キャリアとの契約なしで中古のiPhoneを活用!SIM無しでできること、できないこと。

iPhone
iPhone

ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアでSIM契約とiPhone購入を一緒におこなった場合はそのまま契約したSIMでモバイル通信ができますが、iPhoneを店舗やECサイトで購入した場合にモバイル通信をしたい場合は、SIMを別に用意する必要があります。

ただ今はフリマサイトや中古ショップのECサイトで、気軽に中古のiPhoneを買えるようになり、モバイル通信の契約をせずに、SIMカードを挿さない状態で中古iPhoneを活用する人が増えてきています。

そこで今回は、SIM契約なしのiPhoneでも出来ること、逆にキャリアとの契約がないと出来ないことをご紹介します。

1.キャリアと契約しなくても中古iPhoneは使えるか

モバイル通信とWi-Fi通信のアイコン

SIMカードを挿していなくてもWi-Fiの環境下であれば、通信機能を問題なく利用できます。

ただ、キャリア契約がないので電話番号での音声通話やメッセージを送付するSMSは使えません。また、Wi-Fi以外のネット環境にはつながらないため、もしポケットWi-Fiをお持ちでない方は不便を感じるでしょう。

ただ、メイン端末をお持ちで2台目のサブ端末を検討している方は、メイン端末のテザリング機能を利用すればWi-Fi環境がないところでも通信が出来ます。テザリング機能とはスマホをWi-Fiルーターのように利用することが出来る機能で、メイン端末のモバイル通信回線を利用してサブ端末で通信出来るようになります

ちなみにテザリング機能はiPhone 5以降、Androidは4G対応機種であれば搭載されている機能です。

2.SIMなしでできること

次にSIMがなくてもWi-Fi通信のみでできることを項目別にご紹介します。

2-1.インターネット接続

SIMなしのiPhoneはWi-Fi環境であれば、インターネットに接続可能です。

例えば、家と会社にWi-Fi環境が整っていて、基本的にそこでスマホを使う、ということであれば、Wi-Fi通信だけで良いかもしれません。

またサブ機として2台目端末にしたり、子供用のiPhoneにしたり、メインとは別の用途にすることをおすすめします。

2-2. 動画を観る

YouTubeやNetflix、Amazonプライム・ビデオなどの動画は、Wi-Fiに接続すれば問題なく再生できます。

また、SIMなし端末を2台目端末として使用することを検討している方は、メイン端末のアカウント情報でログインすれば、そのアカウント情報で閲覧することができます。「普段は携帯しやすいiPhone SEで、家では大画面のiPhone XRで動画を観る」という使い分けをすることもできます。

もし複数デバイスで同時視聴する場合は、動画サービスごとに台数制限がありますので、各サービスのページを確認しましょう。

例えば、Amazonプライムビデオは同時に3台まで、Netflixはベーシック:1台、スタンダード:2台、プレミアム:4台と決まっています。

2-3.音楽を聞く

Wi-Fiに繋げばアプリ経由でストリーミング再生することも可能ですし、iTunesで音楽をダウンロードしておけばオフラインでも音楽再生ができます。

Wi-Fiを使って音楽をダウンロードしておけば、インターネットにつながずとも音楽を聞けるようになります。人によっては音楽の容量が膨大になるため、専用のサブiPhoneを持つ人もいるのだとか。またお風呂の中で音楽を聞く用に、サブ機のiPhoneを置いておく人もいるようです。

2-4.写真を撮影する

SIMなしのiPhoneは写真撮影をして、データを保管しておくこともできます。

写真を撮るだけであればWi-Fi環境も必要ないので、どこにいても使えるでしょう。

また、撮影した写真をiCloudやGoogleフォトに同期すれば、クラウドにデータを残せるので便利です。クラウドにデータを送る際はWi-Fi環境下で行うことになるので、自動でバックアップを取るよう設定しましょう。

2-5. アプリゲーム

SIMなしiPhoneでアプリゲームを楽しむこともできます。

ネットワーク接続がいらないゲームアプリなら、一度ダウンロードすればどこでも利用が可能。

しかしネットワーク環境がいるアプリだと、Wi-Fiが必要になるので、家にいるときなど使える状況が限定されます。

インストールするだけで使えるのか、インターネット環境が必要なのかといった条件はアプリごとに違います。ゲームをやる際に、あらかじめ確認してみてください。

2-6.位置情報サービス(GPS)

位置情報サービスはオフラインでも利用可能なので、SIMがなくても使用できます。

GPSはグローバル・ポジショニング・システムの略で、衛星からの信号をGPSセンサーが受信し現在位置を知ることが出来るサービスです。

ほとんどのスマートフォンにはGPSセンサーが搭載されており、GPSセンサーのみでも現在位置特定は可能です。ただし通常はGPSセンサーの情報に加えてモバイル通信やWi-Fiからの情報もあわせて現在位置の特定をおこなっているため、精度が落ちる点は注意が必要です

また位置情報自体はGPSセンサーのみでも取得できますが、Googleマップなどの地図データはインターネット通信で取得しているので、通信環境でないと使用ができません。

