iPhoneバッテリーの寿命・交換時期の目安は?交換の流れや場所別の価格を紹介

iPhone
iPhone使い方

iPhoneを長年使用していると、バッテリーの減りが早くなってきたなと感じることがあるでしょう。スマートフォンのバッテリーは消耗品なので、充電を繰り返すうちに劣化していきます。

そこで今回は、iPhoneのバッテリー交換の目安となるタイミングや交換方法、交換にかかる費用の相場をまとめました。

iPhoneをできるだけ長く使用したいという方は要チェックです。

バッテリー交換の目安は最大容量80%を下回った時

iPhoneのバッテリーに異常を感じるのは大抵バッテリーが急に0%になってしまったり一晩充電しても100%にならなかったり減りが異常に早くなったりした時でしょう。

しかし、実際にそうなってからでは対処することが難しくなるケースも多く、急にiPhoneの電源が入らなくなってしまい、データを全て失ってしまうことにも繋がります。

そんなiPhoneのバッテリー交換のひとつの目安はバッテリーの最大容量が80%を下回った時です。

スマートフォンのバッテリーはよくスポンジに例えられます。スポンジは水を吸うと中に水を溜め込むことができますが、繰り返し使用していると水を溜めこむ力が弱くなり、最後にはほとんど水を吸わなくなります。

バッテリーもこれと同じで、充電と放電を繰り返すことで電気を溜め込む力が弱くなります。

その交換目安が最大容量80%を下回った時なのです。

iPhoneのバッテリー寿命を調べる方法

iPhoneのバッテリー寿命はiPhone本体で確認することができます。

  • 設定アプリを開く
  • [バッテリー]をタップする
  • [バッテリーの状態]をタップする
  • [最大容量]の部分に%表示されている

バッテリー性能は設定アプリの中で常時確認することができるので、こまめにチェックして80%を下回っていないか確認しておきましょう。

最大容量が減っていくごとに電気を溜め込む力が弱くなっていくので、1回の充電で使用できる時間が短くなっていきます。

iPhoneのバッテリーを交換する方法

iPhoneのバッテリーを交換する方法は大きく分けて4種類あります。ここでは、バッテリー交換ができる場所についてご紹介します。

バッテリー交換できる場所

iPhoneのバッテリー交換ができる場所は、大きく分けて以下の4つが挙げられます。

  • Appleストア
  • 大手通信キャリアショップ(ドコモ・au・ソフトバンク)
  • Apple正規サービスプロバイダ(家電量販店等)
  • 修理専門店

大手通信キャリアショップ以外の窓口では、いずれも在庫があればその場でバッテリー交換が可能となります。

窓口はバッテリー交換だけでなく様々な修理対応をしているため、混雑も予想されます。事前に予約してから店舗へ持ち込みましょう。

Apple正規サービスプロバイダとは、Appleから公式でサポートサービスを委託された店舗のことです。日本国内では「カメラのキタムラ」と「ビックカメラ」が主な窓口となっています。

大手通信キャリアショップでは一部店舗のみiPhoneのバッテリー交換に対応しています。対応店舗は以下の通りです。

【ドコモ】
・DS丸の内店iPhone/iPadリペアコーナー
・iPhone/iPadリペアコーナー 名古屋
【au】
・au Style SHINJUKU
・au Style SENDAI
・au Style みなとみらい
・au Style NAGOYA
・au Style OSAKA
・au Style FUKUOKA
・au Style 渋谷スクランブルスクエア
【ソフトバンク】
・ソフトバンク仙台クリスロード
・ソフトバンク銀座
・ソフトバンク表参道
・ソフトバンク名古屋
・ソフトバンクグランフロント大阪

Apple Care+の保証対象の場合は無料

Appleの保証サービスである「Apple Care+」に加入している場合は、保証期間内であればバッテリーを無料で交換してもらうことができます。

基本的にApple Care+へ加入できるのは端末購入から30日以内で、ほとんどの場合端末購入と同時に加入する方が多いでしょう。

Apple Care+には他にも画面の破損などの高額修理になるような故障も安価で修理対応できるようにもなるので、iPhoneをよく壊してしまう人にはおすすめです。

