iPhone Xが充電できない時の原因と対処方法を徹底解説!

iPhone
iPhone

ワイヤレス充電や高速充電など、さまざまな方法で充電できるiPhone X。しかし発売から2年ほど経過して、バッテリーに関するトラブルが多くなっているようです。毎日使うiPhoneが充電できないと困りますよね。

そこで今回は、iPhone Xの充電ができず困っている方向けに、原因と対処法を徹底的に解説します。充電できない理由を突き止めて、快適にiPhone Xを使い続けましょう。

1.  iPhone Xが充電できない理由①:充電機器の問題

lightningケーブルを接続しようとしているiPhone

充電がうまくできないときは、本体に付属している充電機器や接続先の端末に不具合が起きている可能性があります。たとえば、ライトニングケーブルやワイヤレス充電器などです。

充電機器に問題があるか見わけるための一番簡単な方法は、別の端末を差し込んでみること。家族や友達のiPhoneやiPadを借りて、問題なく使えるか見てみましょう。

そして、付属品を複数もっているときは、組み合わせを変えると原因を特定しやすくなります。

たとえばライトニングケーブルを2本もっていたら、両方で充電を試してみてください。どちらか一方で充電できなければ、ライトニングケーブルが故障元だとわかります。

ではどんな機器が原因になるのか、起こりうる可能性を一つずつ見ていきましょう。

1-1. 電源アダプタ

電源アダプタはiPhoneに同梱されているキューブ型の付属品です。電源アダプタ自体が不具合を起こす可能性は低いですが、念のためコンセントにきちんとアダプタが差し込まれているかチェックしましょう。

1-2.ライトニングケーブル

付属品の中でも、ライトニングケーブルは摩耗しやすいです。確認したい点は主に2つあります。

・断線していないか
・安価なものを使っていないか

長年使っているケーブルの断線を経験した人は多いのではないでしょうか。万が一断線していれば、高い確率で充電できない原因になっています。

また、安価なライトニングケーブルも充電トラブルの元になります。これは電圧がiPhone本体に適しておらず、バグが生じてしまうからです。

このような場合は、Appleストアや家電量販店で正規品を購入することをおすすめします。

1-3.ワイヤレス充電器

ワイヤレス充電器もiPhone Xが充電できない原因になり得ます。チェックしておきたい項目は3つ。

・場所がずれていないか
・パッドに不具合はないか
・iPhoneカバーを外したら充電できるか

ワイヤレス充電のパッドは意外と反応する範囲が小さいので、iPhoneが正しい場所に置かれているか確認しましょう。

長い間利用していると反応が悪くなることもあるため、こまかな調整が必要なときは買い替えたほうがいいかもしれません。

1-4.接続端末の不具合

充電機器が接続しているPCやモバイルバッテリーに不具合があるケースです。本体は問題なくとも、USBポートが故障していることも考えられます。

電源アダプタに切り替えて通常どおり充電できれば、これらの端末が原因の可能性が高いです。

特にモバイルバッテリーの劣化は外見からわかりにくいことが多いので、何回か接続して入念にチェックしましょう。

2.  iPhone Xが充電できない理由②:iPhone本体の問題

iPhoneXの背面画像

充電機器に問題がなければ、iPhone X本体に原因がある可能性が高いです。まずは再起動を試してみるといいでしょう。それでも充電できない場合は、個別の対応が必要です。症状別に見ていきましょう。

