中古iPhoneでテザリングする時のポイントまとめ!格安SIMを使用する際の注意点も合わせてご紹介

iPhone
iPhone

中古のiPhoneを買おうと思っている人は「テザリングって使えるの?格安SIMだとどんなことに気を付けたらいいんだろう?」こんな風に思っているかもしれません。

スマホがモバイルルータ―代わりになる便利なテザリング機能ですが、うまく使うためには注意しておきたいことがあります。

そこで今回は、中古iPhoneのテザリング機能を使う際のポイントや、格安SIMを使う場合の注意点についてまとめました。中古品でもトラブルなくテザリングを使いたい人はぜひご覧ください。

1. 中古のiPhoneでテザリングする方法

iPhoneとTablet

テザリングとは、iPhoneから無線ルーターのように電波を発して、パソコンやタブレット機器などをインターネット接続できる機能のこと。テザリングと一言でいっても方法は3つあります。一つずつ見てみましょう。

1-1.Wi-Fiのテザリング

一つ目はWi-Fi方式のテザリングです。無線ルーターと同じような使い方ができるので、利用したことがある人も多いでしょう。

iPhoneにIDとパスワードを設定して、テザリング機能をオンにするだけで使えるようになります。

広範囲に電波が飛び、複数の端末に接続できるのも大きな特徴です。

しかし、バッテリーやデータ通信の消費が激しいことと、Wi-Fiならではのセキュリティの危険性があることが懸念されます。

・手順

  1. 設定画面を開く
  2. 「インターネット共有」をタップ
  3. 「ほかの人の接続を許可」をオン
  4. 電波の発信が始まる
  5. 接続したい機器から、iPhoneのネットワークを選ぶ
  6. iPhoneに表示されたパスワードを入力
  7. 接続完了

1-2.Bluetoothのテザリング

無線を使ったBluetoothでもテザリングが可能です。Wi-Fiに比べるとバッテリーの消費が少なく、セキュリティの面でも安心です。

ただ、電波の距離がやや短いため通信が安定しづらいのがネック。またWi-Fiのように複数の端末を接続することはできないので、1台しか利用できません。

・手順

  1. 設定画面を開く
  2. 「インターネット共有」をタップ
  3. 「ほかの人の接続を許可」をオン
  4. 電波の発信が始まる
  5. iPhoneと接続したい端末をBluetoothでペアリング
  6. iPhoneで「ペアリング」をタップ
  7. 接続完了

1-3.USBケーブルのテザリング

USBケーブルを使って端末同士をテザリングすることもできます。

有線のため通信が安定しており、セキュリティのリスクも少ないのが特徴です。またバッテリーの負担も少なく、長い時間テザリングをするのに適しています。

しかし、ケーブルを用意して接続必要があり、少し面倒なのがデメリット。有線のため、1台しか使うことはできません。

・手順

  1. 設定画面を開く
  2. 「インターネット共有」をタップ
  3. 「ほかのひとの接続を許可」をオン
  4. USBケーブルでiPhoneと接続端末をつなぐ
  5. 接続したい端末からiPhoneのネットワークを選択
  6. 接続完了

2. 中古iPhoneでテザリングするときのポイント

スマホをテザリングしている人

中古のiPhoneをテザリングするときは、データ通信やバッテリーに特に気をつけましょう。各項目を解説していきます。

2-1.データ容量の使いすぎに注意

iPhoneのテザリング経由で使ったインターネット接続は、すべてiPhoneのデータ容量から引かれます。

たいていのスマホ契約は月々5GBなどの上限があるはずです。テザリングを高い頻度で使うと、すぐに上限に達してしまうので注意しましょう。

テザリングを頻繁に使うなら、キャリアとの契約プランを見直すことをおすすめします。

たとえば、20ギガプランなど大容量の契約なら、毎日テザリングをしても簡単に上限にいくことはありません。

また、特定のSNSはデータ容量を必要としない、カウントフリープランを使うのも一つの手です。

2-2. バッテリーを充電しておく

テザリングは、スマートフォンと無線ルーターの機能の2つを1台でまかなうようなものなの。

そのため、非常にバッテリーに負荷がかかります。

中古のiPhoneはすでにバッテリーが劣化していることが予想されるので、たっぷり充電してからテザリングを使いましょう。

もしくは、途中で電池切れにならないよう、モバイルバッテリーを使うのも効果的です。

2-3. 自動ロックの時間を長くする

テザリングをしているときにiPhoneがスリープ状態になると、通信が途切れてしまうことがあります。毎回設定をすると大変なので、頻繁に通信が途切れるときは自動ロック時間を長くしましょう。

  1. 設定
  2. 画面表示と明るさ
  3. 自動ロック

上記の手順で、自動ロックがかかる時間を伸ばすことが可能です。

3.格安SIMを使う際の注意点

基本的に中古のiPhoneでもテザリングはできますが、格安SIMだと使えないケースがあります。詳しく見てみましょう。

3-1.格安SIMと機種の相性による

大手3大キャリアのiPhoneは原則テザリングができますが、格安SIMでは使えない機種があります。

特に発売から時間がたっているものほど、非対応の確率が高くなるので注意してください。

テザリングができるかどうかは、格安SIM会社や機種などによって変わります。チェックするには、契約する格安SIMの公式サイトにアクセスして、動作確認をしているか見てみましょう。

使用端末のテザリング機能に〇がついていれば、問題なく利用できるということ。事前にたしかめて、購入したあとに気付くことがないようにしてくださいね。

3-2.SIMフリー端末が必須の場合も

大手キャリアのSIMロックがかかっていると、格安SIMのテザリングができない場合があると知っておきましょう。

テザリングに必要なAPNという設定ができなかったり、キャリアが変わってしまうと機能しないテザリングアプリがあったりするためです。

たとえばラインモバイルでは、テザリングをするならSIMフリー端末を用意する必要があると、公式サイトに明記しています。

お使いになる格安SIMによって条件は変わりますので、公式サイトで確認してみるといいでしょう。不安であれば、SIMフリーのiPhoneを購入しておけば安心です。

まとめ:中古iPhoneのテザリングは、公式サイトで必ず条件をチェックすること

中古のiPhoneでテザリングをしたいと考えている人向けに、使い方や格安SIMを使う際の注意点をまとめました。

スマホが無線ルーターの代わりになるテザリング機能は非常に便利ですが、同時にデータ容量やバッテリーの消費も早くなります。バッテリー消耗しているiPhoneを使っている場合は、テザリングの使いすぎには気を付けましょう。

また、格安SIMでテザリングをする際は、必ず公式サイトで機能が使えるかチェックすることが大切です。機種によっては、せっかく購入してもテザリングできない可能性があるため、忘れないようにしましょう。

テザリングをうまく使って、パソコンや電子機器をネット接続して快適な生活を送ってくださいね。

安心して中古iPhoneを購入したい方は「にこスマ」!

中古iPhoneは1点ごとに端末の状態が違います。

にこスマでは1点ごとの写真を掲載されており購入する端末の写真が確認できることはもちろん、その端末のバッテリーの最大容量を商品詳細に記載していますので、安心して購入することができます。

また、万が一端末に不具合、問題があった場合でも30日以内であれば無料で返品可能です。ぜひ自宅から高品質で格安な中古iPhoneをお買い求めください。

▼にこスマのiPhone取り扱い一覧をみる

にこスマで中古iPhoneを探す・購入する

 

タイトルとURLをコピーしました