もしSIMなしのiPhoneで地図アプリを使う場合は、Wi-Fi環境で事前に必要な場所周辺の地図データをダウンロードしておくと良いでしょう。

<Googleマップの場合>
1. (インターネットが繋がる環境で)地図データが必要な場所を検索する
2. 画面の下に場所の概要が表示されたら、それをタップし詳細画面に移動する
3. 右上に表示されている︙(メニュー)をタップし、「オフラインマップをダウンロード」を選択

3.SIMなしでできないこと

前述のとおり、キャリアや格安SIM業者のSIMなし=Wi-Fi通信のみの端末ということになります。

つまりSIMなしiPhoneで使えないのは、電話番号とキャリア回線接続に紐づいた機能です。
ここでは、先にSIMなしでは出来ない項目を詳しく解説します。

3-1.電話番号の通話

SIMがないというのは、キャリア契約をしていない状態です。

つまり電話番号が割り当てられていないので、090や080の番号を使った通話ができません。

普段のやり取りはLINEやSNS上でのDMやメッセンジャーでやり取りすることが多いかもしれませんが、病院やお店の予約に電話が必要であったり、会員登録や荷物の発送の時に電話番号を書かなければいけない時もあるかと思います。

ただIP電話アプリを使うことで050から始まる番号を取得することはできます。IP電話とはインターネット回線から一般の電話回線と通話出来るサービスです。

IP電話アプリはアプリごとに月額料金の価格も変わり、操作感もアプリごとに違うので一度確認してみてください。

3-2.SMS

通話ができないのと同時に、電話番号を使ったSMSメールも利用できません。

SMSメールとはショート・メッセージ・サービスの略で、iPhoneの初期アプリに入っている緑マークのメッセージ機能のこと。「iMessage」ともいいます。

普段はLINEなどでやり取りしているけど、昔からの知り合いで「電話番号しか知らないからSMSでやり取りしていてLINEは知らない・・・」ということもあるかもしれません。SMSの利用履歴を一度見返してみましょう。

3-3.電話番号の認証(SMS認証)

SMSにて利用履歴を確認すると、SMS認証に使っているなと思う方も思う方も多いのではないでしょうか。SMS認証とは、登録している電話番号にショートメールを送り、本文に記載のコードを入力する仕組みです。

例えば、LINEやGmailでは、新しいデバイスからログインする際にSMS認証を使うことがあります。

SIMなしのiPhoneだと、SMS認証ができないのが少し厄介です。

電話番号の代わりにメールアドレスを使えるものもありますが、電話番号一択しかないアプリもあるでしょう。ログインができなくなると、今後同じアカウントでSNSを利用できなくなってしまいます。メールアドレスで認証できるよう、ログイン情報を複数登録しておいてリスクを回避しましょう。

最近ではセキュリティの観点から、本人確認の重要性が高まり、特に個人情報やお金の決済があるアプリなどはSMS認証が必要なアプリが非常に多くなっています。

例えば、2020年4月からLINEでは電話番号なしでは新規アカウントが作成できなくなりました。ああ以前はfacebookアカウントから作成することが出来ましたが、現在は「電話番号によるSMSもしくは通話認証」のみになっています。

LINEは1つの電話番号に対して1つのアカウントしか作れない仕様になっているため、LINEを使いたい方はSIMの契約が必要になってきます。

また、PayPayやLINE Payのような決済アプリ、メルカリやラクマといったフリマアプリ、UberやJapanTaxiなどのタクシー配車アプリなど、スマホが便利になると共にSMS認証が必須なアプリは増えていますので、こういったものを使いたい方は注意が必要です。

※こちらは記事作成時点(2020年11月)の情報です。最新の情報は各アプリの公式情報をご確認ください。

3-4.モバイル回線の接続

キャリアとの契約がないと、モバイル回線(4G/5G/LTE回線など)での通信が利用できません。

そのため、外にいるときもiPhoneの機能を普段どおり使いたければ、前述の通り、ポケットWi-Fi・モバイルルーターの契約、メイン機でのテザリングなどの利用が必要です。

もしくは、自宅には利用するなど、使い方を工夫しましょう。

まとめ:SIM契約なしのiPhoneでも使い道はあり

SIMを挿さず、Wi-Fi通信のみのiPhoneでは出来ないこと、逆に出来ることを解説しました。

Wi-Fi環境の状況によって違う部分もありますが、サブ機として特定の用途で使用するのも良いと思いますし、ライフスタイルによってはSIM契約なしのiPhoneで問題ないかもしれません。

もしこの記事を見て検討している方がいらっしゃいましたら、ご参考になればうれしいです。

中古iPhoneを格安で購入したい方には「にこスマ」がおすすめ!

にこスマでは、iPhone 7〜iPhone XSを中心に格安でご用意しています。もし気になる端末があれば、にこスマの在庫状況をぜひチェックしてみてください。

▼にこスマ公式TOP

にこスマで中古スマホをさがす▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
Pixel 3シリーズ

タイトルとURLをコピーしました