Apple Pay(アップルペイ)とGoogle Pay(グーグルペイ)の違いを解説!

使い方
使い方

キャッシュレス化が進む中、クレジットカードやポイントカードを携帯端末に登録して簡単に決済できるサービスが浸透しつつあります。

iPhone端末の「Apple Pay」とAndroid端末の「Google Pay」もそのひとつです。

Apple PayとGoogle Pay、聞いたことはあるけど…どう違うの?

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、Apple PayとGoogle Payの違いについて、「そもそも『Apple Pay』と『Google Pay』にはどんな機能があるの?」という基本的なところから詳しくご紹介いたします!

そもそも「Apple Pay」「Google Pay」とは?

「Apple Pay」「Google Pay」とは、クレジットカードなどを端末に登録して利用できる機能で、できることはほとんど同じです。

まずは、「Apple Pay」と「Google Pay」の機能について見ていきましょう。

「Apple Pay」「Google Pay」でできること

「Apple Pay」と「Google Pay」には、共通して以下の機能が備わっています。

・交通機関のカードを登録して、改札を通る
・クレジットカードを登録し、店舗やアプリの支払いをする
・ポイントカードを登録して、ポイントをためる
・電子マネーを登録し、店舗やアプリの支払いをする
・チケットや乗車券を登録して管理する

Apple PayとGoogle Payの違いは?

Apple PayとGoogle Payは、さきほどご紹介したように基本的な機能は同じです。

ですが、2つの大きな違いがあります。

  1. Apple PayはiPhone端末やAppleウォッチなどの「Apple製品」に対応しており、Google Payは「Android端末」に対応している
  2. 一部利用できるカードの種類や機関が異なる

「2.一部利用できるカードの種類や機関が異なる」について、登録できるカードや使えるアプリの種類を一覧にまとめました。
後の項目で、それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

Apple PayGoogle Pay
交通機関で
利用できるカード
・Suica
PASMO
・Suica
電子マネー・iD
PASMO
・Suica
Apple Pay
・QUICPay
・iD
・Suica
nanaco
楽天Edy
WAON
・QUICPay
ポイントカードPontaカード
・dポイントカード
Tカード
・dポイントカード
クレジットカード・JACCS
・JFRカード
・JNB VISAデビット
・JP BANKカード
・Kyash
・6gram
・SMBCモビット
・you me
・ジェーシービー
・ソニー銀行
・ペルソナカード
・ライフカード
・りそな銀行
・三井住友カード
・三菱UFJデビット
・北國銀行
・埼玉りそな銀行
・Revolut
・楽天カード
関西みらい銀行その他、日本のほぼすべての
クレジットカード会社が発行
したカードに対応
・JACCS
・JFRカード
・JNB VISAデビット
・JP BANKカード
・Kyash
・6gram
LINE Payカード
・SMBCモビット
・you me
・ジェーシービー
・ソニー銀行
・ペルソナカード
・ライフカード
・りそな銀行
・三井住友カード
・三菱UFJデビット
・北國銀行
・埼玉りそな銀行
・Revolut
・楽天カード
・関西みらい銀行
使えるお店上記の電子マネー・カードが
使える場所ならどこでも使用可能
上記の電子マネー・カードが
使える場所ならどこでも使用可能
支払いが
できるアプリ
・Suica
・スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ
・Uber Eats(ウーバーイーツ)
・JapanTaxi(旧:全国タクシー)
・TOHOシネマズ 公式アプリ
・出前館
・minne(ミンネ)
・メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
・BASE(ベイス)
・adidas
・旅行予約のブッキングドットコム
・giftee(ギフティ)
・Yahoo!ショッピング
・じゃらん
・コスメを買うならNOIN
・ピザハット公式アプリ
・ポケットマルシェ
・Relux(リラックス)
・Seel (シール)
・モバオク
・BookLive!
・SPACEMARKET/スペースマーケット
・JapanTaxi(旧:全国タクシー)
・Creema(クリーマ)
・日本美食
・minne(ミンネ)
・えこよみ
支払い時の認証必要不要
一覧には「Apple Pay」「Google Pay」に登録できるクレジットカード、ポイントカード、アプリなどを記載していますが、
「Apple PayやGoogle Payに登録できない」=「iPhoneやAndroidでは使えない」という意味ではありません。
端末に別途専用アプリを入れることで、使えるようになるカードやアプリも存在します。
例えばGoogle PayではPASMOの利用ができませんが、別途アプリをインストールすることでAndroid端末でもPASMOを使えるようになります。

交通機関で利用できるカードの違い

Apple PayGoogle Pay
交通機関で利用できるカード・Suica
・PASMO
・Suica

Apple PayとGoogle Payが共通して使えるのは「Suica」です。SuicaはJRが発行しており、JR線を利用するとポイントがたまるようになっています。

