC」形式で保存すると、WindowsのPCで画像をプレビューできなくなってしまうというデメリットもあります。

iOS11からは初期設定で自動的に「.HEIC」形式で写真が保存されるため、もし「JPEG」形式にしたい場合は、以下の方法で変更する必要があります。

・MacのPCから画像の形式を変更する
・WindowsのPCで画像を読み込む際に形式を変更する
・iPhoneの写真撮影設定を「JPEG」形式にしておく

「.HEIC」から「JPEG」に変更する方法を以下の項目で詳しくご説明いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「JPEG」形式には「.jpg」と「.jpeg」の2種類の拡張子がありますが、機能的な違いはありません

「.HEIC」形式の画像を「JPEG」に変更する方法

Macで変更する

iPhoneと同じApple製品であるMacでは、OSを「High Serra」にアップグレードすると「.HEIC」形式を編集・閲覧できます。

ですが、OSのバージョンが古いMacや一部の機種では編集・閲覧できない場合があります。

そんな時は、以下の方法で「JPEG」への変換が可能です。

1.Macに写真を取り込み、写真のファイルを選択
2.右クリックし、メニューから「ファイル」を選択
3.「書き出す」を選択
4.保存形式に「JPEG」を選択
5.完了

WindowsのPCで画像を読み込む際に変更する

Windowsでは、USBコネクタを使ってPCとiPhoneを繋いで画像を読み込む際に「JPEG」に変換できます。

PCで画像を読み込む際「JPEG」にするには、iPhoneの設定を以下のようにしておく必要がありますので、手順に従って設定をしてみてください。

1.ホーム画面から「設定」をタップ
2.「写真」をタップ
3.「MacまたはPCに転送」の項目を確認
4.「自動」か「元フォーマットのまま」かを選ぶ項目があるので、「自動」をタップ
5.完了

上記の設定をしておくと、USBコネクタを通じてPCから画像を閲覧する際に自動で「JPEG」に切り替わります。

iPhoneで最初から「JPEG」形式で撮影するように設定できる!

ここまで「HEIC形式」から「JPEG形式」に変更する方法をご紹介してきましたが、「最初から写真をJPEG形式で保存したい…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はiPhoneの設定で、「最初からJPEG形式で保存しておく」こともできるんです!

設定もとても簡単なので、JPEG形式の方がいい方はぜひ参考にしてください。

1.iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ
2.「カメラ」をタップ
3.「フォーマット」をタップ
4.「高効率」と「相互性優位」を選ぶ項目があるので、「相互性優位」を選択
5.完了

上記の設定をすることで、撮影した写真がすべて「JPEG」形式で保存されるようになります。

「.HEIC」の時よりも「JPEG」形式で保存した方が容量は大きくなるので、必要に応じて使い分けるのがおすすめです。

メリット・デメリットを踏まえて上手く使い分けを!

今回は、iPhoneで撮影した「.HEIC」形式の画像を「JPEG」形式に変更する方法をご紹介しました!

最後に、「.HEIC」のメリット・デメリットをまとめます。

「.HEIC」のメリット
・一般の保存形式である「JPEG」よりも高画質
・容量がJPEGよりも小さく、ストレージの節約になる
・Macとなら互換性が高い
「.HEIC」のデメリット
・主にWindowsのPCで画像を確認できなくなる
「.HEIC」にはメリットもたくさんありますので、メリット・デメリットをきちんと知ったうえで上手く使い分けましょう!
タイトルとURLをコピーしました