中古iPhoneのウィルス感染は心配ない?購入時に気になるセキュリティ対策を解説!

iPhone
iPhone

コストパフォーマンスにすぐれた中古のiPhoneですが、「ウイルスの心配はないの?」と、不安になってしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事では、iPhoneを中古で購入する際の注意点や、より安心して使うためのポイントを解説していきます。

そもそもウイルスとは?

「ウイルス(コンピューターウイルス)」とは一般的に、悪意のあるソフトウェアのこと指します。悪意のあるソフトウェアは、ウイルス以外にも「トロイの木馬」や「スパイウェア」、「ランサムウェア」など、さまざまな種類があり、これらを総称して「マルウェア」とよびます。

パソコンやスマートフォンがマルウェアに感染すると、

  • データが破壊される
  • 個人情報が勝手に送信される
  • 遠隔操作される

などの被害を受けてしまいます。

スマートフォンはウイルスの心配がない⁉

スマートフォンに採用されている「Android」や「iOS」は、マルウェアの影響を受けにくい工夫がされています。

「Playストア」や「Appストア」といったアプリストアでは、審査に通過したアプリのみ掲載されているので、悪意のあるアプリはほとんどありません。

インストールされたアプリは、アプリごとに用意された専用の領域(サンドボックス)で動作します。いわば、アプリごとに隔離されているわけですね。万一悪意のあるアプリをインストールしてしまっても、システムが勝手に書き換えられたり起動しなくなったりといったことはまず起こりません。

とはいえ、スマートフォンのセキュリティも完ぺきではありません。システムの脆弱性(プログラムの不具合)を巧みに利用して、iPhoneでも、過去には「WireLurker」や「Masque Attack」、「Xcode Ghost」といったマルウェアの被害が確認されています。

とくに中古でiPhoneを購入する場合は、前の所有者の素性がわからないため、不安になってしまう方もいるのではないでしょうか?

ここからは、中古のiPhoneをより安心して使うための方法を紹介していきます。

iPhoneを中古で購入するときの注意点

iPhoneを中古で購入して安心して使うための注意点は下記のとおり。

  • 脱獄されたiPhoneは買わない
  • 自分で初期化する
  • 最新のiOSにアップデートする
  • 脱獄しない

それぞれ詳しく見てみましょう。

脱獄されたiPhoneは買わない

iPhoneでは、特殊なツールを使って「脱獄(JailBreak)」と呼ばれる改造を施すと、Apple社に承認されていないアプリをインストールしたり、自由にカスタマイズしたりできるようになります。

現在のiPhoneは脱獄せずとも快適に使えるため、自由と引き換えにリスクを冒すメリットはほとんどありません。

脱獄されたiPhoneは、悪意のあるアプリをインストールしたり、システムを書き換えたりできてしまいます。中古でiPhoneを購入する際は、「脱獄済み」をうたっているものは避けましょう。

自分で初期化する

脱獄されているか否かにかかわらず、購入したiPhoneが初期化されていなかった場合は、必ず自分で初期化してから使いましょう。

初期化手順は下記のとおりです。

「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」

最新のiOSにアップデートする

先にお伝えしたマルウェア被害も、その後、iOSのアップデートで迅速に対策されました。被害を未然に防ぐためにも、iOSは、常に最新版にアップデートしておきましょう。

最新のiOSは、下記の手順で確認できます。

「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」

最新のiOSがインストールされている場合は

お使いのソフトウェアは最新です。

と表示されます。

発売から数年経っても最新のiOSが配信されるのは、iPhoneの大きなメリット。現時点で最新の「iOS14」がサポートされているのは、2015年9月に発売されたiPhone6sシリーズ以降です。

脱獄しない

iPhoneの場合は、Appストア以外からアプリをインストールできないので、脱獄しないかぎり悪意のあるアプリをインストールする可能性は低いです。とはいえ、ごくまれに悪質なアプリが紛れ込んでいることもあるので、必要なアプリのみをインストールするようにしましょう。

また、「どうしても細かいカスタマイズがしたい!」という場合は、リスクを冒してiPhoneで脱獄するよりも、はじめからカスタマイズの幅が広いAndroid端末を選んだほうがはるかに安全です

まとめ

中古でiPhoneを購入する際のセキュリティ上の注意点は下記のとおりです。

  • 脱獄されていないものを選ぶ
  • 自分で初期化する(初期化されていない場合)

また、今回の記事では触れませんでしたが、中古のiPhoneは「赤ロム」や「アクティベーションロック」といったリスクもあります。

フリマアプリなどで前の所有者と直接やり取りする場合は、

  • 脱獄したことはないか
  • 赤ロムのリスクはないか(端末料金は支払済みか)

など、事前に確認しておくといいでしょう。

iPhoneを格安で購入したい場合は「にこスマ」!

「中古のiPhoneをフリマアプリで買うのは心配・・・」という方はぜひにこスマをご検討ください!伊藤忠100%子会社の安心運営で、国内最高水準のロジスティックセンターにて全品検査・データ消去・清掃を経て丁寧に梱包しお客様にお届けします。

もちろん電話・チャット・メールでのサポート体制も充実で安心してお買い物いただけます。
にこスマでの取り扱い一覧をご覧ください!

▼にこスマの公式TOPを見る

にこスマで中古スマホをさがす

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
Pixel 3シリーズ

タイトルとURLをコピーしました