Apple Payでは、Suicaに加えて「PASMO」も利用できます。PASMOは東急や京王、京急などといった私鉄・バス会社が中心となって発行しており、私鉄に乗るとポイントがたまります。

利用できるポイントカードの違い

Apple PayGoogle Pay
ポイントカード・Pontaカード
・dポイントカード
・Tカード
・dポイントカード

両方共通して使えるのは、「dポイントカード」ですが、Appleは「Ponta」、Googleは「Tカード」を登録できるのが大きな違いです。

Apple Payで利用できる「Pontaカード」は、ローソンをはじめ全国のあらゆる百貨店・スーパー・ドラッグストアでポイントがたまります。

Google Payで利用できる「T-POINTカード」は、ファミリーマートをはじめPontaカードと同じく全国のあらゆる百貨店・スーパー・ドラッグストアでポイントがたまります。

登録できるクレジットカードの違い

Apple PayGoogle Pay
クレジットカード・JACCS
・JFRカード
・JNB VISAデビット
・JP BANKカード
・Kyash
・6gram
・SMBCモビット
・you me
・ジェーシービー
・ソニー銀行
・ペルソナカード
・ライフカード
・りそな銀行
・三井住友カード
・三菱UFJデビット
・北國銀行
・埼玉りそな銀行
・Revolut
・楽天カード
・関西みらい銀行その他、日本のほぼすべての
クレジットカード会社が発行
したカードに対応
・JACCS
・JFRカード
・JNB VISAデビット
・JP BANKカード
・Kyash
・6gram
・LINE Payカード
・SMBCモビット
・you me
・ジェーシービー
・ソニー銀行
・ペルソナカード
・ライフカード
・りそな銀行
・三井住友カード
・三菱UFJデビット
・北國銀行
・埼玉りそな銀行
・Revolut
・楽天カード
・関西みらい銀行

Apple Payは、日本のほぼすべてのクレジットカードに対応していることが特徴です。

対してGoogle Payは上記の表にあるカードにしか対応していませんが、Appleがまだ対応していない「LINE Payカード」に対応しています。

利用できるアプリの違い

支払いができるアプリ・Suica
・スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ
・Uber Eats(ウーバーイーツ)
・JapanTaxi(旧:全国タクシー)
・TOHOシネマズ 公式アプリ
・出前館
・minne(ミンネ)
・メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
・BASE(ベイス)
・adidas
・旅行予約のブッキングドットコム
・giftee(ギフティ)
・Yahoo!ショッピング
・じゃらん
・コスメを買うならNOIN
・ピザハット公式アプリ
・ポケットマルシェ
・Relux(リラックス)
・Seel (シール)
・モバオク
・BookLive!
・SPACEMARKET/スペースマーケット
・JapanTaxi(旧:全国タクシー)
・Creema(クリーマ)
・日本美食
・minne(ミンネ)
・えこよみ

支払いに対応しているアプリはApple Payが20種類、Google Payが7種類となっています。

対応アプリは、Apple Payの方が多いのが特徴です。

支払い時の認証「必要/不必要」の違い

Apple PayGoogle Pay
支払い時の認証必要不要

Apple PayとGoogle Payでは、店舗で利用する際端末を機械にかざして支払いをおこないます。

Apple Payでは、支払いの際「Touch ID」「Face ID」「パスコードの入力」のいずれかが必要です。

それに対してGoogle Payでは、認証不要で支払いが完了します。

Apple Payは認証がある分セキュリティ面で安心ですし、Google Payはスピーディに支払いができるというそれぞれのメリットがあります

Apple PayとGoogle Payはどっちがいいの?

これまで「Apple PayとGoogle Payの違い」についてご紹介してきましたが、「どちらの方が優秀なの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

「機能としては似ているが、取り扱いカードなどが異なるので一概にどちらが良いとは言えない」というのが結論です。

対応カード・アプリが多いのはApple Payですが、Google Payでしか使えないカードやアプリもあるため、どちらが良いかは人それぞれかと思います。

キャッシュレス化が進む中でApple PayやGoogle Pay対応の店舗やアプリも着実に増えていますので、これからもっと生活に浸透していくのではないでしょうか。

iPhoneやAndroidを購入するなら「にこスマ」!

今回は、「Apple PayとGoogle Payの違い」についてご紹介いたしました!

「にこスマ」では、Apple Pay対応のiPhone端末やGoogle Pay対応のAndroid端末を多数ご用意しております

にこスマではすべての商品を丁寧に検品、外観クリーニングをおこない、お客様にお届けいたします万が一端末に問題があった場合は、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会に「にこスマ」でiPhone/Android端末をチェックしてみてくださいね。

▼にこスマ公式TOP

にこスマで中古スマホをさがす

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
タイトルとURLをコピーしました