Appleの修理窓口の場合は「持ち込み」と「配送」から選ぶ

Appleストアでの修理には、端末を自分で持ち込んで修理してもらう方法配送で修理してもらう方法の2種類があります。

窓口に行く時間が無い方や近くに修理窓口が無いという方は配送で手続きするのもおすすめです。

窓口別バッテリー交換費用一覧

Apple Care+の保証が適応されない通常料金でのバッテリー交換費用を、修理窓口別で比較しました。どこへ修理を依頼するかを決める目安にご活用ください。

機種名AppleドコモauソフトバンクカメラのキタムラビックカメラiPhone修理店
iPhone 12 Pro Max8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)-
iPhone 12 Pro8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)-
iPhone 128,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)-
iPhone 12 mini8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)-
iPhone 11 Pro Max8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)-
iPhone 11 Pro8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)-
iPhone 118,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)-
iPhone SE(第2世代)5,940 円(税込)7,150円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)-
iPhone XS Max8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)7,480円(税込)
iPhone XS8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)7,480円(税込)
iPhone XR8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)7,480円(税込)
iPhone X8,140 円(税込)10,340円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)8,140円(税込)7,480円(税込)
iPhone 8/8 Plus5,940 円(税込)7,150円(税込)/10,340円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,280円(税込)
iPhone 7/7 Plus5,940 円(税込)7,150円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,280円(税込)
iPhone 6s/6s Plus5,940 円(税込)7,150円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,280円(税込)
iPhone 6/6 Plus5,940 円(税込)7,150円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)4,180円(税込)/5,280円(税込)
iPhone 5s/5c5,940 円(税込)7,150円(税込)-5,940円(税込)5,940円(税込)5,940円(税込)4,180円(税込)
iPhone 5/iPhone SE(第1世代)5,940 円(税込)--5,940円(税込)5,940円(税込)-4,180円(税込)

iPhone修理専門店は店舗によって価格が様々なので、一般的な価格を掲載しました。Appleや正規サービスプロバイダと比較して安い傾向にありますが、Apple公式のサービスでは無いので注意点などはしっかり読んで依頼するようにしましょう。

バッテリー交換の前にしておくべき準備

いざバッテリー交換を依頼するとなると、事前に準備しておくべきことがいくつかあります。ここでは、修理窓口へ持ち込む場合と配送で依頼する場合に分けて解説します。

修理窓口へ持ち込む場合

窓口へ持ち込む場合は、iPhoneの中を分解したりする作業が伴うため、Apple IDのパスワードを準備しておくなどが必要です。

データのバックアップを取る

iPhoneの修理をするにあたってデータ消失の可能性もあるため、まずはデータのバックアップを取っておきましょう。

バックアップはiCloudもしくはPCにインストールしたiTunesで行います。

【iCloudでバックアップを取る方法】

  1. iPhoneをWi-Fiに接続する
  2. 設定アプリを開く
  3. ユーザー名をタップする
  4. [iCloud]をタップする
  5. [iCloudバックアップ]をタップする
  6. [iCloudバックアップ]をオンにする
  7. [今すぐバックアップを作成]をタップする

【iTunesでバックアップを取る方法】

  1. PCでiTunesを開く
  2. iPhoneをPCに接続する
  3. iPhoneにポップアップが出てくるので[許可]をタップする
  4. iTunesで[概要]をクリックする
  5. [今すぐバックアップを作成]をクリックする

窓口への持ち込みであっても配送であってもバックアップは必ず取っておきましょう。

Apple IDのパスワードを確認しておく

修理窓口でiPhoneを預ける際にはApple IDを確認されるので、必ずIDとパスワードを控えておきましょう。

これがわからないと修理対応ができなくなります。

万が一Apple IDのパスワードがわからなくなった場合は、Appleの公式サイトで再設定することができます。

Apple IDサポート

必要書類を揃える

修理受付には本人確認書類の提示が必要になるケースがあります。持っていないと手続きができないこともあるため、運転免許証などの本人確認書類は持っていきましょう。

具体的に必要な書類はあらかじめ店舗へ連絡して確認すると良いでしょう。

配送する場合

Appleのリペアセンターでは配送で修理対応をしてもらうこともできます。その場合、持ち込みとは少し手順が異なるため、事前準備も異なります。

データのバックアップを取る

データのバックアップは窓口への持ち込みと同様に必ず取っておきましょう。データが消えてしまう可能性があるため、バックアップがなければiPhoneが帰ってきた時には何も入っていない状態になってしまうこともあります。

Apple Watchのペアリングを解除する

Apple Watchを使用している場合は、必ずペアリングの解除をしてから配送するようにしましょう。

Apple Watchは、ペアリングを解除した時に自動的に最新の状態でバックアップされます。これをしないままiPhoneを修理に出してしまうと、Apple Watchのバックアップが生成されないため、iPhoneが戻ってきた時にApple Watchのデータを復元することができません。

iMessageをオフにする

iPhoneを修理する際は、iMessageの機能もオフにしておく必要があります。

手順は以下の通りです。

  • 設定アプリを開く
  • [メッセージ]をタップする
  • [iMessage]をオフにする

iPhoneを探すをオフにする

iMessageと同様に、iPhoneを探すもオフにする必要があります。

手順は次の通りです。

  • 設定アプリを開く
  • ユーザー名をタップする
  • [探す]をタップする
  • [iPhoneを探す]をタップする
  • [iPhoneを探す]をオフする
  • Apple IDのパスワードを入力する

iPhoneを初期化する

iPhoneを配送で修理に出す際は、初期化した状態で送る必要があります。

窓口への持ち込みの場合はその場でApple IDの情報などを伝えることができますが、配送では情報漏洩の危険がともなるため、Apple IDを修理拠点に伝えることができないからです。

