AQUOS sense4 basicの特徴・価格まとめ!

Android
Android

2020年11月にワイモバイルから発売された「AQUOS sense4 basic」。
同シリーズの「AQUOS sense4」と比べると性能的には控えめですが、充実した機能と安価で購入できることが強みです。

この記事では、これからAQUOS sense4シリーズの購入を検討されている方に向けて、AQUOS sense4 basicの特徴を解説していきます!

AQUOS sense4 basicの特徴

AQUOS sense4シリーズは、「basic」以外にも、下記の3モデルが存在します。

  • AQUOS sense4
  • AQUOS sense4 lite
  • AQUOS sense4 Plus

上記に加えて、senseシリーズ最新の「AQUOS sense6」のスペックを見てみましょう。

AQUOS sense4 basicAQUOS sense4AQUOS sense4 liteAQUOS sense4 PlusAQUOS sense6
画面サイズ5.8インチ5.8インチ5.8インチ6.7インチ6.1インチ
メモリ(RAM)3GB4GB4GB8GB4GB
ストレージ(ROM)64GB64GB64GB128GB64GB
ディスプレイの種類IGZO液晶IGZO液晶IGZO液晶IGZO液晶IGZO液晶
OSAndroid10Android10Android10Android10Android11
チップQualcomm Snapdragon 720GQualcomm Snapdragon 720GQualcomm Snapdragon 720GQualcomm Snapdragon 720GQualcomm Snapdragon 690 5G
メイン(背面)カメラ2眼(デュアルカメラ)
標準:1200万画素
望遠:800万画素
3眼(トリプルカメラ)
標準:1200万画素
広角:1200万画素
望遠:800万画素
2眼(デュアルカメラ)
標準:1200万画素
望遠:800万画素
4眼
標準:4800万画素
広角:500万画素
マクロ:120万画素
深度:120万画素
3眼(トリプルカメラ)
標準:4800万画素
広角:800万画素
望遠:800万画素
イン(前面)カメラ800万画素800万画素800万画素標準:800万画素
深度:120万画素
800万画素
生体認証顔認証指紋/顔認証指紋/顔認証指紋/顔認証指紋/顔認証
バッテリー容量4570mAh4570mAh4570mAh4120mAh4570mAh
おサイフケータイありありありありあり
サイズ・重量高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
重量176g
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
重量177g
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
重量176g
高さ166mm
幅76mm
厚さ8.8mm
重量197g
高さ152mm
幅70mm
厚さ7.9mm
重量156g
カラーバリエーションブラック
シルバー
ライトカッパー
ブラック
シルバーホワイト
ライトカッパー
※docomo版は他色あり
ブラック
シルバー
ライトカッパー
ブラック
ホワイト
パープル
ブラック
シルバー
ライトカッパー
(ブルーメタリック)

AQUOS sense4 basicと、ベースモデルの「AQUOS sense4」の主な違いは下記のとおりです。

AQUOS sense4 basicAQUOS sense4
メモリ(RAM)3GB4GB
広角カメラなしあり
指紋認証なしあり

ここからは、下記の5つのポイントに注目して、AQUOS sense4 basicの特徴を紹介していきます。

  • チップ
  • メモリ(RAM)
  • 生体認証
  • バッテリー
  • その他の機能

チップ

「AQUOS sense4 basic」は、「Snapdragon 720G」というチップを搭載しています。

末尾の「G」は、ゲーム向けに機能が強化されていることを意味します。
同じクラスのチップと比較して、高いパフォーマンス期待できます。
あくまでミドルクラスのチップなので過度な期待は禁物ですが、動画鑑賞やSNSといった比較的ライトな使い方であれば、おおむね快適にこなすことができます。

メモリ(RAM)

「AQUOS sense4 basic」のメモリ(RAM)は、「3GB」。

最新のハイエンド機種は8GB以上搭載している機種も珍しくないので、「やや控えめな容量」と言えます。

メモリが不足すると、アプリの起動に時間がかかったり、アプリによっては快適に動作しなかったりすることがあります。
  • 「ゲームを頻繁にプレイする」
  • 「複数のアプリを切り替えながら使いたい」

という方は、よりメモリの多い機種を選んだほうが満足できる可能性が高いです。

生体認証

「AQUOS sense4 basic」の生体認証は「顔認証」のみ、「指紋認証」は非搭載です。

マスク生活が続いていることもあり、指紋認証がないと不便に感じる方もいるかもしれませんね。

バッテリー

「AQUOS sense4 basic」のバッテリー容量は「4,570mAh」。

比較的コンパクトな機種の中では、かなり大容量のバッテリーを搭載しています。
また、省エネ性能に優れたIGZO液晶を搭載していることもあり、バッテリー持ちに不満を覚える人はほとんどいないと思われます。

AQUOS sense4 basicの連続通話時間(VoLTE使用時)は、メーカー公称値で約3,550分。最新のAQUOS sense6が約1,910分であることからも、AQUOS sense4 basicのバッテリー持ちの良さがうかがえます。

その他の機能

AQUOS sense4 basicは、

  • 防水・防塵(IP68)
  • おサイフケータイ
  • MIL規格(高い耐衝撃性能)
  • FMラジオ

といった便利機能に対応しています。

  • 画面に水滴がついていても操作できたり
  • 電源キーを長押しで電子決済アプリを起動できたり

細かな使い勝手まで考えられているのが嬉しいポイントです。

AQUOS sense4 basicの価格

2021年11月現在、AQUOS sense4 basicの価格は、次のとおりです。

  • 新品(ワイモバイル):21,960円(割引後の実質価格は360円)
  • 中古:比較的状態がいいもので、1万円台中盤

【まとめ】AQUOS sense4 basicはライトユーザーにおすすめ!

「AQUOS sense4 basic」は、充実した機能と安価で入手できることが特徴です。
防水・防塵やおサイフケータイに対応していることから、ライトユーザーだけでなく、サブ機としてもおすすめ。

  • 「指紋認証が欲しい」
  • 「もう少し性能が高いほうがいい」

という方は、AQUOS sense4シリーズの別モデルも検討してみてください!

AQUOS sense4 basicの口コミ・評判は下記の記事からご覧になれます。

AQUOS sense4 basicの口コミ・評判まとめ|いいところ・イマイチなところ
2020年11月にワイモバイルから発売された「AQUOS sense4 basic」は、充実した機能と安価で購入できることが魅力のスマートフォンです。 この記事では、これからAQUOS sense4の購入を検討されている方に向けて、A...

AQUOS sense4 basicの兄弟モデル「AQUOS sense4」の特徴も併せて参考にされてみてください。

AQUOS sense4の特徴(スペック・サイズ・カメラ)価格まとめ!
AQUOS sense4は、2020年11月に発売されたSHARPの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 前モデルのAQUOS sense3から、処理性能が大幅にパワーアップしています。 この記事ではこれからAQUOS sens...

中古スマホを購入するなら「にこスマ」!

にこスマでは、Google PixelシリーズやiPhoneシリーズなど、中古スマートフォンを取り扱っています。

すべての商品を丁寧に検品・クリーニングし、商品ページでは商品の詳しい状態をご覧いただけます
また、もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会ににこスマでスマホをチェックしてみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ

タイトルとURLをコピーしました