2-1. 差込口(ドットコネクタ)の問題

ライトニングケーブルを差し込んだときに違和感があるなら、差込口の不具合かもしれません。

・端子が奥まで届かない
・グラグラ動く感じがする
・差し込んでも充電が始まらない

こういた場合は、差込口内に異物が入っていないかチェックしましょう。仮にゴミが入っていたら、先が細いものを使って優しく取り出します。

その際に注意したいのは、ピンセットなどの金属品を使わないこと。差込口内を傷つけてしまう恐れがあるため、つまようじなどを利用するのがおすすめです。

2-2.iPhone Xがフリーズしている

大量のデータ処理を行ったあとは、本体がフリーズして充電できない場合があります。フリーズしているかどうかを確認するには、側面の電源ボタンを押して反応を見ましょう。

ボタンを押しても反応がなければ、フリーズしているサインです。強制再起動すると元に戻ります。

2-3.稲妻マークが表示されるのに充電できない

画面に稲妻マークが表示されるのに充電がたまらないときは、以下のことが考えられます。

・バッテリーの劣化
・本体に負荷をかけすぎた

稲妻マークが出ていて、かつ本体が熱を持っているときは、負荷をかけすぎたということ。

重たいアプリを閉じて、少し時間を置くと使えるようになることが多いです。もしそれでもダメな場合は、バッテリーの劣化を疑いましょう。

2-4.バッテリーが0%になるまで使った直後の充電

バッテリーが0%になるまで使うと、充電開始まで時間がかかります。消費しきった直後に充電するときは、30分程度待ちましょう。

時間を置いても元に戻らなければ、バッテリーが経年劣化している可能性が高いので、交換をおすすめします。

2-5.充電できているのに100%にならない

充電しているのに100%にならないときは、バッテリーもしくは設定に原因があります。

一つ目は設定がそうなっている場合。「最適化されたバッテリー」をオンにしていると、過充電を防ぐためMAXまでバッテリーがたまらないのです。

「設定→バッテリー→バッテリー充電の最適化」を見て、設定がオンになっているか確認してみましょう。

設定がオフの場合は、バッテリーの経年劣化の可能性が高いです。

3.充電機器に問題がある場合の対処法

Lightningケーブル

ライトニングケーブルなどの充電機器に不具合があるときは、新しいものに買い替えましょう。最初に同梱されていた電源アダプタ、ライトニングケーブルはApple公式サイトで純正品を購入できます。

もしくは、家電量販店で質のいい機器を買うことも可能です。ただ、あまりに安価なものだと、iPhone X本体との相性がよくない可能性があります。

4.iPhone X本体に問題がある場合の対処法

iPhoneの起動画面

バッテリーの劣化など、自分で解決できない本体の不具合があるときは、Apple Storeなどの修理店に出しましょう。

iPhone Xを購入したときにApple Care Plusという保証に加入していれば、バッテリーの交換料金は無料になります。(保証に入っていないと7,400円)

もし加入していない場合は、一般の修理店に頼めば、お手頃な価格で修理できます。ただ、純正品を使わないと今後Appleのサポートを受けられないので注意してください。

まとめ:iPhone Xが充電できない原因は思わぬところにあるかも

iPhone Xが充電できないときの原因と対処法を解説しました。iPhone Xは複数の充電方法に対応しており、周辺機器もさまざまです。

まずは、端末を変えて充電機器に問題がないかチェックしてみましょう。もし他の端末も充電できなければ、iPhone X本体の症状から、原因を探してみてください。

発売から約2年の時間がたち、付属品や本体にも経年劣化が見られるようになりました。自分で直せそうにないときは、Appleや一般の修理店に相談するといいでしょう。

そして、iPhone本体を含め、周辺機器は毎日使うものです。日頃から優しく扱って、ストレスないiPhone Xの利用を楽しんでくださいね。

買い替えを検討するなら「にこスマ」!

「本体に問題がありそうだけど、iPhone Xは気に入っているから次もiPhone Xを買いたい!」という方にはにこスマをご紹介します。

にこスマでは、今回ご紹介した歴代のiPhoneの中で、iPhone 7〜iPhone XSを中心に、格安でご用意しています。

ご不明点がありましたら、チャット・メール・電話にてお問合せください。もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品させていただいております。ぜひ、この機会ににこスマでiPhone端末をチェックしてみてくださいね。

▼にこスマの公式TOPを見る

▼にこスマの取り扱い機種一覧
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
Pixel 3シリーズ

タイトルとURLをコピーしました