初期化の手順は次の通りです。

  • 設定アプリを開く
  • [一般]をタップする
  • [リセット]をタップする
  • [すべてのコンテンツと設定を消去]をタップする
  • [iPhoneを消去]をタップする

アクティベーションロックをオフにする

アクティベーションロックとは、端末を紛失した場合などに他人に強制初期化されて悪用されないようにするためのロック機能です。

アクティベーションロックがかかっているとアクティベートすることができないため、端末を立ち上げることができません。

解除の手順は次の通りです。

  • Web ブラウザから iCloud.com にアクセスしする
  • Apple ID でサインインする
  • [iPhone を探す]を開く
  • 画面の上部にある[すべてのデバイス]をクリックする
  • iCloud から削除するデバイスを選択する
  • [iPhoneを消去」をクリックする
  • デバイスが消去されるまで、[次へ]を選択する
  • [アカウントから削除]をクリックする

フィルムやケースなどの付属品は取り外す

ここまでの準備ができたら、最後にiPhoneに取り付けたフィルムやケース、SIMカードを取り外します。これらは修理に必要ないものなので、ご自身で保管しておいてください。

特にSIMカードは外し忘れることが多いので、注意しましょう。

バッテリー交換の流れ


実際にバッテリー交換を依頼してからiPhoneが戻ってくるまでの流れを知っておきましょう。

Apple

Appleで修理する場合は、まずApple Care+に加入しているかどうか、そして保証期間内かどうかを確認しておきましょう。

AppleCare+に加入していると、以下の条件に当てはまる場合にバッテリーの無料交換が適用されます。

・Apple Care+の保証期間内である
・iPhoneのバッテリー最大容量が80%以下である

Appleストアでの修理

Appleストアでバッテリー交換をする場合、写真付きの身分証明書が必要となるので忘れずに持参しましょう。

バッテリー交換の流れは次の通りです。

  • Appleの公式サポートページで修理予約をする
  • 店舗で予約受付をする
  • その場でバッテリーの状態を診断してもらう
  • 交換が必要だと判断された場合、バッテリー交換対応

Appleの修理サポートは基本的に完全予約制となっているため、予約なしで店頭に行っても受付してもらえません。必ず事前にAppleの公式サポートページで修理予約を済ませてから持ち込みましょう。

Apple公式サポートページ

バッテリーの交換は基本的に当日作業可能ですが、修理に2時間ほど必要になります。

ただし、バッテリーの在庫がない場合は取り寄せまで1週間ほどかかるため、後日再来店する必要があります。

配送での修理

配送でバッテリー交換を依頼する場合は、iPhoneを初期化してから送ることになるため、必ずバックアップを取っておきましょう。

また、iPhoneケースやフィルム、SIMカードなどをつけたままAppleに送ってしまうと返送されず破棄されてしまうので、外し忘れには十分注意してください。

配送修理の流れは次の通りです。

  1. Appleの公式サポートページで配送修理の予約をする
  2. Apple IDを使ってサインインする
  3. バッテリー交換をしたいデバイスを選択する
  4. 配送先情報を入力する
  5. 支払い方法を入力する
  6. 配送修理の準備をする
  7. 利用規約に同意する
  8. 申し込み時に指定した日時に配達業者が集荷に来てくれる

配送で修理を依頼する場合も、持ち込みと同じくAppleの公式サポートページでの予約から始めます。

Apple公式サポートページ

大手通信キャリア

大手通信キャリアのショップでは、対象店舗でのみiPhoneの修理受付・バッテリー交換が可能となっています。

全国的にはまだまだ対象店舗の数は少ないですが、近くに店舗がある方はこちらを利用してみても良いのではないでしょうか。

ドコモ

ドコモでは、Apple Careの1年保証適用の場合は無料でバッテリー交換を対応してくれます。

ただし、無料修理の対象外となるような破損や水没などがある場合は、バッテリー交換含め無料対応できなくるため、注意が必要です。

ドコモショップでのバッテリー交換の流れは次の通りです。

  1. ドコモの来店予約ページで受付予約をする
  2. 来店予約番号が発行されるので控えておく
  3. 店頭で来店予約番号を伝えて受付をする
  4. バッテリー交換品の見積もりをする
  5. 修理完了後、支払いをする

