【格安SIM】AndroidでAPN設定する方法を解説!

Android
Android 使い方
  • Amazonなどネットショッピング等でSIMフリースマホを購入した
  • 大手キャリアで使っていたスマホをSIMロック解除して、格安SIMを装着した
  • 中古スマホ店でスマホを購入した
  • 昔、使っていたスマホに格安SIMでSIMカードのみ契約した
  • 海外でプリペイド式のSIMカードを購入し、スマホに装着した

上記のような場合、自分でスマホ端末にSIMカードを入れて、APN設定をする必要があります。

ドコモなどキャリアでスマホを購入、契約した場合は、APN設定は設定済みのため、はじめて上記のような自分でSIMカードを入れる場合、APN設定に戸惑ってしまう人もいます。

そこで、AndroidでAPN設定する方法を解説していきます。

そもそもAPN設定って何?

そもそもAPNとはなんでしょうか?

APNは、「Access Point Name」の略で、アクセスポイント名のことです。

Android(スマホ)とインターネットをつなげるための中継地点のことで、各携帯電話会社はそれぞれAPNを持っており、そこから自社のスマホのユーザーをインターネットに接続しています。

そのため、APNの設定を行わないと、どのAPN(携帯電話会社)からインターネットに接続するか設定ができていないことになり、いくらSIMカードを入れていてもインターネットと接続することができないため、ほぼ使い物にならないのです。

AndroidでのAPN設定~準備編

AndroidでのAPN設定をはじめるまえに、いくつか準備しておきたいことができます。
まず、「AndroidでのAPN設定~準備編」を見ていきましょう。

  1. 契約した(SIMカードの)格安SIM名と回線(ドコモ回線orau回線orソフトバンク回線)を確認してください
  2. 「APNのアドレス)」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」を確認してください
    ※契約した格安SIMから届いたSIMカードと同封してあるマニュアルに記載されています。
  3. Androidに挿すSIMカードを用意してください
  4. Androidのサイド(※機種により上部などの場合もあり)にある小さな穴にピンを挿し、SIMカードトレーを引き出してください
    ※Android端末に付属されているSIMピン以外にも、クリップや安全ピンでも使用できます。
  5. SIMカードを挿入してください
    向き、表裏に注意してください。右端が欠けたようなデザインになっているので挿入する方向の目安になります。

AndroidでのAPN設定~設定編

上記の「AndroidでのAPN設定~準備編」でSIMカードをAndroidに挿入できたら、いよいよAPN設定を行います。

なお、設定時の名称が各端末で異なる場合がありますが、基本的な流れはどのメーカーのAndroidでも同様になります。

  1. 【設定】をタップします
  2. 【ネットワークとインターネット】をタップします
  3. 【モバイルネットワーク】をタップします
  4. (下までスクロールして)【アクセスポイント名】をタップします
  5. 自分の契約した格安SIM+回線がある場合はそれをタップします。ない場合は6へ
  6. (右上にある)【+】(もしくは【︙】)をタップします
  7. 【名前】をタップし、【格安SIMの事業者名+回線種別】など好きな名称を入力します
  8. (マニュアルにある)「APNのアドレス」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」を入力します
  9. 「︙」をタップして保存をします

 

これでAndroidのAPN設定は完了です。

APN設定が完了すると、インターネット通信が通常通り使えるようになりますので、インターネットを開いたり、メールの送受信を行うなどしてインターネット回線が無事に開通していることを確認してください。

不要なAPN構成プロファイルは削除する

中古のスマホの場合、ショップでの購入の場合は以前使用していたAPN設定が消去されている場合がほとんどですが、友人・知人などから譲り受けた、メルカリなどフリマアプリで取引して購入した場合などは、そのまま以前使用していたANP設定が残っている場合があります。

そのような不要となったAPN構成プロファイルは削除する必要があります。

  1. 【設定】をタップします
  2. 【ネットワークとインターネット】をタップします
  3. 【モバイルネットワーク】をタップします
  4. (下までスクロールして)【アクセスポイント名】をタップします
  5. 不要となった以前使用していたAPN構成プロファイルをタップします
  6. 右上の【︙】をタップし、【破棄】(もしくは【消去】)をタップします

 

これでAndroidのAPN設定のやり方について以上となります。

文にするとややこしく感じる人もいると思いますが、実際の設定作業は5~10分程度で終わる簡単なものです。

APN設定は、格安SIMを変更したり、端末自体を機種変更するまでは何度も行うものではなく、初期設定時のみなので、入力するアルファベットを間違いないようにだけ気を付けて行いましょう。

もし、APN設定をしてもインターネット通信ができない場合

契約した格安SIMのSIMカードを挿入して、APN設定が完了すればインターネット通信ができるようになります。

もし、インターネットが(電波内にもかかわらず)繋がらない場合は、APN設定が上手くいっていない場合が考えられます。

 

  1. 【設定】をタップします
  2. 【ネットワークとインターネット】をタップします
  3. 【モバイルネットワーク】をタップします
  4. (下までスクロールして)【アクセスポイント名】をタップします
  5. 右上の【︙】をタップし、【初期設定にリセット】をタップし、再度APN設定を行ってください

設定したAPN構成プロファイルの詳細を見ると、入力したAPNアドレスなどが表示されますので、スペルミスがないか確認してみてください。

万一、APNアドレスなどのアルファベットスペルミスなどがあると、正常にインターネットに繋がりませんので、再度最初からAPN設定をやり直してみましょう。

もし、APN設定が間違っていなくてもインターネットにつながらない場合は、契約した格安SIMに問い合わせをしてみてください。

まとめ

今回は、【格安SIM】AndroidでAPN設定する方法を解説!についてお送りしました。

自分でSIMカードを挿して、APN設定をやるとなるとハードルが高く、格安SIMでの契約や中古スマホの購入を躊躇ってしまう人もいると思います。

しかし、今回説明したAndroidでも、iPhoneでも自分でAPN設定は驚くほど簡単にできますので、難しく考えすぎずトライしてみましょう。

中古スマホ販売専門店 にこスマ 中古スマホ販売専門店 にこスマ
タイトルとURLをコピーしました