ドコモショップで依頼する場合は、ドコモの手続きと同様に本人確認書類の提示が必須です。運転免許証などの身分証明書を持参しましょう。

また、リペアカウンターが順番待ちとなるため、予約していたとしても待ち時間が発生する場合もあります。

ドコモの来店予約

au

auでの手続きもドコモと同様の流れとなります。

  1. iPhone・iPad預かり修理対応店・来店予約ページで来店予約をする
  2. 来店予約番号が発行されるので控えておく
  3. 店頭で来店予約番号を伝えて受付をする
  4. 修理依頼品の診断・見積もりをしてもらう
  5. バッテリー交換の申し込みをする
  6. 修理完了後、支払いをする

こちらもドコモショップと同様に本人確認書類が必要となるので持参しましょう。

また、前後の受付状況によっては待ち時間が発生する可能性もあるため、時間に余裕のある時に来店しましょう。

iPhone・iPad預かり修理対応店・来店予約

ソフトバンク

ソフトバンクでの受付も他のキャリア同様の手続きの流れとなります。

  1. iPhone/iPad 店頭修理サービスページで来店予約をする
  2. 来店予約番号が発行されるので控えておく
  3. 店頭で来店予約番号を伝えて受付をする
  4. 修理依頼品の確認・見積もりをしてもらう
  5. 修理完了後、支払いをする

必要な書類や待ち時間発生の可能性も他のキャリアと同様です。

iPhone/iPad 店頭修理サービス

Apple正規プロバイダ

Apple正規プロバイダには「カメラのキタムラ」と「ビックカメラ」の2種類があります。

それぞれ受付手順は同じなので、それぞれ来店予約をしてから持ち込むようにしましょう。

  1. Webサイトで来店予約をする
  2. 来店予約番号が発行されるので控えておく
  3. 店頭で来店予約番号を伝えて受付をする
  4. 修理依頼品の確認・見積もりをしてもらう
  5. 修理完了後、支払いをする

カメラのキタムラApple製品修理予約

ビックカメラApple製品修理サービス

バッテリーを長持ちさせる方法

せっかくバッテリーを交換したのなら今後も長持ちさせたいですよね。ここでは、iPhoneのバッテリーを長持ちさせるための方法についてご紹介します。

電池残量が少なくなってから充電する

スマートフォンのバッテリーはスポンジのように、充電と放電を繰り返すごとに寿命が減っていきます。そのため、充電回数を抑えてしようする習慣をつけることで寿命に大きな差が生まれるのです。

電池残量が少し減ってきたら充電をしてしまうという方は、思い切って20%を切るまで充電するのを我慢しましょう。

もちろんその日の予定によっては早めに充電しておかないといけない日もあると思いますが、こまめな充電が必要ない日は電池残量が20%以下になってから充電をすることでバッテリーへの負荷が軽減され、充電と放電を繰り返す回数も抑えられます。

充電後はケーブルを外す

iPhoneを充電して100%になったらケーブルを外しておきましょう。バッテリー残量が100%になるとiPhoneへの電力供給は自動的にストップするようになっていますが、バックグラウンドでのアプリ更新や通知などでバッテリーを消費した時はすぐに充電が再開されてしまいます。

そのため、知らぬ間に充電と放電を繰り返しているということにも繋がるため、充電後はケーブルを外しておきましょう。

iPhoneの設定でアプリ更新は手動にし、寝ている間はおやすみモードにして通知が来ないようにするというのも良い手段です。

充電しながらの使用を控える

iPhoneで映画やNetflixやYouTubeで動画を観たりゲームをよくする方の中には、iPhoneを充電しながら使用しているという人も多いのではないでしょうか。

実は充電しながらのiPhoneの使用はバッテリーに大きな負荷をかけてしまいます。

特に電力消費の激しい動画再生やゲームなどは負荷が高く、バッテリーの寿命を大きく縮めてしまう原因にもなるため、できるだけ控えるようにしてください。

バッテリーはあくまで消耗品。消耗したら交換しよう!

最近のiPhoneシリーズのバッテリー性能は大きく向上し、さらに賢くなったCPUのおかげで電力消費も抑えられているので、昔に比べると長持ちするようになってきました。

とはいえ、iPhoneのバッテリーはあくまで消耗品です。バッテリーは使い続ける限り寿命が短くなっていきます。

Apple Care+に加入している場合は保証期間内は無料交換が可能なので、iPhoneを使っていて最大容量が80%を下回った場合は交換するようにしましょう。

にこスマで販売中のiPhone一覧

Loading component ...
タイトルとURLをコピーしました